« 女子会 | Main | 蛾 »
レーシングマシン  

 どうやら風邪をひいたらしい。喉が痛いぞ。人間ドックの結果はOK牧場だったので、がん保険に加入した。亡くなったオカンが癌だったから正直ビビってます。やりたいことオッパイあるし。
 先日、T君が父上にクロスバイクをプレゼントするっつうことで、ちょっと感動したぞ〜。しかも彼は僕の胃の痛みを知って百草丸をお土産で持ってきてくれた。なんちゅうイイやつや。僕の娘もそんな子に育って欲しいな〜と思った今日この頃。親が居なくなってから親の有難みを実感。そして何故かT君の父上からキティちゃんのウチワもらった(笑)。

 今日の午前中は会計士のとこ行ってきました。オレはお国の為に働いている気がする…。月月火水木金金。日本国マンセー。ウエサカビルヂングの着工までは程遠いぞこりゃ…。仕方がないので冬場にボディビルヂングするか? 

 カーボンフレームは現段階で自転車には最高なマシンじゃなかろうか。快適な乗り心地(一部悪いのもあるけど)、軽量、剛性の自由度(硬くも柔らかくも作れる)、乗る事においては今んとこ最強な素材だと思う。ちなみに僕は今んとこロードバイクはカーボンバイクかクロモリフレームしか乗りたくない。好みってことでね。
 しかしながらカーボンの寿命はどうだろう。最近のカーボンはかなりかな〜り丈夫に作られてますが、やっぱり接合部付近が逝っちゃうケースがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
 こうなると、剛性や強度は三分の一以下に低下してしまうらしい。乗車することはできるけど、時限爆弾抱えるようなもんだ。レース中、アタックに反応する時やスプリントするなんて時は結構なパワーが掛かってるので、そんな時に折れちゃったら… 恐ろしい。
 以前僕も某社のチタンフレームが逝っちゃった時は「バンッ」て折れちゃいましたが、乗車できる状態だったので家まで帰ってきましたが、フニャチン以下でした。
 
 金属だから安心?安心感はある程度ありますけど、当然ながらいつかはクラック入ります。アルミフレームのくたびれたやつと、全く同じアルミフレームの新品乗るのとでえらい違います。レーシングマシンの寿命は走らんくなったらオシマイ。ただのツーリングマシンになります。同じの買う人はあまりいらっしゃらないですが、新車はやっぱ走ります。営業トーク抜きでね。固定ローラーガンガンな人は後ろから動画撮って見るとえらいしなってるのがわかります。ダメージの蓄積は当然ありますので、ハイエンドバイクで固定ローラーをお乗りの方は、セカンドバイクやいらなくなった(そんなん無いと思うけど)バイクで固定ローラーを乗るのをおすすめいたします。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっと前のですが、SCOTT ADDICT R3を組ませていただきました。SCOTTってCR1は昨年モデルチェンジしましたが、ADDICTはほとんどモデルチェンジしてないんですよね。こういう場合の型落ちはお買い得です。
 今年は先日入荷したCR1で試乗車作るので、SCOTTもよろしゅうたのんます。ミーハーな皆さんが思ってる以上?に質の良いバイクです。硬いの好きな人にはオススメですよ。今年は試乗車イッパイだ(汗)
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ