2010/2/17

三陸より寒い  

昨夜は都賀駅に着いたら雨が・・・荷物もあったしタクシーで帰宅。
今日は朝から薄暗くて凄く寒く、明日の朝まで雪予報ですがどうなんだろう?
比較的に暖かかった三陸の旅でしたが今日の東北はかなり寒そうです。
普通の旅行では行かない釜石で昼食、陸前高田なんてまず泊らないでしょうね。
何処に行っても変わらない景色だったりですが良い経験をさせてもらいました。
しかし冬の旅はゆったり出来ていいんですが景色がどうしてもモノクロ模様。
それもまた水墨画に近いものがあって情緒深いとも言えます。
金華山の山肌は木が根こそぎ剥き出しになってましたが、地震、鹿の被害、或いは
単なる地形の問題なのか?今にも海へと崩れ落ちそうでかろうじて持ちこたえてる
感じでした。

帰宅したらラフィアンから2通の封書が、1通は予想のつくものだったけどもう1
通は3歳馬の源泉徴収額の間違い、元出資馬のセラーノスとピアチェも対象馬。
マイページには入れないので徴収額に間違いがあったなんて知りませんでした。
私は11月分で退会したので2頭の10月分については返金されるはず・・・
なんでしょうね。ラフィアンの収支は別口座を作っていて解約はしてません。
そこに入金されるのかしら?
金額は僅かですが・・・そのうち徴収不足なんて事になりませんように。

     (浄土ヶ浜の遊覧船。船内で売るパンめがけてカモメが)            クリックすると元のサイズで表示します
          (奥浄土ヶ浜へ少し散策)
    クリックすると元のサイズで表示します
       (釜石にはこんなポスターが。サポーターの勧誘)
    クリックすると元のサイズで表示します
       (陸前高田ホテル前の朝。雲が少し邪魔でした)
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/15

浄土が浜から〜  

昨日は八戸から久慈、三陸鉄道リアス線、浄土が浜バークホテル泊。
海の見えるひろーい和室で部屋食。
今日の雪や雨の予報も「晴れ女」?の威力で何とか無事に。
ちなみに明日の仙台は晴れ予報です。
今は陸前高田のキャピタルホテル1000、元オーナーは後の数字の歌手。
ツインだけど応接セットに地デジ。ひろーい。
夕食は洋食(田舎風?)フルコース。まあ美味しかった…

青森まで新幹線が延びるのに合わせた岩手県の観光キャンペーンも
兼ねてるようでアンケートは出すみたいですが。
往復グリーンで昼食もツアー旅行とは思えない、参加人数も抑えてるし。
かなりお得感のある設定です。やはりご夫婦での参加が多くいいなぁ〜
0

2010/2/13

冬の三陸  

明日から3日間、冬の三陸海岸の旅行に行くのに・・・木曜日に鼻と喉の奥がヒリ
ヒリして凄く痛い、この冬初の風邪に見舞われたみたいです。
元々副鼻腔炎の持病がある上にだるさと腰の痛さもあって、昨日耳鼻科に行ってき
ました。
旅行がなければ行かないんだけれど。
ここの耳鼻科は患者が多くて待ち時間が半端じゃなかった。去年からネットでの
予約が出来るようになり非常に助かります。小児科など取り入れてる医院も多く
なってますが・・・
耳鼻科の先生はどんなに混雑してても冷静で、短時間なのに患者の話を的確に聞い
てくれるんです。だから混むんでしょうね。

旅行前になると体調を崩す事があって子供みたい・・・最悪だったのは冬の北海道
に行った時、2日前にたぶんノロウィルスだったと思う、夜中にトイレから離れら
れなくなるほどでした。吐き気止めも吐くので注射と座薬で何とか治めましたが。
食欲はほとんど無かったけど熱もないので旅行を敢行。
後からお医者さんは呆れてましたけど・・・桜の京都へ行った時も実は肝炎・・・
あんなにだるかった事ってあの日が初めてでした。
今回も発熱はないし、薬は処方してもらってるので、しかも明日は早いホテル到着
なので大丈夫でしょう。
明日は浄土ヶ浜近くに宿泊ですが残念ながら温泉はありません。
0

2010/2/2

初雪  

2年ぶりの雪らしく我が家近辺でも昨夜遅くから雪になり、朝には街全体がうっ
すらと雪化粧しました。
7時過ぎカメラ片手に近所の公園など回ってみました。登校途中の小学生が嬉し
そうに雪を突いたりして遊んでました。少しくらいなら楽しいもんね・・・
わずかに覗いた朝日に雪がキラキラしてます。早咲きの梅やつばきに雪が今にも
落ちそうに乗り、なかなかきれいなものです。
数年前には大雪になり(確か休日)住民総出で雪かきしたものですが、今日の雪
なら北側以外は昼には溶けるかも・・・と思ってたらどんよりと曇ってしまった。
屋根から滑り落ちた雪で鉢植えの山茶花がポキッと折れてしまいました。。。
1度戻ってからジジの散歩へ。柴のハルちゃんが来てて生まれて初めての雪に大
はしゃぎで走り回ってました。ジジは記念写真だけ。

見ている分にはきれいな雪ですが、二人の子供が赤ん坊の時代を京都府の舞鶴と
福井県の敦賀で1年づつ過ごした事があります。
日本海側と言っても舞鶴は冬でも太陽の恵みを受けましたが、敦賀では数日しか
太陽が出ず毎日どんよりとした底冷えのする長い冬でした。
しかも一晩で窓近くまでの大雪となり、あの地方独特の水分たっぷりの雪なので
海岸沿いの松は何本も折れたり、いつまでたっても溶けない雪にうんざりでした。
関東育ちの者には幼子抱えての1年がとても長く感じられました。
その後は長崎でも2年ほど住みましたが、冬は意外としぐれ雪もチラチラするし
寒かった。住んでた地域が古い街のため急斜面を這うように伸びた水道管が凍結
何日も水の出ない生活をも味わいました。
長崎市は深い歴史のあるおしゃれで素敵な街ですが、やはり見ると住むのとでは
落差が大きいことを実感しました。キリシタン辛苦の歴史がある街で、遠藤周作
の連載が毎日新聞に載りより一層深い思いが刻まれた時でもありましたね。
           (赤いつばきに雪はお似合い)   
    クリックすると元のサイズで表示します
           (ひっそりと梅の花が)
    クリックすると元のサイズで表示します
            (子供たちは興味津津)
    クリックすると元のサイズで表示します
               (ちっちゃな雪だるまが・・・)
    クリックすると元のサイズで表示します
           (ジジと雪との記念写真。。)
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ