My Yahoo!に追加

2014/7/25

お客様のご感想  お客さまの声

遠隔ヒーリング2ヶ月半を終了された小型犬の飼い主さんとアニマルコミュニケーションを受けた飼い主さんから感想をいただきました。皆様、掲載をご許可頂きありがとうございました。
 
 <遠隔ヒーリングのご感想> 
 *埼玉県 A・Fさん
13歳のCちゃんが腰の手術をして半年、一時は良くなったのですがその後、筋力の衰えもあって歩行が困難になりました。薬もサプリもさんざん飲ませたのでもう、これ以上、薬を与えるのはイヤで試しに愉意さんにヒーリングをお願いしました。少しずつですが脚を引きずりながらも家の中を彼方此方動き回るようになってくれたので希望が持てました。

 *大阪市 T・Tさん
寝たきり状態になって1年半、高齢猫の介護をしています。以前からブログを読んでいたので(龍ちゃん・しのちゃんの記事に毎日号泣してました)愉意さんのヒーリングは知っていたけどなかなかエネルギーのことは受け入れられませんでした。でも最近のうちの子を見ていてやっぱり以前と何か違う、食欲、動作、鳴き声がイキイキしてきた!と思い、受けてみてよかったと思いました。

 <アニマルコミュニケーションのご感想>
 *群馬県 H・Mさん
知人の紹介でお願いしました。Aちゃんの気持ちが知れてよかったです。保護犬から里親になり、時々、びくっとするような動きに可哀相でなんとかしてあげたいと思い、対面式でコミュニケーションをしてもらいました。レメディのカウンセリングも同時にお願いしたのでその場で作って持ち帰りました。言霊を読み聞かせているうちにわたしが泣いてしまい、Aちゃんに慰められるようになりました。いまは毎日仲よくひとりと一匹でレメディを飲み、コミュニケーションを交わしながら前よりもっと仲よくなれて幸せです。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/21

永眠  癒しと祈り

7月18日の午前6時7分、朝の遠隔ヒーリングを終えて庭に水撒きをしていたら実家の兄から電話で「…いま、お母さん、亡くなったよ。待ってたみたいに、静かに亡くなった」と知らされました。
10日の朝に肝性脳症になり点滴の処置を受けて一旦よくなったのですがその後はガクンと一気に悪くなりました。

フェスティバルの2日間は半ば神にすがる思いで過ごし、もう、今度こそダメだと側に居る者全員が確信したのは17日の夕方でした。18日の午前4時過ぎに病院から父に連絡が入り駆けつけた時にはあとニ時間もつかどうかの状態だったようです。

食べたいものを最後まで食べて毎日朝7時から夕方まで父に付き添われ幸せだったと思います。私は母の最期に間に合いませんでしたが、父と兄と初孫で、誰より可愛がられた甥は最期に立ち会ってくれました。

通夜・告別式では何十年ぶりかに会ったおじさんおばさん、従兄弟従姉妹にも会いました。
はい寄せの席で故人に代わってお礼に飲み物をついでまわり、それぞれの家族の歴史を聴くことができました。

私が知らなかっただけで娘が生死に関わる大病をして入院しているというのに何も言わず通夜、告別式に参列してくれたおばさん、高知の父の従兄弟夫妻の近況、亡くなったおじさんの闘病中の話と驚くようなことがたくさんありました。

若い頃は苦手だった親戚の人が、大人になるとその人の背後にある経験話がすごくためになることや、いろんな苦労があって感じの悪かった人(苦笑)が別人のようにいい人になっていたりしてそれを発見できたことも母の死がきっかけになりました。

まぁ、なかには自分が離婚したことで私にまで「別れて大阪に帰っておいで」とか、「もぉ〜いっそのこと実家に帰ってお父さん看てやりなさい」、とブラックな愛情のこもった言葉をかけてくれる親戚もありました。

帰ってくるな、と言われるよりは有り難いですがみんなに手荒い歓迎?を受け、哀しさや優しさを知ることができました。

父と兄はお尚さまのお話の中で、「奥さまは初めてお会いしたときにはっとするほどお美しく清楚な方でしたので戒名はすぐに浮かびました。」とお褒めの言葉をもらい、まるでお公家さんのような素敵な戒名を頂き、喜んでましたが、私は『清楚は違うと思う!』と内心ツッコミをいれていました。

戒名には和尚の言うとおり、女性らしい意味合いの文字が並べられ、みんなに「綺麗ないい戒名」と褒められそのたびに父はなきながらも嬉しそうにしていました。

母の死に、私が泣くことはほとんどありませんでした。

娘の立場では私にできる範囲内で元気なうちにやれることはやったと思うし、今の自分はきっと泣いている場合じゃないんだ、いつかまた来世に何処かで会えるんだって思えたんです。

仕事がいろいろあって長期の滞在はできないので、しばらくは大阪と長野を行き来することになりそうです。

私は18日の夕方に到着し19日の通夜、20日の葬儀告別式、初七日の繰り上げ行事を終えて本日、長野に戻りました。

高齢で痩せ細った父が過労と心労で寝込んだりと次々、いろんなことがありますが自分の仕事を感情でおろそかにしないよう気を引きしめてまた頑張ろうと思います。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/17

お客さまの声  お客さまの声

 昨日は1歳半のかわいい三毛ちゃんが来てくれました。
交通事故にあったところを今の飼い主さんに助けられ、そのままそのお家の子になったそうです。ママの手作りのオレンジ色の首輪がよく似合うかわいい女の子です。

飼い主さんのご感想
「愉意さんとは友人からの紹介でした。最初は長野が遠いからと躊躇したけど実際に会ってはなしたことで私の不安もなくなりました。原因がわからないままずっと暮らし続けていたのではっきりとした反応をまじかに見てああ、この子が求めていたのはわたしが感じていたこととこの部分が違っていたんだ!と実感することができました。来たときからと帰るときの状況が随分違っていたのでそこもまた、来てよかった!と思ったことの一つでした。」
京都府 Kさん

遠くからわざわざお越し頂き、本当にありがとうございました。


さて・・・。

注*ココから下の記事は虫が苦手な方はスルーしてください↓

一昨日、畑で草むしりをしていたときのこと・・・。
なんか、すごく「がんばるエネルギー」を感じてふと見ると・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
ものすごくウエストのくびれたアリさんのような?蜂さんのような?2〜3センチくらいの翅の生えた虫さんが食材の青虫さんを運んでいました。

明らかにカラダより大きい食材なので飛びたいのに飛べない。

くわえて持上げようとしても首が折れそうなほど思い・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
「・・・もう、アゴが外れそう・・・。うぐぐぐぐ・・・お、重い・・・。」

虫さんの頚椎と腰椎が折れそう・・・。(←え?虫に頚椎と腰椎?)

「腰痛めるから、諦めた方がいいよ・・・。あなたの体より明らかに重いもん」
といったのですが飛ぶのはさすがに諦めたのか『うんしょ、うんしょ・・・』と引きずりながら運んでいきました。

・・・あの状態でどれだけの道のりを運ぶつもりなのか・・・。

熱中症で干からびてしまうんじゃないのか・・・。

虫さんの世界も大変です。
ちなみに幼虫は農作物を食い荒らすので農家にとっては厄介な虫です。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/15

フェスティバル無事に終了しました!  日常・あれこれとアニマルコミュニケーション

 12・13の土日、学生さんたちのアニマルコミュニケーションフェスティバルが無事に終わりました。
木曜日の早朝の母の容態急変がまたも回復して安定し、一時はフェスにいけないかもしれないと思っていましたが、問題なし。ただし、そうはいってもやはり14日の朝は始発で帰宅。溝口まで早朝、ホテルから歩きましたよ。といっても20分も歩けば到着します。

4時半過ぎの始発に乗って自宅に向かいました。
家に帰ると、うちだけハリケーンが来たかと思うほど、なぜ、いない間にこんなに散らかるの。泥棒が入ったの?なぜ、こんなにゴミと埃がたまるのか・・・何にもしていない夫の洗濯物がなぜ、こんなに多いのか・・・。帰ったとたんに荷物を置いてすぐに掃除機をかけて洗濯し、メールチェックしたり風呂掃除したり、野菜の苗に水播きしたりご飯を炊いたり。

がっかりしている間もなくやることがたくさんあったので一つ一つ片付けてコーヒーを飲んだのは昼前だった。


実家の母の容態は悪いながらも安定し、現在、普通に食事をし、会話が出来ています。
入れ歯を新調してまで食べたい人が突然食べなくなったのはおじいちゃんおばあちゃんがお迎えに来たわけではなく、父や兄夫婦、お見舞いの差し入れや「ギョーザ食べたいから買ってきて」「お寿司食べたいから買ってきて」「551の豚まん食べたい」とパシリに走らせて病院の食事は「もう飽きた。いらない」と断ってばかりいたために本来ついてくるはずの処方薬が出なくなり、薬を飲んでいないためにおきた結果の症状だった。

診断は肝性脳症。肝臓疾患の人におきる症状らしく、薬を飲んでいたらこんなことにはならなかったのに病院のご飯をことわったための結果だった。

どうせ先は長くないんだから?と誰も口に出さないけれどみんなが振り回された。

金曜日の夕方に兄が息子と病院へ寄ると、「勉強ちゃんとしなさい」とお説教をしていたそうで。
病人が文句や小言や説教を始めたら元気になってきた証拠なのでまたしばらくは落ち着くと思う。此方からエネルギーと送ったメッセージも効いていたようだった。

今日は、3日間、手入れできなかった畑でクリシュナとラーマを走らせてきます。



<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/10

三途の川のちょっと手前・・・行っちゃダメ!  癒しと祈り

今朝、台風対策で苗木を紐で結わえていると実家の父からの電話があった。

早朝と真夜中の電話は大抵、悪い報せ。

出てみると絞り出すような声で父が「おかあさん、もうあかんわ…もう昨日の晩から一気に悪なってるで。食べんようになったし水も飲まんようなった。先生もな、みんな覚悟しといてくれって言われた。兄貴とおばちゃんとこに電話してくれ」
と涙声で話してすぐに電話を切った。

台風だし土日はフェスティバルがあるし、カウンセリングの予約や畑はどうしょう…。

とりあえず兄に連絡し病院へむかってもらい、私は叔母さんに電話をかけて事態を伝えた。その後、兄から母の状況を聞く予定で電話を待ったが二時間たっても連絡がなく案じていると叔母は待ちきれず病院へ行くと連絡をくれた。

母はうわごとで早くになくなった自分の両親、つまり祖父母と会話をしているらしい。少し前まではお花畑のきれいなところが云々という話もあった。つまり三途の川の一歩手前の世界を体験しているらしい。

遠隔でエネルギーを送り母にメッセージで何度も話しかけ、イメージを伝えた。

昼過ぎに叔母から連絡があり、これまで頑張り続けていたが今回は今までよりも深刻な状況だと担当医師から覚悟をするように言われたらしい。

その後、夕方、叔母からメールが入り父を病室に残して帰宅するが母は点滴で少し会話が出来る程度に意識が戻ったらしい。

まだ安心とは言えないがこれでフェスティバルにはなんとか出勤できそうで少し気持ちが落ち着いた。一年間一緒に過ごした生徒さんたちのフェスティバルだけはなんとしてもいってあげたいし、見守ってあげたい。

母がみんなの力で励まされ意識を取り戻してくれたことで私の仕事にも大きなパワーをもらえた気がした。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/6

お客さまのご感想  お客さまの声

 毎日、毎日、本当に雨がよく降ります。
梅雨の時期には降らないと困るし、浄化でもあるんだけど、農作物が傷むしお洗濯物がなかなかかわかない・・・。小僧たちはストレスがたまってわたしに有り余るエネルギーをバンバンぶつけてタックルしてくる・・・。

明け方はまだ、寒い・・・。


昨日はそんな雨の中、有ツナ気分を吹き飛ばすように一組のご夫婦と、すらっとした小顔のかっこいいわんちゃんが来てくれました。

全体のバランスがよくひきしまったボディは実年齢とは違い、若々しくてステキでした。

美しく可愛らしい奥さんと癒し系のふんわりとした穏やかなご主人のもとで幸せそうなわんちゃんでした。

カウンセリングの後のティータイムでもわんちゃんはご夫婦の表情をじっと見つめたり寝そべったりしていて、コミュニケーションもとてもスムーズでした。

終了後にアンケートをお願いしましたので一部、ご紹介いたします。

アニマルコミュニケーションを受けてみて「満足した」とご回答くださったご夫婦は
「感じたことについて」のスペースに

「今まで声賭けをしていたつもりでも、ちゃんと向き合っていたかと考えるとこの子にとっては満足していなかったのかな、と思いました。」

「もっともっと一緒の時間をとりたいと思いました。
形にとらわれず、素直に表現することの大切さを知ることができました」 長野県・匿名希望

とご記入くださいました。

コミュニケーターが一緒に過ごす時間はわずかなものですがずっとお世話をし、病気になれば病院に走り看病をする・・・。飼い主さんのご苦労や愛情というものはいくら自分が体験していても同じわけではありません。

コミュニケーターができることはただ一つ、気持ちを代わりに伝えることだけです。

お礼を言っていただくたびに『わたしが偉いわけでもコミュニケーションに秀でているわけでもなんでもなく、お客さまの愛情がすべてだ』と、何年やっていても毎回感じます。

そして、「ありがとう」といわれるたびに頂いた言葉で『自分が勘違いし、能力や才能がある特別な存在だと思わない』ようにさらに気を引き締めるよう心がけています。

Aさんご夫婦、B君、雨の中、お越しいただきありがとうございました。たくさんのコミュニケーターのなかから選んでいただけたこと、心より感謝いたします。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/3

エネルギーの世界  癒しと祈り

アニマルコミュニケーションカレッジの学生さん達が1年間の集大成として行なう恒例のフェスティバルが来週の土日(7月12・13日)にあります。

このところ、私自身のお仕事もちょっと忙しかったのでフェスティバルが終わったら実家に帰って、両親を見舞おうと兄に電話をかけてみた。

入院中の母は前月末に一度体調を崩したが再び復活。
食欲が甦り、兄に「病院のご飯は飽きたから寿司買ってきて。」とか「刺身の盛り合わせがいい」とかいいはじめ、それを咀嚼するために病室に歯科医を呼びつけて新しく入れ歯を作ったという。

そして、入れ歯を入れたことで一層、食欲が増し、糖尿病に末期の肝臓がんなど気にもせずガバガハ食べまくっているという…。
 
また、怒られるので黙っていたが毎日の遠隔ヒーリングだけでこんなになるだろうか…。

一方で父はというと食道と胃の縫合が上手く収縮できず食べるとほぼ全て嘔吐するためさらに激ヤセしてしまっている。
あれこれとカロリーを手軽に取れるパック入りの明治乳業のミルクやウィダーインゼリーを渡しても人に用意されたものは気に入らないのか口にしない。というか食べなれたものしか昔から口にしない。
母にエネルギーを吸収されているのか、父は栄養失調でガリガリに痩せて全身に湿疹が出て、兄夫婦は懸命に食べさせようとしているが、恐らくもう本人の身体が受け付けないのだろうと思う。口にいれても拒食症のような状態になってしまったのだと思う。
先日、フラフラと歩いていて自宅の廊下で転び怪我をした。
兄が「毎日、病院に言ってるのだから診てもらうように」と勧めたが断固として言うことを聞かず、痛みに顔をゆがめながら過ごしているらしい。
こういうと、それって認知症の始まりなんじゃないかと言われるが、私の知る限り、そういう人で、昔からそういう父だった。
言わなければ言わないで寂しがりやのクセに、かまうとわずらわしそうにしたり迷惑そうに怒る。

手術をして、生きられるはずの父が食べずに衰弱し、余命宣告を受けた母が入れ歯を新調して食べまくり、治ると信じて前向きにがんばっている。

エネルギーの世界で仕事をしているとはいえ、寿命というものは生きようとする本人の気力と眼には見えない宇宙の神聖なるエネルギーがひとつになったときにものすごい力を発揮し、生命に、考えられないほどの大きな力を与えてくれることを改めて知らされたのでした。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい

2014/7/1

岩合さんの写真展、とか。  日常・あれこれとアニマルコミュニケーション

 先月の末に午前中、2時間ほど時間が空いたので隣町の小海高原美術館で「岩合光昭・ネコライオン」の写真展に行ってきました。8月もやってるんですが先延ばしにすると、時間がなくなって見逃す恐れがあるのでゆっくりは見られないけどとりあえず一度行って置けば安心なので・・・・。小海の美術館に岩合さんの写真展が来るなんて今まではじめてデス。

本当は8月3日のサイン会・トークショーも行きたいけど東京の代表の講演とワークショップがある「癒しフェア」もいけたら行きたいし、どうしようかな・・・。

いつもは岩合さんは長野東急とか東京とかでしか写真展をやらないので小海に来るなんて、しかも結構、不便な場所なのでどうしたのかと思うんですが。

まだ日があるからもう少し先まで保留にしておこう。

それにしてもネコ科の共通点っていうか本当に可愛らしい。
ほしいなぁ、ねこ。

面接官のシュナくんとラーマさんが気にいってくれる子が。




いやいやいや…日曜の夕方の雨は物凄かったですね〜!

土曜日には動物病院でお仕事を終え自己探求の再受講、翌日のアニマルコミュニケーションカレッジを終えて電車に乗ると登戸辺りで窓を叩きつけるような雨が降り始めました。

ホームに到着してドアが開き端の方に降車した人が一瞬でずぶ濡れになっていて、あまりの雨の勢いに悲鳴が聞こえていました。

車窓から見えた空は真っ白で景色は消えていました。

幸いにも傘を持っているときに限って、雨にほとんど濡れることがなく車や電車、建物に入ると雨が降るので小淵沢についたときにはすっかり雨は上がっていました。

次回はフェスティバルです。学生さんたちの一年間の努力の成果が観られる大切な行事です。

楽しみです♪

*高江洲先生のスペシャルアニマルカウンセリングでは月に一度、担当させていただいています。機会がありましたら是非どうぞ♪
クリックすると元のサイズで表示します
「ラーマもスペシャルカウンセリング受けるもんね〜。」


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ