2006/8/12

ついに来た 〜プラハ総集編〜  旅 チェコ編

12日(日)
クルムロフ駅まではかなり急な坂道でキツイ。必死に上っていたら、昨日電車で相席だった3人を前方に発見。声をかけて色々話をする。3人は台湾人だった。プラハからクルムロフに来てこれからはウィーンに行くと言っていたので、ウィーンで買って全く使わなかった地図をあげた。 電車で向かいの席に座ったおばあちゃん。ドイツ−チェコ語の辞書を持っていたので話してみたらウィーンの人!おしゃべりに花咲く。

電車を乗り継ぎついにやってきたチェコの首都プラハ。超観光都市=物価高い=スリ要注意。どこに何があるかはほとんどわかってないが、とにかく財布とパスポートはなんとしても死守しなあかんことは分かる。インフォでホテルを予約するが行って見ると6区でだいぶ遠かった。ま、フロントの人いい感じやしいいか。

プラハってなんか道がくねくね曲がってて感覚がつかみにくい。とにかく1日歩き回る(毎回ありえんほど歩いているけど)

クリックすると元のサイズで表示します
これはチェコで有名なモグラキャラらしい
人に愛想をふりまくこともなく道中に突っ立っていた。なんのためにいるん?

クリックすると元のサイズで表示します
プラハの有名な時計 人だかりができてみんな写真撮ってたから…
プラハガイドブックには必ず紹介されてるでしょう。 私知らへんけど

カレル橋は観光客だけで大渋滞。 物価高すぎなので79ckのケパブの中身みたいなファーストフードで晩ごはんをすます。どうせお金使うなら何か芸術鑑賞。ということで教会コンサートのチケットを買う。(確か400ck?忘れた)

とある教会の中。人は10人もいない。20時、コンサートがいよいよ始まる。
クリックすると元のサイズで表示します
オルガンの音色、トランペット、ソプラノの歌声…
本当にこの世の音楽とは思えない美しさ。 目の前の景色と2階後部からの音楽がまるで頭の上から、天から降ってくるみたいで、私の下手な文章では表現できないほど感動。 心が震えるほど感動したときはやっぱり涙が出るもんだ。 


13日(日)
朝、国立博物館に行く。鉱石と動物の剥製がいっぱい。
クリックすると元のサイズで表示します
マンモスがいた

クリックすると元のサイズで表示します
トラムから偶然見かけた教会 
ベンチに座って眺めながらお昼ご飯。 気持ちいいー!

プラハに来たら絶対行きたかった聖ヴィート教会。
クリックすると元のサイズで表示します
ウィーンがクリムトの街ならプラハはアルフォンス・ミュシャの街
作品は日本のミュシャ展で見たけど彼が手がけたステンドグラスは絶対ここでしか見れない。

クリックすると元のサイズで表示します
Great Towerからのプラハの街並み
こんなに遠くてもカレル橋が人であふれてるのが見えた。恐ろしいとこや

Saarで絵を見ていると隣になんか知ってる顔。
「うわっ!」とお互いに驚いた。プラハに来てるなんて知らなかった!おとといチェスキークルムロフで出会ったO浦君(弟のほう)だった。偶然てほんとある。プラハに来ているとはいえ数ある名所の中で同じタイミングで同じ部屋にいるなんて!クルムロフとは規模も人口密度も比べ物にならないくらいだから余計。(これが運命の出会いってヤツ?!) 兄は一足先にドイツ入りしたらしい。偶然の再会、旅は道ずれ、一緒に晩ごはんを食べに行き、その後マリオネットオペラのチケットを買って観に行った。
クリックすると元のサイズで表示します
初めてのマリオネット劇『Don Giovanni』
あらすじは女好きなドンジョバンニがとにかく女ったらしで最後に天罰がくだって(?)死んじゃうというもの。おもしろかった。 チェコってマリオネットが盛んなのです。世界各国で公演をしているプラハの劇団だけあって本当に人形が生きているみたい。人形劇では日本の文楽が私は一番すごいと思うから、二番目はチェコのマリオネット劇かな。 

O浦君は、チェコのちょっと不気味だけど人間味のあるマリオネットが好きらしく、大学を卒業したらチェコで人形作りを勉強したいと言っていた。
O浦君、お互い夢を叶えるためにがんばろう! いつかまた会う日までさよーならー☆


14日(月)
プラハ中央駅に次の目的地ベルリン行きの切符を買いに行く。2,3度窓口を並びなおさないといけなかった。なんでこんな観光都市の駅窓口なのに英語しゃべれないの?後で気付いた窓口張り紙に“No English!”って… プラハはチェコ人のみ受付の窓口とInternational窓口と分けているようだ。「地球の歩き方」とか持ってたらそういうプチ(だけど重要)情報手に入ったんやろか。

プラハ未開拓の方向へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
シナゴーグを発見 屋根の形が特徴的
明らかに入り口ではない裏口が開いていたので中に入る。でも実はここお金払わないといけないんだって!完全に不法侵入。裏口まで戻るが一瞬のうちに扉を閉められていた!こんなドキドキ体験いらんねんっ どーか声かけられませんように!係員のいる正しい入り口を通過して無事脱出成功(冷や汗)

クリックすると元のサイズで表示します
きれいな庭園を偶然発見したのでここで最後過ごす。庭にクジャクがいた。

クリックすると元のサイズで表示します
チェコ最後の夕方 ホテルに帰る前振り返ると虹が
チェコ、来て本当に良かった
14

2006/8/11

観光都市 〜チェスキークルムロフ〜  旅 チェコ編

チェスキークルムロフに向かうまでの道中。毎回だけどこれが長いんだな。
テルチ。泊まったペンションの陽気なおばちゃんから熱烈なお別れのあいさつ。何を言ってもとにかく“Dobry ドブリー”Good!ドイツ語で言うならPrima!てものすごい笑いながらたたいてくる。関西のオバチャンみたい。 

さて、まずは昨日も乗ったローカル列車でまたKostelcまで戻らんとあかん。これか?!それ行きっぽい列車に乗り発車直前。一応と思い隣の男の子に行き先聞いたら見事に間違ってた(笑) 「あれだよあれ!」 指差された別の列車にダッシュしてぎりぎりセーフ。チェコで鉄道の旅をするときは人に行き先を聞きましょう☆ 

今日行くつもりのチェスキークルムロフはちょっと辺鄙なとこのよう。Ceske Budejovice(正しいチェコ語表記できませんチェスケーブデジョヴィチェ)でさらにローカル線乗り換え。こちらも2車両なのにテルチと違って満席。やっぱりチェコの世界遺産に登録されてるだけに? ところで相席になったのはアジア人女の子2人と男の子1人。たぶん彼らは中国人かな。いつも団体客でしか中国の人を見ないから、若者だけで回ってるなんて珍しい。

到着して私が1番乗りで駅のインフォに行くけど、ここの要領が悪いこと!地図は有料(観光地なら普通そうやけどさ)、おまけにそれにホテル所在地が載ってない!でもって渡されたホテルリストには値段が載ってなくて、どのホテル・ペンションに空室があるかは電話してみないとわからないと言われ… 宿泊施設のアルバム写真(しかも1冊だけ!)見て印象で決めて電話をして 部屋ありません てくじ引きか(怒) インフォスタンドで働いてるならお互いに連絡取りあって空室状況を把握してるもんちゃうの?

2人いるスタッフのうち応対するのは1人だけ。この間宿泊施設を求めて長蛇の列できてます。 私が必要なのは値段と所在地と電話番号。奥でパソコン画面を見ている男の人に聞いたら「そういうのは問い合わせないとわからないよ」 って・・・

あんたの仕事はなんやねん!(爆) 

ホテル・ペンションの値段を書いてないのはシーズンによって宿泊費が変動するかららしい。それなら今のシーズンのを調べとこうよ! 

ここにいても埒があかん!と頭に来た私はクルムロフ情報ゼロでとにかく中心地と思われるほうへ歩き出した。 
いろんなペンション・ホステルを行き当たりばったりで訪れる。最初行ったとこのおばちゃんはこれまたチェコ語しか話せない。満室だったし帰ろうとしたら「ちょっと待ち!知り合いんとこ電話したげるから!」的チェコ語で呼び止められ、電話をかけまくってくれた。が、惨敗。でもその優しさが嬉しかった。やっぱりチェコの人優しいわぁ。 

その後なんとか無事に宿は確保。一泊朝食付き1200ckと高かったけど仕方ない。綺麗で広いし何より湯船があるから風呂代だと思おう。湯船につかるのはこっちに来て初や!

観光客だらけです、街は。私がここにきたのはエゴン・シーレMuseumがあるから。ウィーンで彼の絵を見てすっかりファンになったから。 ただこの時はほとんどの作品がウィーンオーストリアギャラリーの特別展のためここになかった。素描を見る。この人の手の描き方って恐さを少し覚えるような独特さがあって目が釘付けになる。ここで日本人の若い男の子二人と出会う。シーレの絵を見に来た人が他にもいるんやと思い、声をかけた。二人は兄弟で兄はベルギーを経て現在フランスのデザイン学校に留学中、弟は私と同い年であの有名美大に通い、夏休みを利用してチェコ・ドイツ・フランスを回るとのこと。デザイン系の二人と聞いて(やっぱり!)って思った。シーレのファンで話が盛り上がる。いいよねエゴン・シーレ  


2人と別れた後は街を散策
クリックすると元のサイズで表示します
1番目立っている街のシンボル的塔? なぜカラフル?
なんせ情報がなくて何かわからない

クリックすると元のサイズで表示します
チェスキークルムロフはこんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します
塔につながっているっぽかった 時間がなくて行けず

クリックすると元のサイズで表示します
街の周りを川が流れ、カヌーしている人が多い
去年だったかチェコで大雨のため川が大氾濫してニュースでも取り上げられた街
それが実はここチェスキークルムロフだったとあとで気付いた。
今はそんなことまるで無かったような美しい街

クルムロフの楽しい看板キャラシリーズ
クリックすると元のサイズで表示します
ドラゴン○ールZのピッコロの姉? 緑色のHexe魔女がお出迎え
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツでもたまに見かける肉屋の看板 表示はもちろんチェコ語
クリックすると元のサイズで表示します
王様です
クリックすると元のサイズで表示します
兵士です たぶん中世の


クリックすると元のサイズで表示します
アンティークショップで見つけたおサルさん

クリックすると元のサイズで表示します
特大チェスで遊ぶ子供たち

私は旅先では変なものにカメラを向けてしまう習性があるらしい。
少し文句はあったけど、チェスキークルムロフは建物がかわいいし、お店もたくさんあるし(ま、観光客のためだけど)1日楽しく過ごせると思います。

5

2006/8/10

チェコ一番のお気に入り 〜テルチ〜  旅 チェコ編

早朝7時にチェックアウト。前日頼んでいたおかげでフロントのお姉さんが朝食セットを持たせてくれた。列車の中で朝食。わぁーい、ヨーグルトまで入れてくれてる!スプーンないけど(笑) 

さて、ブルノから向かうはイタリアルネッサンス風の街並みが美しいとチェコパンフレットに紹介されていたテルチ。3ヶ月かけてヨーロッパ一人旅をした女友達からもテルチはかわいいと聞いていたし。 途中Kostelec u Jihlavyという駅で乗り換えしなきゃいけないけど、チェコ鉄道アナウンスがないので自分が今どこの駅かすら分からない。見落とすまいと必死に窓から駅の看板を見る。でもどうしても不安なので隣のおじちゃんに紙を見せて聞く。ブルノと同様ものすごく丁寧にチェコ語で説明してくれた。もちろん全然分からないけどとにかく今の駅で降車してはいけないらしい。 なんとかその後無事Kostelecで下車。さー次の列車は… 待てども来ず。予定時刻も過ぎる。ここで合ってるよね…?! 
不安がっている私に掃除のおじさんが声をかけてくれた。
「どこに行くんだい? テルチ行きは今来たあの列車だよ」(と、たぶん言ってた)
「ジェクィェありがとー!」チェコ人はなんて優しいんだ!

ちっちゃなたった2両のローカル列車で出発。前に座ったおばあちゃん二人が“Dobry denこんにちは”ってニッコリ。 まるで『世界の車窓から』を見ているような景色が前に広がって、目的地Telcテルチに到着。(チェコ語表記で正しくはcの上に´が付きます)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
200mほどのメインストリートの両側にずらーっと絵に描いたようなかわいい家が連なる。イタリアルネッサンス風かはわからないけど、とにかくかわいくって一軒一軒写真に撮ってしまった。(だからテルチの写真はほとんど家) 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
絵になる景色ってまさにこのこと!
テルチは中心部の周りを湖で囲まれている。こういう湖と自然に囲まれている街って大好き。青空と湖と緑とオレンジ色の屋根の家並み…ユネスコ遺産に登録されるわけやわ。 

街の景観同様テルチが好きになったのは人がめちゃくちゃフレンドリーだから!湖の周りをてくてく歩いてたら出会う子供たち、大人みんなが当然のように“Dobry den!!!”と挨拶してくれる。明らかに言葉が分かっていないだろう私に構わず子供たちがものすごく話しかけてくる。なんかよくわからんけど人懐っこくてかわいいチェコ人の子達☆ 
泊まったペンションのおばちゃんもひとっ言も英語話せず分からずひたすら猛烈チェコ語。もうね、この時点で分かった。チェコ人とは言葉通じなくても分かり合えるって(笑) 道を教えてくれた人たちといいとにかくみんな親切。 

もひとつ嬉しいことにここは物価が激安でした。アイスシングルで6ck。(マジでっ?!)てことでダブルに変更。ペンションも大通りの真ん中に面して一泊400ck(約15€) ユースより安いやん!

クリックすると元のサイズで表示します
チェコの雑貨&おもちゃ なんでもかわいく見えてしまう… 

クリックすると元のサイズで表示します
南モラヴィアのプリンス?!の野外劇を見た
これはその宣伝でお城と街を巡り歩いているところ

クリックすると元のサイズで表示します
出てきたのはスパイシーチキンカレー(ルウのみ)みたいなのと極太輪切りのネギサラダ
晩ごはんチョイス失敗…

家を見て湖でぼーっとしてお城に入って劇見てストリートミュージシャンのライブも… 刺激的なものはまったくないけど、自然の中でゆーったり居心地よく過ごせるのがテルチかな。個人的にはとっても気に入りました!
4

2006/8/9

チェコの迷える子羊 〜ブルノ〜  旅 チェコ編

(やっとチェコ入り お待たせしました)

旅に出て初めての快晴。お世話になったオーナー、インディからホテルオリジナルのライター(たばこ吸わんけど)をもらい別れを告げる。 

駅窓口でウィーンからチェコBrnoブルノ行きの切符を購入。片道なんと6€!安っ!!
そもそもチェコに行くことにしたのは、ドイツ語を教えてもらった大好きなチェコ人ハンザ先生に会いに行くため。彼が夏休み故郷ブルノにいる間、遊びにおいでって言われたから。 列車に乗る前に先生に電話。
私「ハンザ先生、私今からBrnoに向かいます。迎えに来てもらえますか?」
先生「ごめん。 実は予定が早まって今もうStuttgartに帰ってるんだ。」
私「え〜〜〜〜〜〜〜っ!!! (*д*)ガーン」

ありえへん!ガイドブック無しでこれから知らない国に突入するなんてっ!とりあえず先生に会えば色々教えてもらえると思ってたし家に泊めてもらうはずやったのに… やーばーいー… 一人パニックな日本人の気持ちなどつゆ知らず、列車はついにチェコ入り、目的地ブルノに到着。 

(ブルノって何があるん???)チェコ東南部に位置し、プラハの次に大きい都市って聞いてるだけ。先生のいないこの街で私にどうしろと… ってか通貨ここ違うんやった!(どれだけチェコ情報に乏しかったかお分かり頂けますか?笑)2000ckチェココルナをBankomatでおろしとにかく街に出てみる。 駅前のツーリストインフォメーション、閉鎖中だった!どんだけツイてへんねん(泣)!街の中心部に移動したらしい。 

めっちゃ久しぶりに英語しゃべる。おばちゃんに道を聞く。明らかに旅行者風な私を見て意図を理解してくれたのか、おばちゃんはものすごい勢いでチェコ語で説明してくれた。
「〇゛ ЬШбк ×ヾ☆нИ#%ж・Ю▽з→гゝ 煤埋rゝЯ=ФФ#………」
ぜんっぜん分からへん(笑) 「ジェクイェありがとう」知っている数少ないチェコ語で礼を言ってとりあえず指さされた方に行く。怪しそうな場所に出たらまた人に聞く。が、やはりチェコ語で答えられる。しかし不思議なもので、雰囲気でなんとなくわかる。無事にインフォにたどり着き、ホテルを予約してもらった。(もちろんここでは英語できちんと話してくれる) ホテルに行くにはトラムに乗らなきゃいけない。しかし切符の買い方がわからん… えいっ!適当に安い運賃7ckのボタンを押して切符購入。チェコでもコントローラー(切符持ってるか抜き打ちでチェックする人)いるんやろか?私は1度Stuttgartで捕まって前科あり(罰金20€払った)。 ホテルの部屋はめっちゃ大きくて清潔で、安いし良い感じ。荷物を置いて再び出発。そうそう、受付のお姉さんに買った切符を見せてこれ合ってる?って聞いてみた。そしたら私が買ったの子供料金の切符やって!^^; もし見つかってたらチェコでも捕まるとこやった。危ない危ない(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
小高い丘の上にどーんと目立っている教会Cathedral of St.Peter and Paulに行く。塔の上まで上って街を見下ろす。隣では地元の中学生くらいの二人がデートしてて微笑ましかった。

クリックすると元のサイズで表示します
この塔の前に行くと…

クリックすると元のサイズで表示します
なにこの看板?ブルノドラゴンって下に書いてあるけど…

クリックすると元のサイズで表示します
そして中に入っていくと通路の天井にクロコダイル!!!
なんでっ?! クロコダイル しかも天井に吊られているというこの状況(笑) 
なぞ度★★★

クリックすると元のサイズで表示します
路面電車がいっぱい通っていて、アールヌーボーの建物が至る所にある。
街並みはウィーンより絶対綺麗と思うけどなぁ。 

デジカメのメモリがいっぱいになったのでカメラ屋でCD-ROMに焼いてもらう。その間カメラ屋の店員さんとしゃべった。私と同い年の女の子。聞いたらここは観光客少ないんだそうだ。けど、良い建物がいっぱい残ってて、活気もあって、観光客のいないとこが私好きやけどな。彼女におすすめのチェコ料理を教えてもらった。よっしゃ、今日はこれ食べよ♪ ところで自分の英語力の衰えっぷりには引いた。どん引き。簡単な単語が出てこない…これはヤバイなぁ

なんとなくよさげな出で立ちのレストランに入り、早速教えてもらったチェコ料理“Svickova”とチェコビール(ブドワイザーじゃなくてなんやったっけ?)を注文。ほ〜これが噂のスヴィチコヴァか♪
クリックすると元のサイズで表示します
牛肉のやわらか煮込みとふわふわの蒸しパンにオレンジ色のクリームソースをからめていただきます☆このソースは少し甘めでクリームに何か混ぜてるんやと思うけどわからない。味わったことのない味だったけど彼女の言った通りおいしかった! そしてビール付きでたったの118ck!約4€!!てことは日本円で600円なり!!!
満足度★★★★★

(今までやってなかったのに)独断と偏見の街評価
英語通じる度★ あまり通じない 大学でチェコ語もっとちゃんとやっときゃ良かった
          (研究外国語として履修していたけど難しすぎて断念) 
見度(ころ)★★★ 街のあらゆる建物自体に見る価値あり 歩いてるだけで楽しい
アイスの安さ度★★★★ アイス一個の値段でその街の物価がわかります(個人的調査)
                一個12ck(この頃1€≒155円≒28ck)やすぅーっ
                ちなみにStuttgartは80セント〜1€ 高

チェコ人の日常生活が垣間見れる街です。 建築に興味のある人には特にお薦め。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ