2008/11/24

牧場訪問ー1  ジュンス

木曜日は大寒波だったとの事、雪と雨で国道がアイスバーン状態に
なったらしい、土日と天気は良かったのですが毎夜降る雪で放牧地
は真白でした。割と暖かく真歌の朝だけは靴に滑り止めを付け、後
はナイロンパンツで歩き回ったけど楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
真歌には1歳が2頭、ブランドノーブル07とパルティータ07。
人手が足りないようで(明和から1人移動してくる)馴致が残る現在は
3日に1度程度しか乗れないと言ってましたね。
そんな訳で2頭ともウォーキングマシーンからパドック放牧なので
今はまだ未知数、来年には頑張ってもらわないと困るけど。
但しツアーの時から凄く大きくなっていて後は中身の問題か。
真歌への坂道で馬運車が登れなくなったと連絡が入りスタッフが
応援に、やがて立派な馬運車が到着して乗ってたのはグラナーテ
狭い所から解放されて跳ねるように馬房へと歩いていきました。

ボードに浦和から移動してくる馬にグリッツァ、ガンツ、ロワイヤル
あと誰かいたかな、午後までは待てないので浦和へ会いに。
ところが既に馬運車にガンツとグリッツァが乗り込み出発寸前。
真歌へまた引き返して会ってきたのですが、グリッツァってこんな馬
だったかな・・・元々ぐにゃっとした馬の筋肉が落ちて印象が違う。
素人目での判断は危険ですが時間がかかりそうなのと、担当スタッ
フが退社した後なので不安が募りました。
「オーパーだって走ってるんだから大丈夫だよ」と言われたものの・・・

休憩時間終了後に明和事務所で、チャールズの事など聞きついで
に「2歳は?」の問いに「こんな調子でしょう」
レーヌに関しては来春でも戻せるので今は鉾田で調整する。
チャールズは悪化さえしなければ1年かからず復帰できる、中に
は炎症が酷くなる馬もいるし、逆にシーガルのようにびっくりする
ほど良化する馬もいるとの事で後者であって欲しいものです。
ツアーと同じくトラックコース内にある放牧地に馬服を着てましたが
中に入り傍まで行き「よく頑張ったね、お疲れさま」と声を掛けても
完全に無視してひたすら草を食べるのに夢中。
ここまで夢を乗せて走り続け結果も出してきた馬なので、一喜一憂せ
ずじっくりと待ちたいなと思っています。
(雪の中に)
クリックすると元のサイズで表示します
(馬服を付けたチャールズ)
クリックすると元のサイズで表示します
(軽目の調教を終えた入厩近いランデブー)
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/11/24  16:35

投稿者:ガーネット

>昇り竜さん
馴致が終われば何とかなるかな・・・と
思いたいですが。
スタッフは馬に乗るだけではなく他に仕事も
あるから大変ですよね。
馬は可愛くて見てるだけで癒されますが・・・

2008/11/24  16:30

投稿者:昇り竜

やっぱり、どころか
3日に1日ですか。
2歳不振の原因か・・・。
それにしても3日に1日
あ〜、それはないですよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ