2007/10/29

犬と私の10の約束  

夏日らしい天気で汗ばむ中、ジジの散歩、朝食、畑の手入れ、そ
して 土曜日に受けた胃のレントゲンの結果を聞きに行きました。
詳しく写真を撮ってくれたようで全く異常なしと説明を受け、大丈夫
とは思ってたけどほっとしました。
いつも自転車を利用してますが今日は南風が吹き暑かった・・・

来年公開される「犬の10戒」という作者不詳の詩を題材にした
映画がありソックスという犬と女の子が主役です。
映画自体に興味はそんなに無いのですが、先日公園で犬仲間から
もらったプリントが犬と私の10の約束でした。

その中で幾つか・・・
〇私と気長に付き合ってください
〇私を信じて下さい。それだけで私は幸せです
〇私にも心があることを忘れないでください
〇言うことを聞かないときは理由があります
〇私が年をとっても仲良くしてください
〇私が死ぬときお願いです。そばにいて下さい。そしてどうか覚えて
 いて下さい。私がずっとあなたを愛していたことを

その他4つありますが犬からのお願いの形で約束して欲しいことが
並べられていて、我が家の家族である猫のチャベ、ナナ、シーズー
のジジとの付き合いに時に自戒をこめて読みました。
今年の1月半ばに来たジジも10ヵ月が過ぎ、11歳という年齢を
忘れるくらい元気に過ごしています。
でも片目はほとんど見えないし心臓が肥大していて毎日の投薬は
欠かせないので、一緒にいられるのは後3年くらいかな?
動物大好きなので犬ももちろん好きですが、私はやはり猫派かなと
思っているんです。
猫に出会った時の気持ちは、相手から拒否されても抱きしめたい
ような独特の感情を抱いてしまい「ふん」なんて顔がまた好きだったり
りするんですよね。
15歳になったチャベは私と娘にしか触らせない人間拒否の猫です
が、肌寒さを感じるようになると私の膝にさかんに乗りたがります。
夏場は知らん振りしてるくせに。
そんな妙なプライドを持つ猫が好きなのかも知れません。
ジジは一晩留守にすると帰宅した時の興奮ぶりがやはり犬なんだと
飼い主に対する独占欲は強いんですね。
それはそれで十分に可愛いものですけど・・・でも猫が・・・好き。
(朝日を浴びながらの散歩)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/9

BRF訪問・・・明和  

何しろ広大な明和で愛馬に会うのは大変で放牧地の何処に
いるか確認しなければならず、かといってスタッフをつかまえる
のも更に大変・・・でも会えると凄い嬉しいです。

ランデブー・・・ゲート試験も受かり追い切りを始めた時に骨折
馬インフルの余波をまともに受けて美浦での手術はかなり遅れ
てしまいまい、先日やっと明和に戻ったばかり。
でも相変わらず人懐こくて元気そうでひと安心しました。
先生の期待も大きかったようで、新馬勝ちした同厩のデジタル
仔と遜色ないと話していたらしい。
もしかしたら割と早くデビューできる可能性もあるとか、冬場の
デビューとなればダートかも知れないですね。
順調な回復を祈るのみです。

サイレンスジェニー06・・・ガイア06、コンキスタドレス06と頭
絡が外れて名前の解らない馬と4頭で繁殖牝馬たちと通路を
挟んで放牧されていました。
まだ薄い馬体で華奢にうつりますが、コンキスタくんと一緒だから
余計に目立つのかも知れません。
それにしてもあんなに人気するとは思いもしなかった。

グレースマリヤ06・・・さほど広くない放牧地に4頭だったかな
一緒にいましたが、どうもマイペースの気性らしくそばに行っても
大した関心を示してくれない。
小柄ですが均整のとれた好きな馬体で是非とも姉のような活躍を
と期待してしまいますが・・・
募集中止になったヴィータが寄ってきて可愛いのですが、歩い
てるだけで呼吸音が常に聞こえてきていました。
本人(馬)は苦しくないのかも知れないけど、痛々しく感じてちょっと
辛くなってしまいました。

5厩には受胎してない繁殖牝馬がいて隣の岩見牧場さんに接した
放牧地に5頭が放牧されていました。
突然の引退で心乱されたルーシッドも、アドマイヤマックスを付
けたものの止まらずここにいます。
福島でワンツーしたシャーナ、シャンゼリゼ、ゴージャス、ひと際
大きい繁殖も2頭、一番ちっちゃなルーはシャーナと気が合うのか
常に並んで草を食んでいました。
あんなに遅い時期では無理だったので、来年こそ良いお婿さんに
恵まれますように・・・がんばれルーちゃん。

二次募集の馬は昼夜放牧に出ていて見てません。
ラヴっ仔のトロピカルレディー06は熱発して厩舎後ろのパドック
にいて、咳や鼻水それも青っ鼻が、体力が落ちてたのか皮膚病も。
そばに来るのですが撫でようと思ったらタテガミがゴワゴワ。
ここを乗り切って立派な競走馬になるんでしょうね。
本当は牝馬を見たかったのですが時間も無くなり残念。

繁殖牝馬はあちこちに分散しており、しかもちょうど子別れの時期
CVFから数頭の当歳が明和に来ていて募集馬がいた放牧地に
放されていました。
お目当てはブリリアン07で、4月に生まれて間もない牡馬に会っ
て以来ですがかなり上の頂上近くにいる・・・
入ってみるとあの坂は急で息を切らしながら探しに行きました。
ブリリアンの仔たちって同じような顔をしていて、特にグリッツァ
の当歳時にそっくりでした。
キンカメのこの仔が来年募集されるかは解りません。
良い馬に成長したら高くなるのかなぁ〜

明和の事務所で二次募集馬のお勧め、社長はミナミノブレーブ
らしい。
前社長は一次募集のエオルスハルフェを放牧地で見て大そう気に
いっていたとか・・・
(グレースマリヤ06)
クリックすると元のサイズで表示します
(ルーシッドとシャーナ)
クリックすると元のサイズで表示します
(サイレンスジェニー06)
クリックすると元のサイズで表示します
(ブリリアン07)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ