My Yahoo!に追加

2018/5/31

健康は日々のごはんから♪…精進料理は犬も好き。  薬膳と漢方

健康はまず食事から。
シュナくん、ラーマと同様、一年のほとんどが野菜料理の我が家。
精進料理のマニュアルと漢方や野草の食材で持病はあっても悪化もなく夏バテや風邪もひかない。

クリックすると元のサイズで表示します

今月の半ばに父のお見舞いを兼ねて高速バスに乗り、大阪に帰りました。高速バスは早朝に到着するのでそのまま高野山へ向かい、お墓参り。
クリックすると元のサイズで表示します
母が他界し納骨を終えてから一度も行けなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

高野山は当日、ものすごく寒くて薄着をしていった私は震えっぱなし。お墓の管理はお願いしているけれど、それでも雑草が少しあったり、雨水がたまっていたりするので用意していったゴム手袋や庭に植えている高野槙とバラを持参し、周囲を掃除し、両隣さんにもお線香、日本酒とビールと好物をお供えし、お経をあげて、ぶつぶつとしゃべりながら無事にお参りを済ませました。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ時間に余裕があったのでご本尊のお大師様にもお参りし、お大師様への感謝のお手紙を本堂裏のポストに入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来ると体調も良くなるし、参拝道に入るだけで空気の流れが一気に変わります。最近は観光客が増えたことでいいことも悪いこともあるけれど、高野山はいつも神聖です。

弘法大師は今でも高野山の奥の院で休まれているので、僧侶が必ずお大師様にお食事をお運びします(もちろん精進料理です。)

私も何となく、気持ち的に高野山にお参りする数日前から、そしてコミュニケーションの予約の数日前からはできるだけ精進料理をとるようにしているので、
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じにいつの間にか精進料理と漢方の療法食や野草を使った料理のレシピなどが増えたんだけど、薬草(ハーブ)は日常に少しずつとりいれることが大切だと感じます。

(高野山とは宗派が別ですが、永平寺の雲水さんたちの食事メニューにはカレーやシチューもあるようです。)

シュナ君とラーマも精進料理を食べています(ドッグフードは別)
ピーマンは子どもが嫌いな野菜のランキングでベスト5に必ずと言っていいほど入っていますが

薄皮が硬いのとワタに苦味がありますが、繊維を細かく切れば消化不良を起こしやすいラーマも大丈夫。
ピーマンは抗がん作用もあると言われていますので与えています。
クリックすると元のサイズで表示します

ラーマのお鼻の上にいつもできていた潰瘍はヒーリングと併用で半年以上できなくなりました。
毛玉だけは、どうにもならないけれど、皮膚の疾患は改善されました。ほうれん草が苦手だったシュナ君は今では残さず食べています。
クリックすると元のサイズで表示します
*シュナくんとラーマは好き嫌いなく精進料理も食べて健康に過ごしています。
*アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意ではお預かりやシッターのご依頼をいただいた場合はあらかじめカウンセリングを受けていただくことと、ワクチンの証明は必須、かかりつけの病院がある場合は注意事項や投薬の有無、フードの持ち込みをお願いしています。

アカデミーへの入学希望、また、アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです

*高齢者のヒーリング割引あり。65歳以上30分1000円

*イベントやオフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてもお問い合わせ、お申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。

本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

干し大根10グラム、新キャベツ80グラム、ピーマン10グラム、ブロッコリースプラウト10グラム、ニンジン20グラム、白菜20グラム、厚揚げ10グラム、茹で大豆40グラム、はなびらたけ粉末







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ