2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2009/9/22

タイよりニュース5本  タイ経済

http://www.newsclip.be/ から気になったニュースを貼り付けます。

最近気になるニュースが多いです。


-----
◆タイ国王、発熱で入院
2009/9/21 (00:03)| 主要ニュース 社会

タイのテレビ報道によると、同国のプミポン国王が19日、発熱などの症状でバンコクのシリラート病院に入院した。

国王の病状について、アピシット首相は20日、「医師によると心配ないという話だった」と述べた。


〈プミポン・アドゥンヤデート国王〉
 1927年、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。1934年から1952年まで主にスイスに滞在し、同国のローザンヌ大学で政治学、法学などを学んだ。兄王の不慮の死を受け、1946年にラタナコーシン王朝の9代目の王に即位。タイ帰国後は全国で数千の農業プロジェクトを手がけ、遠隔地の視察、低農薬農業や代替燃料の開発などにも取り組んだ。国民から深く敬愛され、国内での政治的、社会的影響力は非常に大きい。
 1950年に結婚した王族のシリキット王妃との間に、ワチラロンコン皇太子、ウボンラット王女、シリントン王女、チュラポン王女の1男3女。
 米経済誌フォーブスがまとめた2008年の世界の王族資産番付では、推定資産350億ドルと、産油国の王族を退け、1位に輝いた。タイ外務省はフォーブスに対し、資産内容・額が事実と異なるとして反論している。

-----
◆タイ公務員のマッサージ経費、年間3億バーツ
2009/9/21 (16:03)| トップニュース 政治

プルティチャイ副財務相は20日、2008年度に公務員やその家族のスパ・マッサージ代が3億バーツ(1バーツ=約2・7円)支出されていたことを明らかにした。
タイ財務省はマッサージ経費の基準を見直す一方、会計検査院に詳しい調査を求める方針だ。

タイ財務省が今年3月に出した通達によると、経費として認められるマッサージ代は病気やけがの治療のみで、1回250バーツ、週3回までと定められている。

-----
◆タイのバス、タクシーへの苦情電話 8月1735件
2009/9/21 (15:27)| 主要ニュース 社会

タイ陸運局によると、8月に同局が受け付けた公共交通機関に関する苦情の電話は1735件で、タクシーに関するものが947件、残りがバス関係だった。

タクシーへの苦情は▽乗車拒否▽汚い言葉遣い▽メーターの不使用▽遠回り――、バスに関しては▽乱暴な運転▽バス停の素通り▽運賃の不当請求▽汚い言葉遣い――などが多かった。

陸運局は今後、取り締まりを強化する方針。

-----
◆荷物盗難のタイ空港、仕分け係ら逮捕
2009/9/21 (00:11)| related_travel 主要ニュース 社会

タイ警察は20日、スワンナプーム空港(バンコク空港)の荷物仕分け係の男4人を窃盗容疑で逮捕し、盗品とみられる携帯電話30台、カメラ4台、ノートパソコン2台、腕時計9個、宝飾品など500万バーツ(1バーツ=約2・7円)相当を押収したと発表した。

調べによると、4人は空港で乗客の荷物から貴重品を盗みとり、転売していた。容疑者の1人は犯行を認め、「給料が足りなかったので盗んだ」と話している。

警察は今回の逮捕に先立ち、共犯とみられる別の容疑者3人を麻薬所持容疑で逮捕している。

スワンナプーム空港では預けた荷物から貴重品がなくなったり、空港からバンコク都内へのタクシーで法外な運賃を請求されるといったトラブルが後を絶たない。

今年4月には英国人夫婦が万引きの疑いで身柄を拘束され、スリランカ人の「通訳」と警察に保釈金や手数料など8000ポンド(約120万円)を支払い解放される事件があり、英BBC放送などが大きく取り上げた。

空港当局は9月から、荷物担当の作業員に対し、作業場所への財布、携帯電話など私物の持ち込みを禁止するとともに、ポケットのない服の着用と名札の表示を義務付けたが、初日にはこの措置を不服とする社員が職場を放棄し、貨物の取り扱いの遅れで13便が遅延した。


-----
◆日本の暴力団員2人をバンコクで逮捕 麻薬所持、恐喝容疑など
2009/9/20 (19:06)| 主要ニュース 社会

タイ法務省特捜局(DSI)は19日、バンコク都内で日本人の男2人を逮捕し、「アイス」と呼ばれる覚せい剤5グラムを押収したと発表した。2人は暴力団構成員で、このうちの1人は日本人の実業家を恐喝した疑いでタイで逮捕状が出ていたほか、殺人未遂容疑で日本の捜査当局が逮捕を要請していたという。

タイ字紙コムチャットルクなどが報じた。






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ