2008/4/20

夢の一日が終わりました  

一番人気に押された愛馬に勝ち負けは別と思いつつ、もしかしたら
クラシックの制覇があるかも知れない・・・
お仲間のみなさんと残念会をして一人になった電車の中で、松岡
騎手のコメントに思いをはせ、彼が一番悔しいんだろうな、あれが
精一杯の表現だろうなと考えてしまいました。
帰宅してまだビデオは見ていません。
馬場の状態から危惧された逃げ残り、見事にやられてしまいました。
今日は位置取りの差が明暗を分け、必死に前を捕らえようとして内
からタケミカヅチにも・・・またもやワンツーが社台とは。
ふっくらして戻ったはずの馬体が弥生賞より更に減ってギリギリに
映りました。
あくまでも私の個人的な思いですが、パドックで一番最初に呼ばれた
のが松岡騎手でかなり長いこと前社長の話を聞いていました。
内容は全く解りませんが、直立不動で聞く若い騎手にとってはプレ
ッシャーにはならなかったのか写真を撮る手も休めて凄く気になっ
て仕方がありませんでした。
昨日も今日も彼は芝の2000で結果を出し馬場の状態も把握して
いたと思うのですが・・・
チャールズも松岡騎手も精一杯のレースをして3着なんですから
本当は喜ぶべきだと思いながら、何となく消化不良気味で・・・
贅沢な悩みだと叱られそうですが今日一日は悔しさを噛みしめて
おきます。
そしてこの夢の続きはダービーへと繋ぎたい、繋げて欲しい明日か
らは夢を見させてくれた愛馬に感謝しながら6/1を待ちたいな。
長くて短い一日が終わりました。
(後にビッグレッドファームの応援幕が)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(究極の造りをして来たと言われるこの馬が優勝とは・・・)
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ