低炭水化物ダイエットとは  低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとは



低炭水化物ダイエット (低炭水化物法) とは、大まかに言ってしまえば炭水化物を抜くダイエット方法のことです。炭水化物とは、糖類・デンプンなどの糖質+食物繊維のことであり、ご飯、パン、芋、麺類・パスタなどに多く含まれています。

なぜ炭水化物を抜くとダイエットが成り立つのか、目立った説明がないので、このブログを立ててみましたが、炭水化物には上で触れましたように糖質が主成分として含有されています。のちほど、おいおいと説明をしていきますが、カンタンに言ってしまえば糖質を過剰に摂取してしまうと、体内に中性脂肪を蓄えてしまう効果があるのです。

それゆえ、炭水化物を抜くことで、ダイエットをしていこうというエクササイズ方法が成り立つのですが、即効的な効果を求めてしまいがちな現代人が多いため、摂食障害や機能障害を起こしてしまうのなど、ダイエットのやり方一つで病気にもなってしまう方も多くいるのが現状です。

そこで、炭水化物を全て抜くのではなく、炭水化物の低含有食品を摂取し続けていくということがポイントだということになるのです。

また、こうした食事療法だけではなく一般の方が、モデル体型かそれに近似した効果を得るには、時間的にもゆとりをもってリラックスして運動に取り組むのがコツです。
毎日適度の負荷をかけた程度の運動をこなすことがダイエットの秘訣だとされています。下記のDVD教材は、厚労省の認可法人の資格をもつインストラクターさんが、簡単エクササイズのテクニックをレベル別に教えているので参考になります。
インターネット上での口コミをみても高い評価の声が見られます。 以下は2012年
夏版のスタイルK第二弾DVDです。
⇒ スタイルエクサ+K 第二弾・スーパーV DVD
肥満予防健康協会認定インストラクター・KEIKOが本当の痩せ方教えます。



他に、 以下のヤフーニュース 『ダイエットは低炭水化物法を』や、その関連ブログなどで取り上げられていたのは、およそココまでであり、これらでは、なかなかその次の話まで続きません。そこで このブログでは、その次に来る具体的な方法論を示してゆきたいと思います。



参考
ダイエットは低炭水化物法を=低脂肪法より効果大−研究チーム』

ダイエットでは最も一般的な低脂肪法よりも、信頼性に疑問が持たれていた低炭水化物法の方が効果が大きい−。こんな研究報告をイスラエルのベングリオン大学を中心とする国際研究チームが米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」最新号で発表した。
 同チームはイスラエルの322人(男性が86%)を3グループに分け、(1)低脂肪法(カロリー制限あり)(2)野菜、穀類を中心にしてオリーブ油を多用する地中海法(同あり)(3)低炭水化物法(同なし)−の3方法に基づく食事をそれぞれ2年間続けてもらい、体重などを分析した。
 その結果、2年後の体重減少幅の平均は低脂肪2.9キロ、地中海4.4キロで、低炭水化物が4.7キロと最も良かった。低炭水化物法では、善玉コレステロールも増加したという。 

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000021-jij-int






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ