2008/11/8

見えにくい・ジジの目  ジュンス

12歳と半年になるシーズーのジジはここに来て目の症状が進んだ
みたいで心配です。昨年の1月に来た時から左目は少し濁っていま
したが、秋深くなった頃から大好きなティナちゃんのママをすぐに
見つけられないんです(美味しいおやつがもらえます)
夏場は公園の端から一目散に走っていったのに、昨日も探していた
ものの他の人との見分けがつかなくて戸惑っていました。
シーズーの場合は目が悪くなる仔が多く、ジジもこれからどの程度
進んでいくのか覚悟してみて行かないとダメみたい・・・
心臓の薬も毎日飲んでますが時に咳き込む回数も増えています。
昨年の1月、突然連れて来られた爺さま犬はその時10歳じっと見つ
められ即座に家族にしたと同時に、私が健康で飼い続けられるか
でもきっと4、5年だろうから大丈夫だろう。
処分寸前の命を前にしてもこの犬に対する責任に置き換えて心で
計算せざるを得ませんでした。
我が家に来て2年弱、普段はとても元気にしてますが残念ながら
老いの症状は着実に進んできてしまいました。
今年の冬は寒さ除けに服が必要になるかも知れません。

猫好きな私に友達が「猫三昧」というDVDを送ってくれました。
血統書が付いたような一群もいましたが、ノラ出身でも今では幸せに
暮らしているネコちゃんたちにほんわかと心が暖かくなっています。
近所の人の「優しいお兄さんに拾われて良かったね」こういう言葉に
は私も大きく頷いて良かったねと思います。
江ノ島に野良ネコの写真を撮りにきた写真家の話では、看板を立て
るほどにネコを捨てて行く人が多く住民は迷惑しているとのこと。
その方も「飼った以上は絶対に捨ててはいけないし、産まれた子猫
を捨てるなんてもってのほか。だからと言ってノラを全て排除してい
いものではないし勝手に餌だけやりに来るのもいけない」と。
地域ネコとして去勢、避妊をした上で餌やりトイレの始末などされて
いるネコ好きさんたちもいます。
好き嫌いはあっても命ある生き物なんだから妥協点を見つけて歩み
寄ってもらえないものでしょうか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ