My Yahoo!に追加

2015/10/28

辛い状況にある、人と動物、すべての生命のために役立ちますように。  癒しと祈り

毎年、何か1つ新しいことを勉強したい。それが動物も人も植物もみんなが楽になるためのお手伝いになるなら…。

だからこれまでにも自分すら忘れているような講座も、色々なところで自分に合う方法を探して学んでみたりした。

ただ学んだだけの物もあったけど…。

クリックすると元のサイズで表示します
(九月のはじめに種を蒔いた寒冷地に強いラベンダーが、霜に負けずに育ってます。以前はラベンダーってトイレの消臭剤のイメージが強くて好きになれなかった。この数年、庭のあちこちに植え始めて、今ではラベンダーが大好き!ラベンダーとローズマリーは私のお気に入り♪)

・・・自分で学んだことをみんなにも体験してほしいと、希望してもらったものは堅苦しくないように教室を開いてみたり。

フラワーレメディも、ハーブを使った料理講座もそのうちの一つ。
日常のあらゆるシーンでホリスティックを取り入れたら、みんながいつの間にか健康になる、と。

全くの思いつきから学んだことが何年も経ってから役立ったこともあった。

そして、また、この冬から始めようと計画中の新しいお勉強…。
学びたいという気持ちは思い立ったらすぐに始めるのが一番です。

学んだことは絶対に無駄にはならないし、無駄にしたくはない。

そして、その学びがまた、辛い状況にある人と動物、すべての生命のために役立てられれば最高の幸せで人生の喜びだと思う。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>

*アルケミスト・ヒーリングカレッジの受講生募集中です。すべての生命を癒すユニバーサルヒーラーを目指す方、プロになりたい方、興味のある方、見学をご希望の方も下記のお問い合わせフォームからお申し込みください。ご案内資料を郵送いたします。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。





2015/10/24

癒しのお仕事・目標に向かって。  癒しと祈り

10月22日の夜に高速バスに乗り翌日23日の朝に大阪の父の入院先へ直接、向かった。
ちょうど朝食のゼリー食を食べ終えたあとで薬を飲み終えたところだった。

このところ誤えん性肺炎を繰り返して発熱と咳がひどく、食事は流動食やゼリー食、ムースのような物ばかりで、またまた激やせし、全身の骨格が服を着ている上からでもわかるほどの状態。

ハンバーガーを甥っ子が差し入れしたことがあり、美味しかったらしく、そのことを何度も話していた。
食べられないことは本人もわかっているので何か欲しい物があるかと聞くと「卓上型の小さなカレンダーと手帳、無地のノート、メモ」が欲しいというので昼まで病室に居てそのあと100円ショップに買い物に行った。
クリックすると元のサイズで表示します

ところが高速バスで一晩座っていたために足がむくんで靴がきつく、歩くうちに痛みが激しくなり、その後の友人と会う約束の場所まで行く自信がなくなってしまった。

もう、これ以上、歩くのは辛い!

近くの靴屋さんに飛び込み、店員さんにとにかく、「歩ける靴を〜!」と泣きついて、薦めてくれたのが「pansy」という外反母趾や足の甲が高い人、幅広の足の人用のウォーキングシューズ だった。
履いてみると指が自由に動くし、クッション性もよく、軽いのですぐに色を決めた。

なんと3000円ですよ〜。

安くても7000円位だと思っていたのに安っ!買うしかないでしょ〜。
足を引きずりながら歩いていたのがうそのように軽快で、階段だって駆け上がれそう。

お店でそのまま履き替えて友人との待ち合わせ場所にも十分、間に合った。

長野に住み始めてからは大阪に帰ってもほとんど実家と仕事先、病院を往復する事ばかりでこの20年ほど、買い物や食事に出る余裕がなく、気が付けばずいぶん街並みは変わっていて、昔あったはずの店の場所もわからない。
私はもともとミナミ(なんば、心斎橋界隈)が沿線で動きやすかったので学生時代はほとんどミナミを利用していたけど、友人はキタ(梅田界隈)が多く、移動するにもよくわからない。結局、お茶を飲むにも目に付いた場所に飛び込む感じで店を決めた。

前にあったのは11年前で、たまたま、フェイスブックで私を見つけてくれたことから情報交換をするようになり、今回、再会に至ったのだけれど、近況を話しているうちに「癒やしのお仕事」についての話題になり、そのなかで悩んでいることや迷っていること、困っていることを話し合うと、共通点も多々あり、「考えることはみんな同じ」だとわかった。
クリックすると元のサイズで表示します
お互いに予定があったので、話す時間は二時間ほどだったけど、あっという間で名残惜しかった。
仕事についてはこれからも何度も話し合いを重ねて様々な計画をたて、自分たちの目標を実現したいと思う。昨年、指導講師のノウハウを得るために勉強したことが少しは役にたつような気がする。これは、様々な分野で講師をする人が自分の講座を開く際に、なにをやればいいか、どのように講座を開けばいいのかについての内容の勉強でしたが今になって役に立ちそうな気がします。

早く次に会って打ち合わせができるようにと願いながら別れ、互いに予定の場所へと向かった。

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>

*アルケミスト・ヒーリングカレッジの受講生募集中です。すべての生命を癒すユニバーサルヒーラーを目指す方、プロになりたい方、興味のある方、見学をご希望の方も下記のお問い合わせフォームからお申し込みください。ご案内資料を郵送いたします。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。





2015/10/22



先日、クライアントさんのお宅で韓国のおやつを出していただいた。

シンプルな小麦粉を油で焼いて蜜をかけたホットケーキのようなお茶菓子だったけれどメープルシロップが染み込んですごく美味しかった。

小学生の時に同級生に韓国人の女の子がいて、その家に行くとそば粉や小麦粉を使った見慣れないおやつを出してくれた。その時に一度、同じ物を食べたことを思い出した。確かメープルシロップではなく蜂蜜だったと思う。

クライアントさんにそのことを話すと、「料理名はわからないけど大久保に行ったときに屋台みたいなお店で売っていて食べたら美味しかったので見様見真似で作るようになった」らしい。

その方の話では油は「多分、普通のサラダ油だったけど、仕上げに少しだけバターを入れて焼いた方が美味しいし蜂蜜よりメープルシロップやカラメルソースのほうが香ばしくて美味しいですよ」と。

大久保まで行くことはないけれど、レシピというほど難しくないそうなので、是非作ってみようと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
25日は、はなの命日、26日はシュナくんの6歳の誕生日なのでシロップ抜きの犬用と人用にはメープルシロップ付きでお祝いをしてあげよう。

そして、もう一つの話題・・・。

人は鏡、人のふり見て我がふりなおせ…。
この頃、よく感じることがあります。

冗談について、です。

冗談ってどこまで冗談ですませられるのか…。

私が口出しすることではないのですぐそばで聞いていたんですが明らかにいやな気持になっていたように見て取れた。発言した本人は全く気付いていない様子だったけど、その時の状況から、パターンにしてみると

@「会話のタイミング」A「相手を楽しませるため」B「自分がウケたいから」C「バカにする気持ちがあるけど、ストレートには言いにくいから冗談にしてからかっている」

この4つの中で明らかにC「バカにする気持ち…」の表現が一番近かったように感じた。

そこで言われた側が言い返してたとえ口論になってもいいから、その時点で解決するべきなのか、気づかないふりをして会話を続けた方がいいのか、当事者は黙って下を向いていたけど、親しくなると「冗談と言いつつ相手に嫌な思いをさせていることが多々ある」と気づく。

仕事の場でも趣味の場でも家族や友人でも遠慮がなくなると嫌な気分にさせるんだなぁ。

当事者だけでなく、周りも嫌な気分にさせるんだなぁ。

親しくなるって遠慮がない関係ではないんだよね…。

最近はどこへ行っても自分より年上の人が少なくなってきて、間違った言動を叱りつけてくれる立場の人がいなくなった。

自分が注意したり忠告する年齢や立場になるにつれて、こういったことに気づく機会が増えてきた。

言葉って本当に大切ですね。そして、場を読むこと。人の気持ちを考えること。

自分はヒーラーでコミュニケーターであること、言葉を大切にしなければならないと、つくづく思う。

そして、いくら親しい関係の相手でも冗談はほどほどにしなければならないことも感じた。

人は鏡・・・。嫌な人ほど自分の姿だと思って反省しよう。

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>

*アルケミスト・ヒーリングカレッジの受講生募集中です。すべての生命を癒すユニバーサルヒーラーを目指す方、プロになりたい方、興味のある方、見学をご希望の方も下記のお問い合わせフォームからお申し込みください。ご案内資料を郵送いたします。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。





2015/10/21

社会との繋がりって必要だと思う。  父の癌治療


近く父の入院先へ行くことにした。
高齢者型マンションで様々な問題を起こしていたが、身の回りのお世話をしてくれるヘルパーさんがとても親切で、父の不安定な精神面のことや認知症の知識も豊富でよく理解してくれるため、うまくいっているらしく、荒れていた心が安定してきたらしい。


よく話をすることでストレスが軽減したのか怒鳴り散らして問題を起こしていたことが嘘のように穏やかになった。


看護士さんが匙をなげていたあの父が素直になり治療も受けるようになった。


かけ方がわからなくなっていた携帯も再び使うようになり兄や叔母に必要なものや、欲しい物を要求してくるようになった。
ヘルパーさんは父にいろんなことを話しかけたりテレビを見たり、話し相手にもなってくれる。


兄夫婦が近くに居るといえども高齢者型マンションの一室で介護士さんと食事の時に話す程度だと一日のほとんどを寝て暮らし、テレビを見ることもなくなり新聞も必要なく、どんどん閉鎖的になって社会との繋がりがなくなってしまう。


もともとよく話す方だし政治や経済にも興味や関心が深く、国会中継を楽しみにしていた人なのでその手の話題ができなくなっただけでも父にとっての影響は大きかったんだと思う。


人と話すことの大切さ、社会とのつながりがいかに大切かを感じた。


いいヘルパーさんはたくさんいるけれど、なかなか理解して話し相手になってくれる器の大きなヘルパーさんに出会うことはめったにないので、どうかどうか、このまま機嫌よく、安定した老後を過ごしてくれるように願う。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>

*アルケミスト・ヒーリングカレッジの受講生募集中です。すべての生命を癒すユニバーサルヒーラーを目指す方、プロになりたい方、興味のある方、見学をご希望の方も下記のお問い合わせフォームからお申し込みください。ご案内資料を郵送いたします。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ