2021/2/28

マイネルモルゲン  その他

  現役時代の資料は私なりに作ってあります。
  が、何となく昨日モルゲンの検索をして
  みました。

  夫の同僚が北海道で牧場を営んでいて
  その縁でラフィアンターフマンクラブへ
  入会、1992年でした。

  2000.5.26産まれのモーニングタイド00
  翌年の募集馬となりました。

  父のマウントリヴァーモアは短距離血統
  体も小さく、引いてたのが新人のIさん
  アピールも無く、足を止める会員のいない
  その後のモルゲンでした。

  私は一目で気に入ってしまったのです。
  夫の体調が悪く私1人で参加したツアー
  この年の前期はこの馬だけでした。

  クリックすると元のサイズで表示します  

  騎乗者の意のままにならない馬で。。
  脚を溜められない気質が、レースで期待
  を裏切るなんてこと数知れず💦

  2戦目の新馬戦で勝利、重賞では3着と
  賞金加算が出来ず。
  11月の百日草特別で2勝目。
  後藤騎手を背に勝ちました。
      
    クリックすると元のサイズで表示します

  春のG1、NHKマイルカップへ。
  私はA型肝炎で安静中、残念ながら生応援
  は出来なかったものの、お馬さんのお仲間
  が代理応援して下さいました。
  
  しかも、まさかの3着

  2004年春、東風Sで惨敗、後藤騎手が調教を
  付け、ダービー卿で初重賞勝ち。

   これは2005年秋の京成杯優勝。鞍上は善臣さん
  クリックすると元のサイズで表示します  
  
  中山のマイル限定という馬で、古馬のマイル
  G1があったら・・・なんて夢物語も
  3つの中山重賞を勝ち、引退後は誘導馬に。

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  誘導馬の期間は短くて、引退後は北海道岩内
  のホーストラストへ行く事が出来ました。
  引退馬の末路は厳しいものなのに。

  今年の5月で21歳、広大な放牧地で自由
  気ままな余生を送る幸せなモーちゃん。

  生産牧場の松浦さんも会いに来てくれました。
  
     ちょっと曲がった流星が特徴、すぐに分かります    
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

  何度も言いますが、ホントに恵まれた幸せな
  モルゲン。
  ホーストラストさん、ありがとうございます。
  長生きしてね。
  モーちゃん
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ