2010/9/27

不整脈・ジジ  

10歳で我が家の家族になった時から心臓に病気のあったジジ。
左心室が肥大しており血液の逆流がある弁膜症、雑音もクラス5まで上がり最悪の
事態がいつ起こっても不思議はないところまで来ています。
昨日の朝の散歩中、何の前触れもなく突然足から崩れ落ち倒れてしまいました。
起きあがらせたものの立てず、抱きあげて(普段は絶対に抱かせない)自宅へ戻り
娘の名前を連呼。時間をかけず落ち着きましたが初めての事でびっくりしました。
病院に連絡し診察を受けた結果では不整脈を起こし全身に血液が回らなくなり倒れ
たようです。
体温が下がり末端の血圧も低下しておりエコー検査で心臓の動きをチェック。
明らかに左心室の肥大が見えてとれましたが、体重8キロ弱の小さな犬の体の中で
確実に鼓動を打つ心臓の様子にジジへの愛おしさが増してきましたね。

今回は快復も早く食欲もあるのでひと安心ですが、これから頻繁になるのかどうか。
尤も最悪な事は肺水腫を起こすこと、呼吸が出来なくなるのですぐに治療を始めな
ければ死に至ります。しかも苦しんでの最後になるので・・・
ニトログリセリンを2錠処方されました。1錠で30分、2錠だから1時間。
その間に治療出来ればいいのですが、常にジジと一緒にいる訳ではないので留守中
そんな事が起こったら・・・想像したくないですね。
人間だと不整脈が続けば検査してペースメーカーを入れたりします(母の場合も)
でも犬ですから・・・酷暑は無事に過ごせましたが気温の変化の激しいこの頃。
高齢犬や持病のある犬には厳しい日々なのかも知れない。

庭の彼岸花が雨粒を受けながら咲き始めました。
10年前の今日は始めて飼った猫のチョビが10歳で虹の橋を渡った日です。
前日に満開の彼岸花が咲く巾着田に写真を撮りに行きました。
その夜発作を起こし下血もあり、翌日は亡くなる夕方まで体の置き場もなく鳴き
続けるチョビの傍で名前を呼びながら撫でてやる事しか出来なくて・・・
病院へ行き入院ともなったら最後が看取れない可能性がありました。
でも夕刻になり「ありがとう」か「さようなら」か解りませんが、ひと声大きく伸びを
するように鳴いて倒れこみました。私の膝の上に。
彼岸花の季節が来ると病気ばかりしてたチョビの思い出が鮮明に蘇るのです。
    
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/9/26

馬房の匂い&トゥインクル  

昨日のラフィアン鉾田ツアーにお仲間からお誘いを受け、内心躊躇しつつも参加し
てきました。見知った会員さんや事務所のFさんなどとお話させて頂き、台風の過
ぎ去った青空の元で一日を楽しむ事が出来ました。
KEIさん始め皆さんありがとうございました。
しかし一番は大好きな馬房の匂いと体温が伝わる一体化したような手触りかな・・・
牝馬厩舎にはトゥインクル、隣に元出資馬エムロードの娘ロードナイト。
牧場と違いピカピカのトゥインクル、相変わらず美人だし馬房での優しい眼差しが何
とも言えません。
彼女の前でルーシッドお仲間だったIさんご夫妻と会い話に花が咲きました。
斜め前には先週の中山新馬戦(牝馬)で最後方から全て抜き去って勝利したコスモ
バタフライが。Iさんはイディールをお持ちなのでレースの模様も話題に。
ロードナイトの隣には3戦で引退となった2歳馬ビレイが・・・
牡馬の厩舎にはウインザー、カイロス、ダウザーが並んでた。これが現実なんですが
複雑な思いでちょっと辛いですね。
ウインザー、ダウザーは南関に行くようですが、それぞれ頑張ってもらいたいもの。

坂路調教の3番目にロードナイトとトゥインクル。
スタッフが足りないんでしょう。調教から戻るとすぐにウォーキングマシーン入り。
次の準備に取り掛かるという慌ただしさでした。
トゥインクルの事を少しだけ聞きましたが入厩予定や次走は?だいぶ調子は上がって
るとの事ですが西園厩舎へ入る順番待ちかな?残り少ない現役生活でもうひと花咲か
せてくれますように応援しています。

募集馬の比較展示では繁幸さんのアクション付き解説に会員さん大移動、相変わらず
の人気ぶりですが、人を引き付ける魅力ある話に衰えはないようです。

八重洲地下街で夕食して帰りましたが、どんどん変化しててさっぱり解りません。
我が家から一番近いバス停で乗降できる東京駅八重洲口までの高速バスが先日開通
しました。試しにと思い9時過ぎのバスを利用、乗客5人でしたが土曜のためかスム
ーズで京葉道路の貝塚インターまでの速いこと。1時間で我が家の玄関に到着。
平日との道路事情に違いはありますが、夜の帰宅時は便利かも知れない。

          (調教から戻るトゥインクル)           
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
           (2歳馬ロードナイト)
    クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/9/18

運動会・暑かった!  

朝からピリピリするような日差し、そんな中で小学校の運動会が行われました。
私はテントの下で見たのですが校庭の照り返しが凄かった・・・時おり吹いてくる
風は心地良かったのですが。
広い校庭に少ない生徒です。徒競争は学年毎でも、他の競技は2学年づつやったり
5、6年生はスタッフも兼ねるの出ずっぱりで頑張りました。
我が家の3年生は白組に一番足の速い男子がいて今年のリレーは補欠、その変わり
80m徒競争では1着で嬉しかったようです。
昨年と比べても走り方がしっかりして、普段見てる子供の顔とは別の一面を垣間見せ
てくれます。
こんなに暑くても子供たちは元気ですね。救護スペースも設けられてましたが無事に
元気に暑い運動会を終えました。

ラフィアンを退会して10ヶ月近くになりますが、未勝利戦で惜しいレースを続けて
いたウインザー(元出資馬)が1着にはなれませんでした。
ハナ差負けもあったり、前走はもう一歩の2着・・・厳しい暑さの中で余力は残って
いなかったようです。不振の3歳勢とは対照的に2歳は昔のラフィアンを彷彿とさせ
るような活躍をしています。
既に一応援者でしかありませんが頑張って欲しいものです。
何ヶ月かの迷いの末に心からの決着をつけて退会を決めましたが、中には他人の退会
理由が妙に気になる方もいて正直「なんで?」
大好きな馬とも巡り会えて楽しいクラブライフを満喫したので満足でしたね。
様々な事を天秤にかけた時どちらを取るか・・・それは個々の問題ですから。

一生懸命に頑張る生徒たちの様子とウインザーのやるせない結果が重なって、昨年の
12月がふと思い出されてきました。

           (まずは応援合戦で開幕)    
    クリックすると元のサイズで表示します
       (保護者も綱引きではかなり力が入ったみたい)
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/9/5

壮大な叙事詩  

ル テアトル銀座での「イリアス」・・・堪能してきました。
ギリシア最古の英雄叙事詩と言われても原点が解らず見てきましたが、壮大な
古代劇に引き込まれた3時間になりました。
ギリシア軍英雄アキレウスの物語ですが出演者は13人だけ。物語の内容が朗読
劇のように流れ、心地よい緊張感が見ているこちら側にも伝わりました。
内野聖陽ってあんなに顔が小さかった?と思うくらい肉体も古代劇にふさわしく
造ってくる・・・やはりプロですね。
トロイア王の娘を演じた新妻聖子は可憐さと強さが同居してて素敵でした。
しかし圧巻は息子のヘクトルが殺され狂気を漂わす平幹次郎の凄さ。70代後半
とはどうしても思えない迫力にはただただ圧倒されるばかりでした。
舞台が引き締まるんでしょうね。

狭い劇場ですから一歩扉の外へ出るとゆったり出来る空間はありません。
しかし舞台が始まると微動だに出来ない雰囲気になってたみたいでした。
こういった舞台を見る機会は限られてしまうのですが、生協のチケット案内を
丹念に見てまた行ってみたいなぁ〜
今回の席は7列目の3番、少し端になりましたがほとばしる汗を表情を間近に
見られて良かったですね。
生協で申し込むと割引があったり席も良かったり、ただ人気のある公演だと抽選
というのが難とも言えますが・・・割り当て分に限りがあるので仕方ないです。
10月前半には2つのコンサートも入ってるのでした。

0

2010/9/3

夕顔  

毎晩いくつもの花を咲かせている夕顔ですが、暑さのためか開花時間が遅くて
夕食後にわざわざ外に出るのも面倒で結局見てるのは蕾だけ。。
昨夜、今年初めて暗闇にほの白く咲く夕顔を見ました。もう少し涼しいかなと
思った外気はさほどでもなく蚊が来そうで戻りましたが・・・
昼間は猛暑に近い暑さですが朝晩は涼風が感じられ、夕顔の花も更にきれいに
咲いてくれそうです。
夕顔と言えば源氏との逢瀬で六条御息所と思われる霊により息を引き取る。
儚いイメージが花にもありますが、そんなイメージは暗い夜にひときわ白さを
増すからでしょうか。
とても丈夫な花なんですけどね。

日曜日には京橋まで久しぶりの舞台を見に行きます。生協で申し込んだチケッ
トで内野聖陽主演「イリアス」
猛暑日の東京行きですが暑さを忘れるほどの素晴らしい舞台になってくれるの
を期待して・・・

    クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ