My Yahoo!に追加

2012/4/30

ひとり一個ずつなぁ♪  クリシュナとラーマ

洗濯物を干すためにベランダへ出たら、玄関のチャイムが鳴ったので見つからないようにサンダルを隅に隠して一階に降りた。



用件はすぐに済んだのでベランダへ戻るとシュナとラーマがサンダルの片方ずつをくわえた瞬間だった。



「オレのとラーマのと、ひとり一個ずつなぁ♪」

「うん♪今日はこれであ〜そぼ!っとぉ!シュナくん、ええのん見つけたやん♪」



(はしゃぐ2頭→そして見つかる)


こらぁ!


(サンダルをクチからぽろりと落とす2頭)


「あっ!見つかった!」ギクッ



もぉ〜、油断も隙もないやっちゃなぁ…。



サンダルを取り上げるとおこられることがわかっていたらしく後ろへ避難しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/28

インフルエンザ?  失笑の日々

この数日、微熱程度ながらノドが焼けるように痛く、カラダの節々がちくちくしていた。夜中には鼻が詰まり、呼吸が辛くなるほどで、次に割れるような頭痛に襲われた。


こんなキツいの何年ぶりだろう?



たいていは高熱が数日続けば比較的早くよくなるけれど微熱が続いて、現在は咳がとまらない。



寝ていると余計にしんどく、寝れば寝るだけいくらでも限りなく眠い。



リーディングの仕事を仕上げなければならなかったので仕事をしていたらその間は集中しているせいか鼻づまりも咳も苦にならなかった。


すごく寒かったし周りが暑いと言っているのにひとりだけ厚着をしてガタガタ震えていたり。



連休はそろそろ畑の準備。



ゴールデンウィークは仕事で〜す(T▽T)

2012/4/24


夕ご飯を食べ終えるとシュナくんはすぐに寝てしまう。



私が仕事をしている真横にシュナくんとラーマさんはガラス越しにベランダにいるんだけど、シュナくんが寝てしまうとラーマはいつもひとりでぽつんと座って前の通りを見下ろしている。



こういうとき、ラーマがすごく寂しそうですごく可哀想に思ってしまう。



シュナくんだって眠いし、時には立場が逆転していることもあるからラーマだけ可哀想なわけじゃもちろんないけど。



なのでラーマに少し声をかけたらシュナくんも飛び起きた。



実はシュナくんが一番被害者でお母さんが加害者になってしまった。


おやつと勘違いしてピシッと座りなおしたラーマさんです。。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/23

怒られる  失笑の日々

今日は2ヶ月に一度の管理栄養士さんの面談の日でした。



朝ご飯抜きで血液検査を受けたあと栄養士の先生に会いに行った。


「頑張ってる?今朝体重計った?」


減ったり戻ったりしています…(@_@;)



「じゃあ毎日の食事と時間について教えて?」



朝ごはんは六時過ぎでヨーグルトとハチミツと果物でお昼は…。



「愉意さんはお菓子は食べないの?」



買ってまでは食べないです。寄り合とか貰い物があればたまに食べますけど…あとは無糖炭酸とコーヒーは大量に飲みます。



「運動は?」



犬の散歩くらいです(◎-◎;)



「食事は問題ないんだけどねぇ〜。運動不足かしらねぇ…。あと甘いものは我慢していてたまに食べると普通より吸収しやすいからねぇ…。」



運動ですか…はい…。



管理士の先生はだんだん検査のデータ結果を眺めて、ちょっと険しい表情になりました。


「愉意さんねぇ、あなた、もう間食やめなさい。もう、痩せるまで一切甘いものは食べちゃダメっ!酢こんぶ噛ってなさいっ」



…あ…酢こんぶ…?



「いい?次の面談まで絶対ダメよっ。ハチミツもダメッ。オリゴ糖にしなさい。痩せるまでダメよっ!わかった!?」



(@△@;)だ…だめなのぉ〜?



厳しいなぁ。LDLコレステロールも下がったし数値はずいぶん下がったんだけどなぁ…。



体重ってこの年になると下がらないんだよなぁ。



今日は管理士さんに怒られた…初めてのときは和菓子くらいならいいよって言ってくれたのに…。



2ヶ月間…一切ダメッ!て。



そう言われるとすごくエンゼルクリームが食べたくなった…。



…約束がどうか守れますように…。

2012/4/22

家電新製品を使いこなせない家族  失笑の日々

いやぁ、最近の洗濯機というものは静かなもんですねぇ。



昨日は明け方前に自宅を飛び出したもんで前日の夜にお洗濯をしたのですが、本当に洗濯が出来ているのかというほど静かにお仕事してくれました。



家電リサイクル法に基づいて相性のわるいヤマダ電機の配送の兄さん方に連れていかれた旧洗濯機は、脱水が始まると少しずつ風呂場を覗く趣味があったらしく、浴室のドア側に移動していたので、どこで道路工事をしているのかと思うくらいうるさかった。



あんなになるまで使ったこっちもこっちなんだけど、とにかく今度の洗濯機があまりにおとなしく水の流れる音しかしない。



でも、届いてから設置し、作動テストをして説明を聞いても、あまりにスイッチから洗濯が始まるまで手順が多すぎて…(◎-◎;)



姑は83歳になるけれど洗濯だけは自分でやりたいという人だから一応説明はしたが



「…おっかなくってわからねぇ…どうすりゃいいだ…(@_@;)」



と、凍り付いて洗濯をしようとしない。



一方、旦那は今まで自分で洗濯することなんてなかったのに



「オレ、明日自分でやってみようかな♪」



と言ったので説明はしたけれどいまいちドアをどのボタンで開けるのか何度も聞いてきた。



うーん( ̄〜 ̄;)
取説なんかどうせ読まないに決まってるし…。



他人に見られるわけじゃないからとりあえず手順を貼り紙しておこう。



浴室のドアに、まず、おおまかな流れを書いて一枚貼る。



洗濯機本体にも小さなメモで手順ごとに番号を書いて貼る。




ひぇ〜。
真新しい洗濯機にメモだらけ。ぷふふっ




ついでに天ぷら油や農作業の時に衣類に灯油がついたものを乾燥させると火災の恐れがあることと、乾燥機を使用したときは衣類に高熱が保たれてしまい発火しやすくなるから、そのまま放置せず早めに取り出すことを伝えて二人をビビらせてやった。(←こういう事故は実際にあるそうです)



姑は
「そのボタンはさわらねぇ!オラは洗って絞るだけでいいだから。おっかなくって触れねぇ!暖房で乾くから部屋に干す!絶対さわらねぇ!」



と素直に聞いていた。


旦那も先日の「ラーマさん投薬事件」を起こしたばかりなので眼を真ん丸にして真剣に話を聞いていた。




…乾燥機は梅雨の時期まで私も使わないです…。

2012/4/21

オトコゴコロ  クリシュナとラーマ

先日の投薬ミスでラーマを受診させるため病院に連れていくと
珍しく本院から女性獣医師が来ていて分院の院長と二人で診察と狂犬病ワクチンを打ってくれた。



初めての人には警戒すると言われるボーダーだけどラーマさんはおかまいなしに女性獣医師にすぐににじり寄った。



他に患畜さんがいなかったのでリードをはずしつ院内で好き放題に暴れナデナデしてもらったがそのうちやっぱり若い女子がいいと思ったらしく三人組のミニスカートの制服を着た女子高生を見つけるとすばやい反応を示した。



ラーマは甘えた高い音で「くるるるるん」とノドを鳴らし、シュナくんは露骨にキュウンキュウンと鳴いた。



するとしゃがんで相手をしていてくれた女性獣医師が



「すごいですね。この反応。しかも真ん中の一番脚がスラッときれいな一番かわいい女の子を見てましたよ。」


とシュナくんの面食いと女性好きを
「すごい」
と何度もほめてくれた。



このあと外を通るおばさんが手を振ってくれたりしたけれど反応が鈍くますます女子高生好きを裏付ける結果となった。



本当にオトコゴコロというものは…,

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/20

お母さん、ちょっと!  クリシュナとラーマ

朝ごはんのあとベランダでシュナくんが何度も私の顔を見てはうろうろするので


シュナくん、どうしたの


と聞くと


「またラーマがこっち来れなくなった」


と言うので覗いてみると30センチ程度の高さのバケツが並べてあるところを飛び越えられず立ち往生していた。



ラーマは子犬のころから高さのあるものを越えられない。



ラーマぁ、大丈夫だからこっちおいで。
そっちに行くのはできたんでしょ?


と呼ぶと


「でも怖くてだめ。」



どうやらシュナくんにつられて飛び越えたから先にシュナくんが飛び越えたら再び戻ってこられるのかと思ったら、右ハンドルと左ハンドルの違いみたいな感覚だと教えてくれた。
つまり景色がラーマの飛び越えやすい景色ではない。
なんでもシュナくんのマネするからね(*´∀`*)



なるほどなぁ、と思いました。
ききて側みたいなものですね。



何か集中するものがあれば飛び越えられる。


名前を呼びながらおやつを見せると鼻を鳴らしながら最初はうろうろしていたけれどしばらく待ってあげると一番低いバケツを飛び越えてようやくやってきた。


出来たね、ラーマ。越えられたね。偉いね!すごい!


ラーマさん大喜びでした。




でも…おやつがないと越えられないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/19

びっくりマークの標識  自然のチカラ♪

先日、つい最近開通した新道を走っていたらスリップ事故注意の標識と別にびっくりマークの標識を見つけた。


びっくりマークの標識は以前、テレビで

「予測のできない何か」

が起きる標識で霊障を含めて、非常に数少ない標識ですと言っていたのを聞いたことがある。



その場所ではないけれど少し手前に離れた場所のカーブで、以前、古いようなベージュの作業着みたいな開襟シャツを着て一点をじっと見つめる男性の上半身をみた事があって、もしかしたらそのことかなぁ?と思うんですが。


でもまぁ、どこの場所でも人が亡くなる事故や事件は長い歴史の中でたくさんあったわけだからどこにどんなものが見えてもおかしくないんですけどね。



でも…びっくりマークはドキッとしますよ。



気をつけましょ

いろんなことに。

2012/4/19

壊れた  失笑の日々

とうとう洗濯機が壊れました。



自宅をやり直すときに買ったから13年くらい。


冷蔵庫が冷凍室から水漏れしていてどっちが先に往ってしまうかと思っていましたが、やはり猫の毛がついた洗濯物や犬の毛がついたりした洗濯物を洗うからなのか?



でもまぁ洗濯機に13年も頑張ってもらったんだからもう十分ですね。


この数日、お風呂場で残り湯を使って手洗いしました。



すごく寒かったし、時間がかかってベランダに干すと水がぽたぽた落ちました。



ラーマが一滴ごとに眼で追うのでまるで頷いているようで可愛かった(*´∀`*)



洗濯機は明日、やっと新しいものが届きます。



なんと人生初の乾燥機付き゜+。(*′∇`)。+゜



また支払いに追われます(笑)

2012/4/17

やっぱりその程度  失笑の日々

日曜月曜とアニマルコミュニケーションカレッジの授業とミーティングに出ていたのでホテル泊りでした。



早朝に旦那から「ラーマがまたシヤワーヘッドを噛んで壊した」とメールが入った。



シヤワーヘッドを?


おかしい。シヤワーヘッドなんてホースの外につけているからラーマが噛るはずがない。多分、旦那が水道を使った際にシヤワーヘッドをベランダに出しっぱなしにしたからに違いない。



ラーマさんにはお薬を飲ませなければならなかったので留守中に二種類のお薬をひとつずつ、計二粒を朝ごはんと夕ご飯のときに食べさせてくださいとメモをつけておきました。



つまり朝ごはんと夕御飯で二粒ずつそれぞれ二種類の薬がラーマの体内に納まる形になるということです。
つまりどちらか片方が多かったり少なかったりする場合は与え間違いということになります。



帰宅してシュナくんとラーマさんにご飯を食べさせようと薬を見ると



え?
一種類しか残っていない。なんで?どういうこと?



旦那にすぐにメールした。



薬が一種類しか残っていないけどどうして?



しばらく待ってみたが返事が返ってこない。


ラーマが〜を壊したとかうんちがどうだのということはやたらメールして批判ばかりしているくせにこういうときには返事をよこさない。



夕方帰宅してようやく「なんか間違ってた?3錠ずつ食べさせたけど」




「3錠!?なんで3錠も飲ませたん!死ぬよっ!」(ぬぁにぃ?紙に書いといたこと読んどらんのか!)



食事の支度をしながら包丁をもっているとブチ切れて刺しそうになる。



「え〜オレ間違ってた?」



…頼む方が悪いんだよな(おんなじ目にあわしてやろうか?)

我慢、がまん、ガマン、我慢、がまん、ガマン

切れそう、あたし。



あんなに細かく紙に書いておいても出来なかった?

ううん、この人に頼んだわたしがやっぱり間違ってた。それでもあまりにも不注意すぎる。



獣医さんに電話をしてどうしたらいいか聞いてみた。
すると
「…ええっ!あれを全部飲ませたのっ!なんか症状出てる?出たらすぐ連れてきて。特に大丈夫そうなら明日の朝ラーマ連れて来てくれる?」



と言われた。




薬を3錠ずつ飲まされたラーマは下痢をした。症状はうんちがやわやわだったことだけだったけど。



本当は思い切り文句を言いたかった。
不注意すぎることを思い切り責めてやりたかった。



だけど私だって自分が完璧だなんて思わないし、私に出来ないことや苦手なこともたくさんある。

夫婦ってそういうもんなんだと思う。





最近とくに自分がバカだなぁと思うことがたくさんあってバカが頭のいい人を選べるわけがないとようやく気づいたわたし。






今日は朝からラーマとシュナくんと一緒に病院へ。



とりあえず薬の成分が効きすぎるため早く体外に出したいということでお水をなるべく飲ませようと思います。


薬を不注意で飲ませ過ぎた旦那にはなぜこの程度のことができないのかとほんっとに腹立たしく思う。
でも、こういう失敗があまりにもしょっちゅうすぎて…。わかってはいたんだけどこれくらいは出来ると思ったから…。



責めちゃいけない。
怒ってもどうしようもない。





結婚するときに私は自分より頭のいい人を願った。もし子どもが出来たとき少しでもあたまのいい遺伝子を残さなければ私と同じレベルではダメだと思ったからです。



でもあたまのいい人はやっぱりあたまのいい人が結婚したほうがいいんだ、と思う。



あたまのいい人はもともとあたまのいい人同士が出会うんたから私が願っても私よりちょっとだけ頭のいい人と出会えている程度。
レベルはそのくらいだと思う。



でも〜すっごくストレスがたまるんですよね〜!

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ