My Yahoo!に追加

2006/12/24

メリークリスマス♪  アニマルコミュニケーション

今日はクリスマスイヴですね〜。クリスマスだからといって特別なことをするわけではありませんが、はなはチキンの水煮を食べました♪

大掃除がなかなか片付かず、まだまだワックスがけも残っています。あと少し頑張ろう!

来年も皆さんのワンコ・ニャンコさんと共によい一年を迎えられることを願っています。
…よいお年を。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/12/18

あと二週間で今年も終わり…  アニマルコミュニケーション

年内にご予約いただいたアニマルコミュニケーションもそろそろ終わります。
ワンちゃん、猫ちゃん、うさぎさん、ハムスターさん、にわとりさん、ろばさん、そして、やぎさん、牛さん。
また動物園でお話してくれたたくさんの動物さんたち…。今年も本当に楽しい時間をたくさん過ごすことができました。

今年は気温が高く、雨が多かった長野県。今日は少し雪が降りました。
屋外で寒くて体を寄せあうノラさんたちや野性動物たち…。今年もあと二週間です。どうか、どうか、無事に年を越せますように。 飢えや寒さ、虐待や病気、すべての恐怖から動物さんたちがまもられることを願います。

2006/12/14

アニマルコミュニケーターについてA  アニマルコミュニケーション

先日の記事にアニマルコミュニケーションの学習方法やCDについて少し書かせていただきました。その件について「CDの買い方」や「どこのものがいいか」などのお問い合わせをいただいています。
現在、アニマルコミュニケーションを含めて、瞑想するCDなどはたくさん売られています。値段は音楽CDなどと同じくらいの物から、高価なものもあります。高いからいいとか、安いからダメということはありません。(中古のCDショップの棚で見掛けたこともありました。)
本に付録でついてくるものもありますし、受講する前に自宅で練習し、あらかじめ勉強してから受講するもの…。それぞれ購入する方法はインターネットなどで検索することができます。
これを使えば必ずアニマルコミュニケーションができる、瞑想で見えないものが見えるようになる、ということはありません。
個別に、どれがいいか、これはだめです、といったこともできません。私自身もいろんなものを試しましたが、感じ方も進み方も人によります。
ご自身で探して試すのがよいのではないかと思います。
※メールをいただいた皆さんには申し訳ありませんがお一人お一人に、この内容でお返しすることができないのでこちらの記事でお返事を書かせていただきました。ご参考になるかどうかわかりませんが、どうぞご了承下さい。

2006/12/11

アニマルコミュニケーションについて  アニマルコミュニケーション

最近、メッセージボックスに「アニマルコミュニケーターになるにはどうすればいいのですか」という質問を頂きます。アニマルコミュニケーションは一定の期間、通って受講するものと、数日の講演に参加して勉強するもの、CDを使って自宅で学習するものなどがあります。私は通って受講するものと自分で様々なCDなど組み合わせて現在、アニマルコミュニケーションを繰り返し勉強を続けています。どれがいいとかいうことはできませんし、勉強したからといって、それだけではアニマルコミュニケーションはできないのではないか、と、思います。

繰り返し繰り返し自分で練習し、苦手な分野をみつけてクリアしていくこと。決して当たるも八卦・当たらぬも八卦ではありません。何事もそうですが、向き合って、感じて読み取る事が大切だと思います。内容も日々新しいものに進歩していますので勉強したからといってそのままではありません。ずっと勉強は続きます。
きっかけは、アニマルコミュニケーションでも、他のことでも同じですが、まず始めてみること。大切なのは自分が「好き」で「本気でやりたいかどうか」だと思います。

2006/12/10

ガンバレ、介助犬!  アニマルコミュニケーション

助手席にはなを乗せて、買い物に出掛けた。大掃除の洗剤を探していると、足元にパチパチと何かがあたる。振り向くと私の反対側に背中をむけて車椅子の男性が介助犬を連れて買い物に来ていた。足元をパチパチするのは介助犬の尻尾だった。車椅子の男性は少し高い棚からハブラシを取ろうとしていたのだがワンコにも届かず、そのうちにまわりの商品が棚から落ちたらしい。車椅子の下に落ちたものを拾いたいが車椅子がまわれない通路の狭さ。お店の人が見当たらず困っている様子なので床に陳列された商品を撤去し、車椅子を動かして商品をもとに戻した。介助犬はその間、歯磨き粉の箱をくわえて男性に渡し、懸命に働いている。(かなりヨダレもついてましたが<笑)
狭い通路に商品を並べるのは仕方がないかもしれない。でも店には介助犬の入店を認めるステッカーが貼られている。がんばっている介助犬のことは頭にないということだろうか。
お店の人には陳列を動かしたことと、車椅子が通れないことを伝え、店を後にした。車に戻ると、駐車場を出たところを移動中の先程の男性が見えた。段差を引っ張る介助犬。
ガンバレ!君は立派です!その姿を見ていると、つい泣いてしまった。涙以上に、はなに顔をなめられ、ヨダレ臭くなりながら家路を急いだ。

2006/12/1


よく買い物に行く先で、私もはなも苦手な爺さんがいて、その人を見ると憂鬱になる。なるべくいない時間帯を狙うのだけど…。

「あのな、おかあさん。はななぁ、あの爺さん、あかんねん。なんというか、合えへんねん。感じ悪いと思えへんか?」

あの人な〜。別にはなちゃんは車に乗ってるのに、睨むし、『犬を店に入れるじゃねぇぞ!』て言うたもんな。でも、あの店にしか売ってないからしゃあないな。あんなタイプは嫌いなん?

「うん…あんな感じの人には飼われたくないねん。」
どんな人がええのん?おかあさんは、どうやろ?失格か?

「あのな、毎日、お肉たべさせてくれてドライブしてアイス買ってくれる人がいい飼い主やと思う!
でも、おかあさんもナカナカ、よぉ頑張ってると思うで〜!」
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ