2006/12/24

救急車を呼んだクリスマスイブ  Zovkoおばちゃん

ゾフコおばちゃんの異変に気付いたのは昼の3時、ごちそうの準備がもうすぐ終わる頃だった。メディチおばちゃんと3人で正午からサルマを作り、ポテト、豚に七面鳥、手作りのパンとチーズケーキを次々にオーブンで焼き、仕上がるのを待っていた。

一足先に3人でシュナップス(アルコールのきつい蒸留酒)を飲み、話をしていた。でも私とメディチおばちゃんで話しかけてもゾフコおばちゃんの反応があまりない。目の前にいるのに聞こえてないみたい。顔が赤い。お酒のせい?
「ねぇ、ほら今『シシィ(エリザベートの映画)』やってるよ、ゾフコおばちゃん」
「・・・・・・」
テレビ画面は見てるけど何の反応もない。返事もしない。 ついさっきまでいつもどおり大きな声でしゃべって笑ってたのに… キッチンに行ってメディチおばちゃんにそのことを言う。彼女もゾフコさんの異変に気付いていた。 私が朝10時半に一緒に2人で遅い朝食をとった時、ゾフコおばちゃんは血糖値を計って確かにインスリン注射をしていた。このとき血糖値は113で問題は無し。 

部屋に行くとおばちゃんの状態はさらに悪化していた。話しかけても答えない上私の存在すらわかっていない???
「おばちゃん! 今すぐに血糖値計って!」 急いでいつも使っている測定器を渡す。
でもおばちゃんはいつも自動的にやっていることをしようとしない。むしろ今初めてそういう機械を見たかのように、扱い方が全く分からない様子。 メディチおばちゃんが砂糖飴を急いでゾフコおばちゃんに食べさせようとする。けど、今度はそれがまた食べ物かどうかも分からずしばらく眺めているおばちゃん。
「食べるんだよ!今すぐお願いだから食べて!!!」 メディチおばちゃんは今にも泣きそうだった。 やっと飴を食べてくれたけど状態は変わらない。私たちが必死に話しかけても言葉が分からないみたいにゾフコおばちゃんは座って空中を見つめるだけ。

メディチおばちゃがインスリンの注射を持ち出す。でも血糖値が低いか高いか分からない状況ではインスリンを打つことも砂糖をさらにあげていいのかもわからない。本人が決めるべき決断を私たちがするのはもっと危険だと思った。それこそ間違った判断でさらに状況が悪化するかもしれない… 私はいつも隣にはいるけど機械の扱い方や、注射の打ち方を知らないし… なんで今までこういう状況に万が一なったときの処置をおばちゃんから聞いておかなかったんだろう!

ゾフコおばちゃんが死んじゃう!!!

本気でそう思った。おばちゃんが死んじゃうよ…

救急車を呼ぶしかない!それ以外考えられなかった。受話器を持つ手が震えた。冷静に話すとか無理だった。メディチおばちゃんはもう半狂乱という感じだったし、私もゾフコおばちゃんが今ほぼ意識不明の状態であることにパニックだったから。とにかく今すぐ来てください!助けて!って言ったと思う。

10分後に救急隊員がかけつけるまでもう本当に神に祈るしかなかった。ゾフコおばちゃんを抱きしめて(お願いだから死なないで!)って… 救急隊員が血糖値を測定。39。大至急点滴。その間隊員に状況説明。昨日の様子、今朝の血糖値の数値、食べたものを分かる限り話す。 飴を食べたのと点滴のおかげでおばちゃんは徐々に意識を取り戻して受け答えができるようになってきた。さらに半時間後、すっかり彼女は回復。しかしそれまでの数時間のことを全く覚えていなかった。そう記憶喪失。

間違った自己判断をすること。それが自らインスリンを投与したり糖を取り入れたりして血糖値をコントロールしなければならない糖尿病患者の危惧すべき点だと救急隊員が説明してくれた。食事をする前にお酒を飲んだこともやはり関係があるらしい。お酒は患者の血糖値を下げる働きをするため。 とにかく入院などする必要はないが、クリスマス明けにすぐかかりつけの医者に行くようにゾフコおばちゃんは言われた。

イブの日にかけつけてくれた5人の救急隊員に本当に、心から感謝している。彼らがいなかったら…  今晩は心配だからとメディチおばちゃんが隣の部屋でゾフコおばちゃんと一緒に寝ている。明日また3人でクリスマスを迎え、お祝いできること。それが今は奇跡のように思える。
3

2006/11/24

サルから人間進化論に異議!  Zovkoおばちゃん

ゾフコおばちゃんは思い込みが激しい。私もたいがいやけど。おばちゃんと色んなおしゃべりをするけど聞いてて(それはちょっと・・・)ってことが非常によくある。言ってることもコロコロ変わって、(前おばちゃん反対のこと言うてたやん!)って突っ込みたくなる。

Zovko「マサミ、ハーフェンを知っているか?」
私(Hafen? 港が何?)
しかし聞いてるとそれは動物で、人間とハーフェンの関係を学校で習ったか?って・・・
Hafen・・・ おばちゃんもしかしてAffen(アッフェン)サルのこと言ってんか?! おばちゃんはたまにクロアチア語で単語を言ったり、普通につづり間違いのドイツ語を言うから推測するのがちょっと大変。 サルね。で、人間とサルがどした?

Z 「よくお聞き。人間はサルから進化したんじゃないんだよ!
私(えーーーーーー!!! またおばちゃん何言うてんの?! ^^;) 
ある程度のことなら私もそうやねぇーって流せるけどこれはちょっと待った!でしょ?
なんでさー?!

今から20年前のこと。おばちゃんはあるテレビドキュメンタリーを見た。かつてこういう実験が実際にあったらしい。【人間の精子と卵子を人工授精させたものを母ザルの卵巣にいれて人間の赤ちゃんが生まれるか?】母ザルから生まれたのは、顔は少し人間らしかったけど、結局サルの赤ちゃんだった。その赤ちゃんザルが大人になったらまた同じことをする。そうして続けられた実験10年後、やはりサルからはサルしか生まれなかった。 その後生命倫理の問題からこの実験は禁じられ、番組も永久お蔵入りとなったそう。

実験結果がそうでも事実人間はサルから進化したんやってば! 人間の進化論、知ってるだけ私も話す。明らかな事実なんやからなんとしても説得しなきゃ。

激しい討論。おばちゃんは真剣に神様が地球上に人間を創造して、サルは神によってまた別に創られたって言う。カトリックのバイブルで読んだらしい。(でもおばちゃん宗教信じてへんのに!) 宗教ではそういう教えになってるだけで実際は…って延々。

しかしまだおばちゃんの反論
Z 「じゃあWilhelma動物園のサルはこれから進化して人間になるのか?」
私「えっ、あのサルたち?…」 (それは…ならんよな… いや、いつかなるんか???)
Z 「何百年前に起こった進化はどうして今サルには起こらないの?チンパンジーやゴリラは昔も今もそのままじゃない」

うーん、確かに… なんか混乱して私も訳が分からない。あーもぅっ、今目の前にネアンデルタール人でもいてくれたらいいのに! ゾフコおばちゃん頑固やし絶対納得してない。彼女は小さかったころ戦争で学校に行けなかったから本当に事実を知らないんよね。大昔の人々に地球が丸いってことや地球が太陽の周りを回っているのを証明するみたい。私の知識があいまいなんとドイツ語でおばちゃんが納得できるよう説明できなかったから完敗。ただでさえおばちゃんに反論して勝つことは難しいのに。 なんて言ったら納得してくれるんやろ?誰か助けてー
2

2006/11/1

スモウに大興奮のおばちゃん  Zovkoおばちゃん

私の住んでいるバーデンビュルテンベルク州は今日はAllerheiligentagという祝日。
ドイツでは州ごとに祝日が違うからなんかちょっと得な気分☆(そのかわり他の日が他州は休みなんだろうけど) 日本のお盆にあたるようなものらしい。

もうたぶん一週間以上買い物に行ってない。なぜならメッセや工房でずっと働いて、帰ってきたときにはお店が閉まってる、もしくはやる気がないから。久しぶりにゆっくりできるお休みの日。でも買い物したくても日曜祝日は店が閉まっている。

何を食べよう。さすがにわかめスープは飽きた。(←親が日本から大量に送ってきた)
そこにゾフコおばちゃん登場。 なんとなく予想はしてたけどお休みの日はたいがいおばちゃんの作ったお昼ご飯に呼んでもらう。ラッキー☆ ほんと感謝してます

クリックすると元のサイズで表示します
ついに全貌を現したゾフコおばちゃん(笑)!右の赤でコーディネートされた服を着てるほう。 左のショートカットの人がコーヒー占いをしてくれるメディチおばちゃん。二人ともなかなかごつい(笑)
二人は『ウシュティプチ』という小麦粉・玉子・塩・イースト・シュナップスを混ぜ合わせて揚げた甘くないドーナツみたいなのを作ってます。これは別名『ペクシメティ』とも言うらしいけど、どちらも何度聞いても覚えられない。ついにメモった。

いつも作りすぎるおばちゃん。小麦粉でお腹一杯(苦)
EURO SPORTというスポーツのみを放送する局を見ていると、日本の大相撲秋場所をやっていた。そう、ドイツにいても見れるんです!しかもドイツ語の実況付き!!! 聞いてると“○○○ Kachikoshi!”とか言ってて、勝ち越しって聞いてドイツ人わからんやろ!って思った。 
おばちゃん二人はこの裸でdickな(太った)男たちがぶつかり合うスモウが大好き♪そして観ながら大興奮(笑)

毎回説明してるけど今日もスモウについて質問攻めにあう。
「何sあるんだこの人は?」 (ゾフコおばちゃん1.5人分くらいかな)
「なんで戦う前に胸やお尻をたたくんだ?」 (叩きたい気分なんよ)
「試合中パンツ(まわしのことね)が取れることはあるのか?」
(そりゃ今まであったかもしれないけど・・・ ってか知らないよ!笑)


0

2006/10/23

コーヒー占い  Zovkoおばちゃん

カテゴリーはゾフコおばちゃんだけど今日はその義理の妹、メディチおばちゃんのこと。
コーヒー占いって知ってますか?メディチおばちゃんがこれでこれからあることとかずばり当てちゃうんです!

たまに飲むセルビアのコーヒー。メディチおばちゃんが故郷に帰ったときにいつも買ってくるもので、味・香り・コクがどれも◎!トルコ風のコーヒーならどれもそうらしいけど、ろ過せずに上澄みの分を飲んでカップ底にコーヒー粉が溜まるので、これを利用します。

おいしくコーヒーを頂いたらカップをくるっと引っくり返し待つこと数分。
再び上に向けるとコーヒー粉の流れで模様のようなものができます↓↓↓

クリックすると元のサイズで表示します
この模様からメディチおばちゃんは何かを読み取ってコーヒー占いなるものをいつもしてくれます。 これが意外に当たるんよねー すごい不思議。
ちなみに右が私のコーヒーカップ。

私のカップを見たメディチおばちゃんの予言
@近々旅行に行く
A手紙と贈り物をもらう

私おばちゃんには言わなかったけど、2点とも当たっています!11月に行かなきゃいけないところがあって、交通費がどうせかかるのでまた8月のようにジャーマンレイルパスを買ってどこかもついでに回ろうと計画中。 手紙と贈り物はすでに1週間ほで前にブレーメンに住む友達からもらいました。でも、もうすぐうちの両親が日本から贈り物をすると言っていて、これもそのうち届くと思う。 なんでわかっちゃうの?!

今まで言われて一番驚いたのは彼氏と別れたことをズバリ当てられたこと!
「二人の間は物理的なこと以外にも開いてしまってるね 別れたんじゃないの?」
だからなーんーで知ってるのぉー(焦) 言われた時は鳥肌ものだった(笑) 
ほんとこの人ちょっとすごいんですけど。
2

2006/10/12

月に1度の血糖値記録  Zovkoおばちゃん

ゾフコおばちゃんとコーヒータイム。おばちゃんは大家さんとはいえ、とてもフレンドリーな人で、私たち二人は家族のように暮らしている。午後3時すぎに二人とも家にいるときはよく「一緒にお茶しましょう(コーヒーだけど)」って呼んでくれる。

コーヒーを飲んでおしゃべりしながら私はおばちゃんのために血糖値の記録をお医者さんに提出する用のノートに書き写してあげた(おばちゃんは目が悪いので私がいつも助けてあげる)。最初の紹介でもしたようにゾフコおばちゃんは糖尿病持ち。血糖値を定期的に測って、一日3回自分でインスリンの量を調節しながら注射をしないといけない。

「インスリンを打つのを忘れるとすぐに死んじゃうからねー」
ってゾフコおばちゃんは笑いながら言うけど、ほんとに私は心配だよー。毎月私は彼女の血糖値の記録をつけてるんだけど、たまに異常なほど高い数値があったりすると「なに食べたの?!」って聞いてしまう。 逆に測定して血糖値が低すぎるときは、おばちゃんはコーラを飲んだりクッキーを食べたりして正常値になるように自分で調節。いっつも大変だなぁーって思う。 私は未だに注射が大嫌いだから、自分で一日3回も太ももに注射なんか絶対できない!

きっと読んでくださっている皆様が使う機会はほぼないドイツ語
Diabetikerディアベティカー 【医学用語】糖尿病患者
(ちなみにおばちゃんは女性だからDiabetikerin)
私たち二人の間では頻出用語(笑)


ありがたいことにおばちゃんは作りすぎた料理があるとおすそわけしてくれる。
おばちゃんの料理はとってもおいしいから私の密かな楽しみ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クロアチア風ロールキャベツが今日の私の晩御飯♪
ひき肉とごはんが入ってます。(わーい 米だコメ!)
2

2006/10/5

渡独6ヶ月5日目にスタート  Zovkoおばちゃん

いろんな人からブログ作ったらと言われてついに始めることにしました。
このブログのタイトル c/o Zovko は私のアドレスです。
c/oはcare ofの略で手紙を書くときの<〜方>という意味。
つまりこれはZovkoさんとこに同居さしてもらってる私宛ての住所。

おそらくこれからブログを書くにあたって、うちの大家さんZovkoさんは間違いなく!頻出度大★★★★★の人物だから・・・
それでは紹介します。うちの愛すべきパートナーゾフコおばちゃん。

出身:クロアチア
ドイツ在住歴:約40年
家族:息子と娘、孫がクロアチアで暮らしている
口癖:Oh マンマミーア
体格:結構大き目
性格:喜怒哀楽がわかりやすすぎる
やらないと気が済まない事:そうじ とりあえず誰かに電話
やらないといけない事:インスリンを毎日3回打つこと (糖尿病歴7年)
気にしている事:血糖値 (糖尿病歴7年)
気にしてない事:声の大きさ 日曜朝8時に掃除機をガンガンかけること
信じられない事:72歳なのに60くらいに見える若々しさ
もっと信じられない事:その歳で未だに働いてること!

そんなゾフコおばちゃんは、私の隣部屋に住んでる大家さん。
私のドイツ生活において自分のおばあちゃんでもあり、時に何でも話せる友達です。


 

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ