2007/9/21

モルゲンへの想い  

何年にも渡る繋靭帯炎との闘い、最後となった今年1月のモ
ルゲンとは思えないパドックの歩様、そして休養と少しづつ
覚悟はして来ましたがその日が来たようです。
普段はとても穏やかで人懐こい馬がレースとなると別馬に変
わってしまい、その掛かる気性が勝ち負けの紙一重でもあり
ました。
募集のカタログでひと目ぼれをし、明和の放牧地で更に確信
して愛馬になったモーニングタイド00はちっちゃな馬でした。
遅生まれのちっちゃな仔が6月のツアーの日に2戦目で勝ち
上がり、その後は勝てないものの順調にレースを重ねました。
マイルが限度と思われたモルゲンが皐月賞へと駒を進めざる
を得なくなり、でも賞金獲得は出来ずベンジャミンでやっと
加算、厳しい日程の中でG1のマイルCへ行きました。
あの時はメンバーが低調と言われましたが、G1で3着は素晴
らしい勲章だと偉かったと思っています。

モルゲンのあの気性からレースより騎手との折り合いが付か
ないと終始喧嘩をしてしまい惨敗することも度々でした。
しかし格別な上がりの脚がある訳でもなく、激しい負けん気の
強い性格だからあれだけ走れたと確信にも似た思いでいます。
更に上を目指すには一歩足りなかったモルゲンでしたが、あの
キリッとした目が大好きで、特にレース中の一点を見つめ続
ける視線の先は彼にとって先頭でゴールする事だったはず。
脚の状態が悪く覇気が無くても坂路へ入ると一変してしまう
走る事が大好きだったモーちゃん・・・
まだ先の事は解りませんが、走る事が封印されたモーはどう
なるんだろう、ゆっくり休んで欲しいと願う気持ちとの狭間で
何だか辛くもなってきます。

ツアーでも何度かモー担当のIくんと、ここに書けないような
突っ込んだ話もずいぶんとしました。
入社と同時に担当したモルゲンをモルモルと呼んで面倒見続
けてくれたIくんは一回りも二回りも成長しました。
37戦7勝、重賞3勝、賞金は2億8700を越えました。
何とか3億円馬にして上げたかったなぁ〜
G2出走もほとんど無かったモーへのせめてもの勲章として。
4月にBRFを訪ねたとき、乗り始めて2日で球節に熱と腫れ
が出たモルゲンを見て覚悟を決めねばと思い、明和で会った
Aさんに万が一の時の余生を良く頼んできました。
「悪いようにはしませんから」と言われたものの、堀井先生は
OP馬2頭の引退(相談中ですが)で果たして心砕いて頂ける
か心配です。
クラブで引き取り先を探すのは大変難しいとの事でした。

今更何かを言っても時間が戻るものではありません。
それを承知で2つだけ書かせてもらうと・・・
明和での放牧中に捻挫で一頓挫あった中、入厩して58キロ
で岡部幸雄引退記念を使った事。ダービー卿まで待ってくれたら。
京成杯を連覇したのにマイルCSに出走させてもらえなかった事。
私にとってはとても心残りで残念でした。
クラブの方針もあるでしょうが、結果を出してきた古馬が元気に
長く競争生活を送って欲しいと願うのは無理なのが現状です。
クラシックに無関係となると出走回数を重ねるだけ?そんな
思いをする時も間々ありますから・・・

大好きでたまらなかったモルゲン、昨日の続きになりますが
夫と私とクラブを繋げていた最後の馬となりました。
一人で出掛けたツアーで選んだモーニングタイド00、この仔
のことを病床で話し、七回忌の今年モルゲンは引退します。
たかが一口、たかが競走馬の一頭ですが、私の人生でこんな
に大事な馬もいませんでした。
「君に会えたことが宝物」今はそんな気持ちです。

先ほどメールで日刊スポーツ紙に中山で乗馬になる予定と書か
れていたと連絡をもらいました。
新聞を買い求めたら、レコルトが馬事公苑、モルゲンが中山
乗馬センターで乗馬になる予定と書いてありました。
残念ながら誘導馬ではありませんが、大変大人しい馬なので
大事にされるのではと思いほっとしました。
そして再会できる可能性もありそうですから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
1



2007/9/22  21:16

投稿者:ガーネット

>チャヴさん
モルゲン引退に対して暖かい書き込みありがとうございます。
あんなにカタログで引き寄せられた馬もいませんでした。
深いキラキラとした眼差しが何とも言えず即断で決めたあの仔が
これほど走って感動をくれたなんて「ありがとう」の言葉以外は
思い浮かびません。

ソロモンと言えばモルゲン、モルゲンと言えばソロモン、この2頭は
いつも緊張感を漂わせて競い合う仲間でした。
一番悔しいのはNHKマイルCが生で見られなかった事、アンブルで
挫ける寸前をモルゲンの頑張りで救ってくれたのですから。
今回も骨折は付けたしだと思っています。
もちろん正しい診断の結果に違いはないはずですが・・・

しばらく前まではモルゲンの引退を聞いたらクラブを続けられない
のでは無いかと想像していました。
これが酷いレースを終えた後だったらまた違っていたと思います。
今はこんな素晴らしい馬と出会えた事を誇りに思い感謝の気持ちで
溢れて充実感さえあります。

あちこちでモルゲンを持っていた会員さんの書き込みを読みましたが
何て幸せな馬だったんだろうと逆に元気付けられて不思議なんです。
今年もギリギリまで悩んだ時もありましたがモルゲンがいたから踏み
留まる事が出来ました。
細々でも良いから続けていきましょう。
お互いに解りあえるお仲間がいるのって凄い支えになりますから・・・

2007/9/22  18:11

投稿者:チャヴ

書き込みが遅くなってすみません。
モルゲンは私も一目惚れした馬です。ルドルフ、モルゲン以外一目惚れした馬はいません。愛馬ソロモンと対のように走ったモルゲン。出資はできませんでしたが私にとってはとても大事なお馬さんでした。

ソロモンの最後のレースが悲惨なものだっただけに、モルゲンに頑張って復帰してほしいと願うと同時に無理はしてほしくないとずっと思ってました。今回の骨折が軽度で本当に良かったです。そして引退後も良い場所に行けたことが何よりも嬉しいです。

昨日車の運転をしていたらモルゲンの思い出が浮かんできました。暗い空のもとかっ跳んできたNHKマイル、ソロモンとのワンツー、勝利の喜びに座り込んでしまったガーネットさん・・・・。涙が止まりませんでした。とても楽しかった思い出です。それがもうないのかと思うと寂しくて寂しくて。

そこで気がついたのは「やはり馬はやめられないな」という事でした。細々とでもなんとか続けていこうと決心しました。
愛馬ソロモンの引退が辛くて「やめようかな」と思い、モルゲンの引退で基本に立ち戻り続行を決める。皮肉な話ですがこれが惚れた弱みってやつなんでしょうか?(^_^;)
でもこの決断をソロモンも喜んでくれるような気がするのです。
ありがとうソロモン、そしてモルゲン。
やはり馬は偉大です。

2007/9/21  23:12

投稿者:ガーネット

>RYUさん
モルゲン引退に暖かい書き込みを頂きありがとうございます。
櫛の歯が抜けて行くように7歳馬も空欄になってしまいますね。
ソロモンとモルゲンの2頭は距離が被ってからは、嫌でも
競い合う形になり何度もソロモン優勝の邪魔をしてしまいました。
お互いに今年引退を迎えて、色々な意味合いでお話が出来そうな
時の経過があります。
競い合う相手のいない寂しさを今になって実感させられて
懐かしさが蘇って来ました。

ベンジャミンSは見てくださったんですね。
私はその直前にA型肝炎で倒れ自宅で安静が続きソロモンの
レースもモルゲンのNHKマイルCも応援に行けませんでした。
ソロモンのダービーには行く事が叶いましたが・・・

冗談で古馬のマイルG1が中山であったら面白いのに、なんて
話も出るくらい中山が好きだったモルゲンでした。
そこに残れるのは周辺の尽力のお陰だと感謝しています。
ソロモン共々環境に恵まれた行き先に恵まれて幸せですね。
それもこれも馬自身の頑張りがあったからこそと思っています。
競馬場でお会いするのを楽しみにしています。

2007/9/21  20:15

投稿者:RYU

モルゲン引退の報に接し、大変驚きまた残念に思います。ご心中お察しします。つい先日、Ruffian HPの近況欄に、00年産もあと1頭になったかと感慨深く見入ったところでしたので、驚きも大きいです。

私のモルゲンへの想いとは、言うまでもなくソロモンとの関連によるものが大きいのですが、好敵手として、仲間としてこだわりを持って見ていただけに、今は、出資馬が引退したような気持ちです。

モルゲンについて、大きく3つ印象に残っていることがあります。
最初に会ったのは、2003年3月中山のベンジャミンステークスで、当時まだ青森にいましたので、関東出張のおり、たまたま中山に寄ったのですが、強い勝ち方と真っ黒な好馬体が強く印象に残りました。表彰式まで見ていたので、今でも鮮明に記憶に残ってます。

あとの二つは、2004年4月ダービー卿CTと京成杯AHでありますが、この時のことは、本当にいろいろな意味で、自分の中では大変意義深い思い出となっており、むしろ秋にまたお会する機会に思い出話として楽しくお話できればと思います。

不思議なもので、モルゲンの思い出は三つとも中山なのですが、乗馬としての行き先も中山とは、これまた深い縁を感じます。
ここなら、第二の馬生も安泰でしょう。競走馬を引退した馬にとって、住み辛い世の中であることは、今更申すまでもありませんが、モルゲンが頑張ったからこそ、このようなすばらしい行き先もあるのではないかと考えています。
中山での再会が楽しみです。すばらしい第二の馬生を祈らずにはおれません。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ