2021/1/20

読書をしなくなって。。  その他

  すっかり読書をしなくなってしまいました。
  昔購入した文庫本などは字が小さくて、目が
  疲れて読めないんです

  中学生の頃・・・シートンの動物記
   戸川幸男の日本古来のマタギについてなど
   有名な「光安犬物語」
   「次郎物語」下村故人

  動物に関する本が好きでした。

  20代・・・藤沢から東京まで通勤(その頃は
   東海道線で時間が掛かってました)
  山本周五郎が好きで1時間あまりの通勤は
  読書の時間になってました。
  その頃は本は買うものでしたし、かなり集めて
  いたのではないかしら。

  子供達が幼い時、長崎に2年弱住んだことが
  あります。
  生活するにはとても不便な街ですが、原爆は
  もちろん、キリシタンの名残を示す遺跡や
  小さな村にも見え隠れする教会があったり。

  朝日新聞に遠藤周作が長文の小説を月1
  だったかな、連載していました。
  ポルトガルからフェレイラが布教に来た時は
  キリシタン弾圧のさなか。

  棄教して日本人となる、過程と心の葛藤を描いた
  ものでした。
 
  沈黙は既に出版されていました。
  かなり長いこと連載され、切り取って保存して
  いたのですが、劣化が激しく少し前に処分して
  しまいました。

  その頃の長崎市には公民館での講習が無料で
  受けられ、子供を夫に預けて受けてました。
  
  館長さんが勧めてくれた本を借りて読んだり
  何せ戸建て住宅に住んだので友達もいなくて
  本が楽しみだったのです。

  新聞投稿もしてたのですが・・・懐かしい
  記憶の彼方へ・・・ですね💦

  今では新聞を読む程度で、天童荒太の「悼む人」
  はいつ読んだのかなぁ〜

  本を読まなくなって、語彙力の衰え、元々無い
  んですが、更に更に衰えますね😢        
    今日の日記との脈絡は無し。行きたいな
  クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ