2010/4/29

オグリキャップ記念2着  

昨秋兵庫へ行ったマニセス、今ひとつ勝ちきれずヤキモキしてましたが4/15
待望の初勝利をあげました。
そして今日の笠松9Rオグリキャップ記念に出走して1馬身差の2着。
しかも2,500とマニセスには長いと思われた距離で必死に追い上げての2着です。
精神的に脆い面のあった彼ですが、充実してきたのか走る気満々だったみたい。
レース映像を見ながら頑張ったマニセスに拍手拍手でした。
土曜日にはトゥインクルが復帰戦を迎えますが、53キロとは言え混合戦なのと
初の東京、長期休養明けですから厳しいレースになりそうです。
アカツキ、フルーレ、ピアチェ、ハヤトは京都で出走が決まりました。
手元から離れてかなりの時間が経ちましたが遠くからそっと応援しています。
崖っぷちに近い馬もいますので良きレースになりますように。

昨日の午後から喉が痛みだるくて少し風邪気味みたいです。ちょっと油断したの
かも?病院も大型連休なので明日には掛り付け医院に行って来よう。

       (強い雨と南風で2本頭から折れてしまいました)    
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/4/24

愛犬を亡くされて  

今月初めに愛犬を亡くされた方に花を届けた事は書きましたが・・・
先日夕方の散歩帰りに少し遠回りしたら、歩いてらした飼い主さんと出会いジジを
足元に置いたまま話しこんでしまいました。
3日前から外へ散歩に出られるようになったとのこと、病状が悪化してからは片時
も目が離せなくなり気を張り詰めていたそうですから。
自分の気持ちの中では想定内のことでも、いざ亡くなってみたらほっかりと穴が
開いてしまい家の中に落ちてる毛の1本にも心が揺れ動いてたとか・・・
犬との10年あまりの生活は子供が1人増えたのと同じですから、その辺りの淋し
さは私にも痛いほど理解できます。
その方の話を聞き大事なパートナーを亡くした悲しみだけではない、朝夕の散歩
がなくなると同時に会話も少なくなるんだなぁ〜と。
若い家族の多い新しい街ですから、犬を介して知りあう人が何人もできた私にとっ
ては心の介助犬としての役目をジジが果たしてくれている気がします。
特に毎朝の散歩は季節ごとの風の移ろいみたいなものが肌で感じられて・・・健康
に過ごせる一因かも知れません。 
             (すっかり葉桜)  
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/4/6

泉自然公園の桜  

桜ばかりですが・・・今日は11時から狂犬病予防接種があり、時間的に厳しいか
ったのですが泉は既に満開。好天も続かないので思い切って行ってきました。
本数の少ないコミュニティバス利用なので1時間ほどしかいられないんですが・・・
案の定桜は満開でたぶん今日がピークでしょう。
雨上がりの公園は苔がとてもきれいで芽生え始めた新緑と桜が見事でした。
本数が多くはないんですが環境が良いためか大きな木が多く、溢れんばかりに咲く
ので見応えがあります。

駐車場料金400円だったかな?リードを付ければ犬もOK。
但し犬を放さないようにという大きな看板が出来てましたね。
私は三脚も持たずスナップ程度に楽しんでますが、素人カメラマン同士で争ってる
のに出会うとうーん、新宿御苑でも近くでキレまくってる人が。
子供から年寄りまで年齢には関係ないみたいで・・・気をつけよう。。。
今日は短い時間でしたがそんな事にも出あわず好きな桜を堪能できて幸せでした。

11時半ごろ帰宅、注射は50分まで、寝ているジジを起こして会場へ。
暑さが苦手な爺さま犬なので疲れたんじゃないかしら。
来年の注射は(持病もあるし)病院で相談して決めようと思います。副作用だって
ない訳ではありませんから。       
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
     
    クリックすると元のサイズで表示します    
       (カタクリは終わり二輪草が咲き始めました)
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/4/1

ジジ・birthday  

平成8年4/1産まれのジジ、14歳の誕生日を無事に迎えました。
私が西暦でメモったり勘違いしたりでしたが、狂犬病予防接種のハガキで再度
確認、今日で14歳になったという事です。
そごうに行くと冷凍の犬用ケーキもあるそうですが、食欲旺盛なのに体重管理が
必要なジジに今日は自家製のササミのおやつを作ってあげました。
と言っても少し薄く切り電子レンジで柔らか煎餅にするだけなんです。。

ミクシイのコミュに「犬は家族ですけどなにか?」があり、愛犬の死についての
トピがたてられ私はもっぱら読んでるだけですが・・・
みなさん感情的にならず落ち着いて書いてるので、逆に気持ちが伝わってきてウ
ルウルしてしまいます。
私は子供の時から小鳥も長く飼育してたし、猫が来てからも20年近くなるので
色々な死に出会ってますが10歳で天国に行ったチョビ(猫)の時が印象的です。
最終的に発作を起こしてからたった1日、何度も経験してたので病院には連れて
行かず苦しそうにもがくチョビに声を掛け体をさすり続け、陽が落ちる頃ひと声
鳴いて私の腕の中で息絶えました。
病気の宝庫のような仔だったので病院で会えずに別れる事だけは嫌でした。
糖尿病が進みつつある婆さま猫、ジジも高齢犬で心臓病は薬で抑えています。
どういう別れが来るか予測は付きませんが、その日まで楽しく過ごせればいいな
と願っています。

2匹の猫がいるので犬を飼うなんて絶対にないと思ってたのに、何かの縁があっ
て我が家に来てくれたジジ(しかも夫の7回忌の年に)
ジジのお陰で朝夕の散歩は欠かさないし、犬友との時間も平凡な日々での楽しい
時間ですから更に感謝です。ありがとうネ
      (あと1週間くらいで満開の桜とジジの写真が撮れそう)    
    クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ