My Yahoo!に追加

2017/4/5

金沢動物園実習と、エネルギーの世界  アニマルコミュニケーション

父の入院先から帰宅して、日曜日は金沢動物園実習でした。
長野よりは暖かいだろうとジャケットの下は薄着をしたんですが、風が冷たく寒かった。

クリックすると元のサイズで表示します
*ベアードバクのアグアくん

それでも、例年のように暴風雨や霙にはならなくて動物たちのコミュニケーションは予定通り終了しました。

私の担当はレベルアップと上級コースの生徒さんたちでした。

クリックすると元のサイズで表示します
*ペリカンのわかめちゃん、モモちゃん

カレッジの生徒さんの新鮮な感想も素晴らしいし、あぁ、そういう見方もあるよね?っていう良さと、さらに上の知識と経験をしたレベルアップと上級の生徒さんたちには、それぞれの感覚をさらに活かせてもらうように、一人一人のリーディングとコミュニケーションを大切にしていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
*インドゾウのチャメリーちゃん(左)、ヨーコちゃん(右手前)、ボン君(右奥)

通常の授業と違い、園内といえ、野生動物との実践はフェスティバルにむけての大切な野外授業です。それぞれの生徒さんの素晴らしいコミュニケーションとヒーリングでエネルギーが変化し、動物たちのゆったりとした表情と行動を見ることができました。

〜さて、実家の父ですが。

外科手術で骨折部分は日にち薬で少しずつですが回復しはじめています。
救急搬送された朝から、まだ、兄嫁も慌てていたため、どちらの脚が骨折しているかもわからない、また、下血をして、貧血をおこし、意識が溷濁している状況で高江洲先生にヒーリングをお願いし、下血の箇所を特定する検査と外科の骨折箇所を特定するレントゲン、また、頭は打っていないか、脳内出血はないか、倒れた原因は何かを調べ、なにを優先するかきまりませんでした。とにかく、止血しなければならないし、下血が続くと外科手術もできないと、手術まで、骨折した脚を吊るして引っ張り、輸血と輸液を入れながら、意識がもどるのを待ちました。
私が到着したのは手術の決まった30日の昼過ぎ。
その時は輸血のため朦朧としながらも話しかけると眼をあいたり話しかけたことに反応もありました。吊るした脚は真っ黒に変色し、少し触れると冷えていました。


看護師さんが、

「痛みに強くて、痛いはずなのに痛がらない」

と不思議そうでした。

『あたりまえやん、高江洲先生が遠隔ヒーリングやってくださってるもーん。』


その日の午後に手術が決まり、手術が終わるまで待合室で私もエネルギーを送り続けました。

終了後、医師の説明を受け、麻酔が醒めるころ、父と対面しました。

意識もあったのであとは下血の処置ですが、日曜日に高江洲先生の体内透視で

 
「この辺りが出血しているよ」


と、特定の箇所を教えていただきました。


その部位は、以前、父が胃がんになる前に、胃とは別の箇所にポリープができて切り取った辺りです。

「・・・せんせい・・・すごい・・・。」

私も体内透視はやっていますが、自分の身内となると、どうしても知っていることに結び付けて考えてしまい、確信が持てません。冷静になれないなんて、まだまだ、だめだなぁ・・・。

ICUでの面会が時間が限られているため私は、兄夫婦に任せて帰宅したので内科の主治医と兄夫婦が話した結果がわからない限り、私が知る事はありませんが、高江洲先生のリーディング箇所はまず、まちがいないものと私は確信しています。

byアニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意(由井典子)

4月23日からは第11期ヒーリングカレッジの授業がスタートします。
興味のある方はご案内いたします。お気軽にお申込みください。

           ↓

info@animalcommunication-yuinagano.com


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(ハナビラタケ粉末・焼き麩・リンゴ・フラワーレメディほか)

夜食(健康維持・治療食)

棗1個、干し大根10グラム、かぼちゃ30グラム、ドライトマト2個、ブロッコリー1/4株、干ししめじ30グラム、ジャガイモ50グラム、豚軟骨40グラム、乳酸菌サプリ2粒、メシマコブ35ミリグラム粒4粒、アガリクス錠剤2錠、ハナビラタケ粉末1.5グラム、高麗人参粉末10グラム

 ・βグルカンはハナビラタケに豊富に含まれています。
*個別にスキンシップ・マッサージ講座も行っていますので興味のある方はお問い合わせください。動物さんと一緒に参加し、学んでいただけます。(3回コース・各1時間程度)グループでのお申し込みも受け付けております。

<カウンセリング・ヒーリング・カレッジ・ワークショップのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>スマホ・携帯からでもご覧になれます。ワークショップお申し込みは5名以上のグループとさせていただきます。

 *アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。http://www.animalcommunication-yuinagano.com
info@animalcommunication-yuinagano.com

*まれに、ホームページからお問い合わせメールをいただいても、送信後のメッセージが出ない場合があります。すぐにメッセージが出ない場合はお手数ですが再度、下記のアドレスをコピーし、ご記入の上、送信してください。通常3日以内にご連絡をいたしております。info@animalcommunication-yuinagano.com
クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、語り掛けるコミュニケーションです。

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。



















コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ