2007/5/29

小椋佳さん  ジュンス

昨夜は薄ら寒くて途中で目が覚めてしまいました。
そろそろ梅雨の走りのような天気になって行きそうです。
昨日は我がガストの事を書きましたが、今日は土曜日に
楽しんだ小椋佳 歌談の会への思いなど書いてみます。
今年の1月で63歳を迎え、今は年間70本ほどのコンサート
やその他の催しなどをこなしているそうです。
2時間15分あまりの時間を彼のポピュラーな曲だけではな
いのに、満員の観衆を引き込ませる内容豊かな話とゆった
りした小椋ワールドの歌に心が安らぎました。
開幕の直前には毎度の注意事項が流されます。
そして「シクラメンのかほり」で幕が上がりました。
歌が終わると「注意事項が放送されましたが、飲食はやは
り駄目なのかな?写真撮影の禁止?禁止しなくたって誰も
僕の写真なんか撮りませんよね。
携帯電話の電源を切る?切る必要はありませんよ。世の中
何が起こるか解りません。ロビーで話さなくてもここで大きな
声で話していいですから・・・」
まずは笑いを誘い「小椋の歌は顔を見ないで聞くものだと
言われてますから。凝視してたら体に悪いし隣の人と会話で
もしながらゆっくりと聞いて下さい」
いわゆるコンサートと違い歌と話が半々かな、バックもピア
ノ、ギター、キーボード、その他ギターに準ずる楽器と4名
でシンプルな舞台でした。
知識は山ほど頭脳に蓄えられているはずですが、それを前
面にはおくび程も出さず、だけど時折ちらっとだけ出して心
憎い頭のよさです。
最後には書き下ろしの短いミュージカル仕立てで終わりまし
たが、バックの歌も素晴らしくてゆったりと土曜の夜を過ごす
事が出来幸せでした。
次は南こうせつのコンサート、その次はクラシックの予定。
日程と会場が合えばなるべく参加したいなと最近は特に思
うようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/5/29  23:34

投稿者:ガーネット

>壇さん
今は投稿する人も少ないみたいですね。
「まっ白な陶磁器をながめては・・・」ですね。
今回の歌談の会でも言ってましたが、銀行に勤めながらの
音楽活動で最初のLPレコード発売までの顚末も語ってました。
レコード会社の重役会議で「眠い音楽だねー」と切り捨て
られたとか、人気が出てからテレビ出演をしない事で相当に
叩かれ続けたとか色々と話が出ました。
淡々とした話の中には彼自身の強い信念が感じられました。
そうそう息子さんが琵琶の作成をされているんですよね。
9月まで歌談の会は続くようですが、水が沁み込むように
歌とお話で満たされていきました。
蛯名さんがいらしてたんですね。
セールストークね・・・展示会も前社長の大ボラが聞けなく
なってちと淋しいものもあるんですよね。

2007/5/29  22:27

投稿者:檀です

ガーネットさんお返事をありがとうございました。覚えていて頂いて嬉しいです。一度ゆっくりお話したいです。
今日エンジョイラフィアンが届きましたが、投稿写真がたくさん出てましたね。私も何度か駄文と下手な写真を載せてもらってます。
さて、小椋佳さん、私が高校時代に大ファンだった歌手です。井上陽水のアルバムに「白い一日」という曲があり、それが最初の出会いでした。彼がまだ当時の第一勧銀に勤めながら活動している時代で、唯一行われたコンサートのビデオも持ってました。
先日偶然テレビで、琵琶ぼ弾き語りをやっているところを見ました。喫茶店で遠くのテレビだったので、よくわかりませんでしたが、ご子息がご病気かなにかで、今琵琶の製作をしている。。といった内容だったと思います。あの歌声は本当に素敵ですね。私も機会があればコンサートに行ってみたいです。
ダービーの日、忙しい中、蛯名(以前うちの会社にシステムエンジニアとして派遣されて来てましたので、そのとき以来のダチなんです)が5階まで来てくれました。今年もいいのが揃ってますよ!と営業トークして行きました。あの笑顔にやられるんだよなあ(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ