てのぶろぐです!
 top  profile  perform  schedule  radio  order  photo


2015/3/24  13:05

行ってきましたダイハツOVO DAIHATSUオーヴォ。  ◆最新情報◆

行ってきましたダイハツOVO DAIHATSUオーヴォ。
いやー楽しかったなぁ。 シルクドソレイユ初のファンタジーとありましたが、コレが初めてだったので、通常の雰囲気を知らないまま行ったわけでして。

サーカスを見ていると言うより、ミュージカルを見ている感覚でした。先日木下大サーカスも見た事ですし少し見慣れてしまっているのでしょうか。

楽しかったなぁー。

スタート前からスタートしている感じとか
生演奏とパフォーマンスと言うのはやっぱり良い〜
大音量なんだけど、やっぱり息遣いが聞こえてくる距離感とか


エンターテインメント、好きです。

演出って大事だなと。今後の自分の舞台の栄養になりました〜。


今回は東京公演に行きたくて沢山宣伝を目にした後のオーヴォ-OVO-だったんですが、主軸情報が流れていましたが割と宣伝通りの流れで、

「あ、前情報と確かに同じだ、」と何度か思いました。

でも、ここは見に行ってしか感じられなかったのかなとおもうとこ。
音楽が生演奏だったり演者がピットから前に出てキャストと絡んだりは音楽をやっている人間から見たらとてつもなく羨ましい!BGMではなくキャストとしてそこに存在出来る環境がある。いいなぁーって。

昔は、楽しさ凄さが伝わるチラシ1枚と、口コミでサーカスやイベントを見てただろうから、物凄い満足感だったんだなと、何だか複雑な心境になったのも事実。

というか、昔の広告業界の偉大さよ。キャッチコピーとか、イラストとか。


もちろん今は今でwebの駆使や、マスコミの動かし方とか、それでも結局、人徳だったりもする。


仕事を発注する側も成功と失敗の賭けは昔の方が覚悟が必要だっただろうし。そんな時代を経て、動画や画像で宣伝出来る今、そんな予習があっても生のステージが楽しいと思える環境作りはとっても難しく、でもやりがいのある事だと。

望月 ゆうさく はそこを上手いことやってる身近にいるありがたいお手本。
映像作品として出来る事、生の舞台として出来る事、上手いことやってんなーと。
先日のパフォーマンスを間近でみて、そう思ったりもしたなぁ。

小さいライブハウスから、大きな環境まで今ひとつひとつしっかり噛みしめながらやろうと言う時期。

本当にありがたい事です。

それでも自分の営業下手でプロデュース下手で器用貧乏ですが、いつか脱出したい
リアルベイマックス てのひらでした。クリックすると元のサイズで表示します
てのひらへのお仕事のご依頼はこちらまで
08043182886
tenohiranote@gmail.com
てのひら
クリックすると元のサイズで表示します
1



2015/3/25  0:04

投稿者:ぶんこ

何となくわかる気がしました。
特集などで情報が入り過ぎてると、「あ、コレ見た」とか「この人たち、アレをする人たちだ」とか思っちゃって、純粋にショー(パフォーマンス)を楽しめなかったりしますよね。。。
とか思ったのですが、てのひらさんの思いと違ったらスミマセン…笑

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ