2009/4/4

千鳥ヶ淵から上野  

毎年の事なんですが今日は帝京大学の入学式とぶつかり、早朝から家
を出たのに九段下は大変な混雑になってました。
桜も「ほぼ満開」まだ蕾もあって後1、2日で素晴らしくなりそう。
入学式は別にして出足の早いこと、お濠沿いの一部に規制があったり
上野に初めてパンダが来たみたいに係り員の声が響いてた・・・
「左側通行して下さい。止まって写真を撮らないで下さい」
そんな訳で遊歩道はパス、尤も最近は疲れるので東御苑まで行きません。
時々日が差すと桜の花が輝いてとてもきれい、外国の人もたくさん歩い
てましたね。
重要建築文化財に指定されてる清水門の桜を見て上野へ移動。
上野公園口の改札はロープが張られ規制してて行列が出来てました。
まだ昼には相当な時間があったのに・・・
上野公園の桜は今がちょうど満開見ごろで、宴会する人たちと歩いて
花見する人でいっぱい。田舎暮らしが板に付いちゃってるので、ダービー
並み?それ以上の人に酔ってしまいそう。
上野独特の花見時の混雑って私は好きで、両側から張り出した桜の花に
埋もれながら人をかき分けるのもいいかな・・・

集客力の落ちた動物園にも行きましたが、さすがに今日はチケットを買う
にも行列が出来て賑わってましたね。
チケツト売り場には「パンダはいません」と日本語その他でチラシが貼って
あった。確かにここは繁殖が第一目的とは言っても他の動物園の見せる
工夫はなかなか進みません。
パンダも中国からの高額レンタル料に都知事が大反対。まず来る事は無い
でしょうね。ゴリラは繁殖させるために立派な施設を造りましたが、今は
千葉市動物公園に戻っている「モモタロウ」だけしか産まれなかった。
オウサマペンギンには子供がいて茶色のフカフカちゃんでした。
ヒナだけ檻にいれて親が外から餌をやってましたが、鳴き声は小鳥みたい
に甲高い声でした。食事タイムに鯵を入れたのに、換毛期に入ったペンギン
は全く食べず狙い撃ちしてたユリカモメやサギがほとんど横取り。
今日はゆっくり出来ませんでしたが動物園ていいな。
     (千鳥ヶ淵の桜。ヘタッぴいな写真しか撮れない。。。)
    クリックすると元のサイズで表示します
       (朝早いのでボートは一隻も出ていません)
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
                (清水門脇の桜)
         クリックすると元のサイズで表示します
         (上野公園の桜はちょうど見ごろ)
    クリックすると元のサイズで表示します
        (竹筒に入ったご馳走を食べるマレーグマ)
    クリックすると元のサイズで表示します
          (麻袋がお気に入り?)
    クリックすると元のサイズで表示します
         (オウサマペンギンの子供ウララちゃん)
    クリックすると元のサイズで表示します
         (ひたすら寝てるだけ・・・)
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/4/1

ジジ13歳の誕生日  

今日は爺さま犬のシーズー、ジジの誕生日です。1995.4.1産まれ。
別にケーキを買ったり(犬用)お祝いをする事はしませんが、いずれに
しても良かったなと一人で喜んだりしています。
一昨年の1月に縁あって我が家に来たシーズーは10歳、大事に飼われ
ていたと思いますが去勢をしてなく、もしかして何処かにジジの子供が
いるんだろうか・・・犬の寿命から考えて後4、5年?それなら私でもパー
トナーになれそう、そんな思いで引き取りました。
小鳥や猫は長年飼い続けていましたが犬はお初。最初は独特の体臭が
気になりましたがすぐに慣れちゃいました。
猫にはノラでも無い限り体臭はほとんどないんです。
片目は光を感じる事が出来なくなり心臓の薬も毎日欠かせませんが、朝
夕の散歩は元気に行けるし食欲は旺盛。
ジジのお陰で夕方の散歩では犬仲間が増えて、この街にも溶け込む事が
出来て嬉しい限りです。後どのくらい一緒にいられるかな?

犬猫あわせて全国で何万頭もの命が処分されています。たった1頭しか
救えませんでしたが自己満足だとしても0よりはいいかな・・・
処分は1頭づつ安楽死させる訳ではありません。
犬は都会ではノラというより飼育放棄が多いんじゃないないかしら。
人気犬種に片寄りがあり近親交配に近い子犬も産まれ、また母親から
早い時期に離す弊害も生まれます。
より可愛い小さい仔の方が売れるという理由もあるのでしょう。
私は勉強不足で犬種の特性など良く解りませんが、個性はそれぞれで
躾をしっかり入れないと飼いきれない犬もたくさん出ます。
公園という小さな範囲でしか見られませんが、最悪の飛びかかる、噛み
つくような犬もいて、そうなると嫌われてしまい気の毒。
最上の飼い主にはなれなくても最良の飼い主として最後まで面倒みて
上げたいものです。
先輩格の猫のチャベ(ラフィアン会員歴と同じ)夫が亡くなる少し前に来た
ナナ、そして夫の7回忌の年に来たジジ、それぞれが何かの節目に訪れて
私の仲間になってくれました。これもきっと素敵なご縁なんでしょう。
    クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ