2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2011/10/29

バンコク洪水情報11  タイ旅行

今晩から明日いっぱいが最大の山です。

今日は、昨日冠水報道があったオンヌットとプラカノンの南側スクンビットソイ50と48へ行って来ました。
昨日と今日29日午後3時ごろです。 現在は冠水はしていません。

さて、私が見た範囲で結論から言うと、運河の水が堤防を越えて冠水したわけではないですね。

可能性はいろいろありますが、当日の朝はかなり激しい雨が降りましたね。そのためわずかに増水したと考えられます。その結果、

1.堤防が古くてところどころ亀裂がありそこから少しの増水で水漏れしてきた。
  →堤防の高さは1.5mあっても、足元の高さの亀裂から運河の水が漏れている箇所を発見しました。

2.かまぼこ形の橋の両端が水面ぎりぎりの高さなので、橋の低い部分より水位が高くなれば、そこから水が道路へと流れる。
  →堤防があっても橋の横から水が入ってくるところがありました。堤防はそのすぐ横からありますが何の役にも立っていないです。漏れてきた所に土嚢を少し積んだだけで水を防いでいましたので、またちょっとしたことで漏れてきそうです。

3.そもそも堤防がないところがありました。運河の支流は地面を掘っただけの小川のようになっているところがあり、ここはちょっとの増水で氾濫するでしょう。

4.護岸工事が悪く(古く)地面から(家の下から)水が噴出してるところがありました。

5.もともと、地面の高さが低いので、朝の大雨で水が運河に流れずにたまってしまった。

見た中ではこんなところえしょうか。
おそらくタイ全域で堤防はこの程度のものでしょうから、予期しない地域が冠水する可能性がありますので油断禁物ですね。


総合すると、今年だけでなく、毎年このあたりは冠水していてもおかしくないところに思えます。
タグ: タイ



2011/11/1  21:25

投稿者:あらいぐま

 すみません
 ミズキさんの住んでいるところも冠水していると勘違いしてました。

2011/10/31  23:16

投稿者:ミズキ

そうですね。

でもまだ冠水すると決まったわけではありませんから。
私の住む周辺はまったく水がくる気配がありません。


2011/10/31  23:11

投稿者:あらいぐま

 国民は慣れているかもしれませんが、ミズキさんは慣れていないので、しばらく大変ですね。
 これだけ浸水が続くと伝染病に気をつけておすごしください。

2011/10/31  10:19

投稿者:ミズキ

くまさん、

タイは、昔は毎年雨季になると洪水になっていた地域ですから国民自体はなれているかもしれませんね。

2011/10/30  23:33

投稿者:あらいぐま

 こんばんは

 あるブログに洪水の理由が書いてありました。
 それによると、土地が低く、下水道(雨水)や堤防の整備水準が低いところに、50年に一度の大雨が降ったからのようです。
 しばらく大変ですが、体に気お付けてお過ごしください。
 この洪水の影響で、日本でもトヨタ自動車が残業をやめたりなどの生産調整をしています。

http://ameblo.jp/bangken/entry-10146756078.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ