バイクフィット  バイクフィット

 昨日の定休日は週末にメカニックで臨時休業するので振り替えで営業。嫁さんが体調不良で火曜日は家事の都合で早く閉めたので3時起きで作業。遅く寝るより早寝早起き。若いうちはできないことができるようになったことがオッサン化。

 バイクフィットのご依頼があったので、午前中はバイクフィッティングから。今回も弊店のバイクオーナー様ではなくビジター様。

before
クリックすると元のサイズで表示します
 レーサーっぽくてカッコよく見えるけど、典型的なクラシカルポジションなので修正。
 アセスメントのときにいろいろ質問するのですが、案の定長時間維持できないフォーム。購入されたときにサドル高は調整してもらったようです…。

after
クリックすると元のサイズで表示します
  アセスメント、柔軟性、筋力チェック、エクササイズのアドバイス、バイクフィットの理念など踏まえ修正していき、乗降車を繰り返していただきこんなに変わりました。今回のフィッティングは約5時間もかかってしまいました。
 
クリックすると元のサイズで表示します
  バイクフィットは角度である程度判断するのですが、その角度のレンジもさまざまな理論の裏付けからきています。それもこれもアセスメントで身体チェックしないとその角度の判断も正しくできません。単純に乗車姿勢だけでは判断はできないので、いろいろ勉強しないとその方にあったベターなポジション出しはできません。
 今回の方はクリートウェッジではなくペダルワッシャーとヒールウェッジでご対応。時間がかかってしまいましたが、自分の引き出しもどんどん増えてくので難題があるバイクフィットは大変ですが楽しいひと時。

 長時間お疲れ様でした。楽しいバイクライフが過ごせますように。ご依頼ありがとうございました。
6



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ