My Yahoo!に追加

2008/6/30


六月はものすごく忙しかった。一日の実家の日帰り告別式。仕事は翌日早朝からで親戚の法事にお通夜と告別式とまた法事。文書作成とまた葬儀、カレッジの日帰りに初七日、お隣りの出産祝い、家業の畑仕事…。無茶苦茶だった。

寝不足と疲労の両方が重なり、寝ても疲れがとれず。葬式多すぎです(ToT)

もうヘロヘロやん、あたし…。

今朝は起きた瞬間から眠かった。
仕事も手につかないくらいのだるさに負けて5時に起床後、家事を済ませて横になったらそのまま昼過ぎまで爆睡(苦笑)

ようやくなんとか昼過ぎから仕事をしました。

寝過ぎて眠い、腰が痛い。
はなには申し訳ないけど今日はほとんど話もできなかった。ごめんなぁ…。

明日は一緒に山へ行こうな。

2008/6/29


龍之介は頑固な便秘の持ち主。
先月、乳酸菌の精製エキス(ペット用)のサンプルを某メーカーから送っていただいたんだけど最初は水に混ぜても平気で飲んでくれた。

それが…最近は「悪いけどやっぱりこの水は飲めない」と言った。

何度か話し合って説得はしたけれどイヤだと思って飲まれても精神的にストレスを感じているなら、それは身体に悪いと私は思う。

例えば、闘病中で主治医の指導によりそれを服用・摂取しなければ悪化するであるとか生命に影響する場合なら生きる希望を本人が無くさないかぎり、なんとしても飲んでもらうように説得したり強制給餌もおこなうけれど今回は私が試してみたかったのでやったこと。

だから龍之介がイヤだと思うならそれは中止してほかの方法を探す方がいいと思う。

すごく親切に「飲んでくれるかどうかが問題なんですよねぇ。」と丁寧な応対をしてくださって快くサンプルを提供してくださったメーカー担当者さんには本当に申し訳ないのですが…。

クロレラもストルバイトに影響したし…ファイバーもイヤになった…。ヒーリングも単にエネルギーを詰め込むと逆効果で悪いエネルギーはかなり抜いたんだけど…あとはエネルギーの調整とオーラを整えること…。オーラをきれいに浄化すること。過去世の悪い記憶を癒すこと…。

龍之介が快適に余生を過ごせることを願って諦めずに別の方法を探してみよう!龍ちゃんのスルッとウンチのために!
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/29


またまた先生が夢に出てくださいました(^^)v

夢の中では授業をしていただいて私の隣にはY・Sさんが座っていて一緒に授業を受けていました。

結構、夢の中の割にはリアルで、お臍も圧してもらったし、その感触は残っています。

この数カ月は夢には出てくれなくて(以前は比較的頻繁に出た…)別に気にもしなかったんだけど、久しぶりに夢の中で指導していただきすごく得した気分(でもあまり覚えていない…)

昨夜は激しい雨でした。はなは相変わらずのニコニコです。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/28


アニマルコミュニケーションもヒーリングも、急に、「あ!そうか!そういうことか!」みたいにフッと沸き上がるような感覚があって、そういう時って、山に入って森の中にいるときや千曲川の川辺でせせらぎを聞いているときがほとんど。

もともとは海の近くに育ったので海の方が好きなんだけど、山の暮らしを選んだ?のはシャーマンだった時代の記憶がそれを求めたからだそうで。

フッと沸き上がる感覚っていうのは教えてもらったことを今までそのままやってきたけれど、なぜそうしなければいけないのかっていうことや、そうすることによってこんな風になるんだよっていうことみたいなのが、わかる…みたいな感じ。

それって、自然霊や精霊が教えてくれているような気がします。以前、戸隠に行ったとき山道で背中にストンと何かが落ちたことがあってその時は一月くらい不思議な感覚が続いていました。

戸隠って結構、強烈なスピリチュアルスポットなのでホントはもっと行って、たくさんのパワーを受けたいんですが…。

「はなも八ケ岳のエネルギーをもらってん。だからはなは元気やねん♪」
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/27

見えないチカラ  アニマルコミュニケーション

先日の「猫の挨拶」のなかに書いた納柩のときのこと。さびねこちゃんと会話をかわし、火葬に向かうとき、右後頭部をガシッと何かにつかまれた。巨大な甲虫の足で抑えられた感じや巨大なタランチュラがつかまっている感じ。

虫と判断したら次は刺すか否か?

触るのも怖いので後ろにいた人たちを振り返って反応を見たが、異常なし。
気のせいか?と触ろうとしたら今度は髪をかきわけて髪の中に潜り込んでくる感じ…。こうなると触れなくて頭を振りました。

周囲では『なに?この人…』みたいだったけどとにかく怖かった。

その話を昨夜、夫にしたら「俺さ…あの納柩の時に何かが前を横切ったんだ」と言いました。

荒縄で腰を締めていなかったら連れて行かれる…本当なのかもしれないって思った。

ちょっとドキドキしました。

2008/6/26


フィラリアの血液検査に行ってきました。

陰性でとりあえずひと安心。

カルメドッグはジャーキーなみにおいしいらしく先生に食べさせてもらって大満足でした。
昔は錠剤飲ますのに苦労しましたからね。

「また病院におやつを食べに行くねん♪耳そうじも爪切りも先生やったらやらしてあげるわぁ。」
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/25


先日、blogに書きましたが昨日、故・舅の従姉妹のご主人の告別式がありました。

このあたりは日蓮宗が多く、宗派によるのかどうかわからないんですが納柩のさいに「一緒につれていかれないように」荒縄で腰を縛り、襟足に三角の紙をはさみます。私もこれまで何度もやってきたので、親戚の奥さんに手を借りたりしながら着けていました。

すると、となりのお家のさびねこちゃんがいつもと様子の違う隣家の気配に気付いたらしく座敷に上がってきました。

お目目を真ん丸にして尻尾はピンとまっすぐに、ヒゲは前を向けて…。

『今日はなんなの〜?』

猫の挨拶です。

「いつも遊びに来ていたの?」と聞くと

『うん。あたしの遊び場なの』と答えてくれました。
「…残念だけどここのおじいさん、天国に行ったよ」と伝えるとさびねこちゃんはしばらく縁側で中の様子をうかがっていました
『おじいさんによく撫でてもらった』ことや…

『たくさんの庭木や草花の中でおじいさんの薪割りの音を聞いて昼寝をした』こと…

『寄りあいのときに残ったお刺身を食べさせてくれた』こと…を教えてくれました。

『おじいさんにもう会えないんだね…。でもお庭はあたしがパトロールしてあげるから大丈夫よ。ばいばい、おじいさん。あたしのこと好きでいてくれてありがとう。』

さびねこちゃんはお家へ帰っていきました。

時には厳しい言葉で叱ることもあったけど歴史と古文書の解読を仕事とし、植物を愛し、聞いたことはほぼなんでも答えてくれる博学で研究熱心な、そしてお湯割の焼酎があればそれだけでご機嫌な人でした。

いつもバイクにまたがり颯爽と走っていました。

「僕ぁね、妻が大好きなんですよ」

酔うとニコニコしながらよくそんなことを口にしていました。

享年80歳。

八ヶ月の闘病生活、お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

合掌。

2008/6/23



今朝、靴をはこうと思ったら靴の中にうんちがしてあった。

誰っ!?

すぐにうんちと気付いたけど。

誰がこんなことを…。

あたし…家族に嫌われてるの…?

2008/6/22


動物のヒーリングをやっていると最近、自分が眠くなるときがある。

ヒーリングにもいろんなやり方があって先生も様々だと思うんだけど、実際に人のボディにさわって行うって結構、肉体労働。
ただ、そっと手をそえるだけのものもあれば、そうじゃないのもあるんだな〜。

ヒーリングカレッジ。
今日のあたしは地球と繋がった。

大地と一体化したら自分の身体が土に溶け込んだ。

暖かくてしあわせだった。

メニューいろいろ。
盛り沢山。

さっ!ヒーリング準備始めよっと。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/22

いやいやすごい雨でした  アニマルコミュニケーション

すごい雨でした。蒸し暑さと雨の音があまりに激しく眠れませんでした。

今日は親戚の法事とお通夜とヒーリングカレッジが重なりました。

夫は法事で私はカレッジ。お通夜は帰宅してヒーリングをしたあと向かいます。

告別式は明後日に。

今日のカレッジはやや早退。

平均月一のお葬式と法事があり、田舎の事情を知らないと「また?」って思われがちですがサラリーマンの有給休暇はほとんどこんな風に消化されてます。

夏場は特にクーラーや扇風機も置いていない長野県の民家。

この時期のお通夜は無風で虫だらけ、人の熱気でしかも炊きだしもあります。

この湿度…冷えのぼせの激しい私にはツライっす(;_;)
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ