2010/7/23

ただいま日本で切子修行中  日本

火曜日から大阪、姫島にある阪本カットガラスにて切子の修行をしています。

プラクティクム(実地実習)の受け入れを快く承諾してくださった阪本先生の下、本当にめちゃくちゃ勉強になることばかり


工房ではドイツの学校とは異なる道具や機械を使うため、手の持ち方からまず丁寧に教えて頂いています。 質問してもしなくても、なんでも教えてくださる阪本先生に既に感謝の気持ちでいっぱいです!^^  プラクティクムのノルマとして残り2週間をこなさなければならないのですが、「もっと長く来てもいい」とおっしゃってくださった先生のお言葉に甘えてこの日本滞在6週間はできるだけこちらで色々と吸収していこうと思っています^^


なんと初日から色被せガラスをカット!!!

クリックすると元のサイズで表示します
ダイヤモンドで、砥石で順々にカットしていく
まさかこんなものをいきなりカットさせてもらえるとは思いませんでした!
高い色被せガラスの数をこれだけ使わせてもらえること自体ほんとに贅沢で
(ありえない〜!!!)って内心悲鳴をあげながら作業してました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
ドイツのとはグラインダーの回転方向が違う
作業中や先生との会話の中では毎日がそんな驚きと発見の連続です!


クリックすると元のサイズで表示します
明日磨いて完成・・・か?!

まだ友達や知り合いとは全然会えてないし他にしなきゃいけないこともあるけど
この夏休みは間違いなく充実したものになりそうです☆


【コメントお返事】
やっちんさん 日本からこんにちは☆
薩摩切子の色ガラス綺麗ですよね^^ 
カット部分が見えるように学校でもこちらでも手前から明りを灯します。阪本先生のとこではこの裸電球を使っています。一部に紙がかけてあるので眩しいときは調節できますけど・・・ただ、尋常じゃなく熱いんですっ 先生は素手で触ってますが(笑) 顔に近づけすぎるとたまに汗が毛穴からにじみ出ます(^^;

更新は頻繁にはできないかもしれませんが
応援よろしくお願いします^^



このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
11

2010/7/19

六甲おろし便り  日本

浜風に乗って六甲おろしと大歓声が家まで聞こえてくるのが

これまた家に帰ってきたな〜〜〜と感じる瞬間

阪神タイガース今日も勝ちました〜〜〜♪ 


阪神と言えば・・・ 

今日梅田の阪神デパートに行ってきましたが相変わらずの混雑っぷり! 
祝日ということもあって今日はさらに人が多かったのかもしれませんが、あそこのデパ地下はほんまに日本一の賑わいちゃうか?!と思ってしまいます^^

そうそう、阪急電車から阪神に向かう通りが大きく変わっていて

梅田で迷いました・・・(恥)


あんなに知っている場所なのにこの2年で驚くほど阪急デパート周辺の様子が変わり、人に流されながら ここどこ〜〜〜??? と若干パニくりましたよ (^^;

日本の着工スピード早っ ドイツやったら絶対終わってへんのに(笑)
そういえば甲子園球場もかなり綺麗になったようで(テレビで確認)今度見に行かねば〜


明日からいよいよ大阪の切子工房にて実習が始まります^^


【コメントお返事】
やっちんさん、返事が遅くなりすみません(^^;
上の記事に書いたように工房に今週から通い始めました。迷惑にならない限り、バテない限り通うつもりです(←日本でも厚かましい私)  阪急デパートはまだ色々と改装をしていて、阪神との連絡路がすっかり変わってしまったし、見たことない入り口はできてるし、人むっちゃ多いし(←それはいつもか・・・) 私今ちょっと浦島太郎状態ですよ(笑) 
このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
5

2010/7/18

日本到着  分類なし

韓国上空の乱気流で手に汗握る思いをしましたが無事に日本に到着しました飛行機

そしてもともと生活リズムが崩れた人間なので時差ボケとか全くありません(それは良いのか?!)


2年ぶりの日本はもう驚くことだらけで
こちらにいながら異文化体験しているようです(^^;


今日は100均商品の品揃えとクオリティの高さに驚愕しました(笑)


そんな数ある品物の中で唯一お買い上げしたものは・・・


健康サンダル 



なんでやねんっパー

と失笑のツッコミが聞こえてきそうですが 

自分のスリッパなかったんでね(^^;



明日は母の仕事の手伝いのためなんちゃってカメラマンをしてきます☆


日本のこれ読んでくれてる友達へ
携帯電話が火曜には手に入るはずなので番号がわかり次第連絡します
少々お待ちを!^^



それにしても日本の100均はスゴイ!!!
このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
4

2010/7/14

締めくくりは合同朝ごはんとアイスクリーム  学校

今日は夏休み前の最終登校日

休暇前はいつものように2年生全員で合同朝ごはん
生温かくなったチーズは食べる気がしなかったけど・・・(^^;

朝食の間は研修旅行先のチェコ、パリ、そして修学旅行先のレーゲンスブルクでの写真をプロジェクターに写してみんなでわいわい言いながら見ました^^

雪があんなに積もっていたチェコにいたのはもう何ヶ月も前なんやなぁ〜

昨日の夜はスライドショーのための写真を整理していて懐かしい気持ちに・・・

2年次が始まった昨年の8月、ラーマスホーフェン先生が「2年目はあっという間に過ぎるよ!」と言っていたけどほんとにその通り。 初めての理論ブロック授業はかなりハードでそりゃもう大変だったなぁ。 まぁこれがあともう一回あるわけだけどー(−−;


ただ、先週卒業していった3年生を見ても 
それでもまだ自分達が最終学年になるのが想像できない・・・ 
きっと3年という自覚を持ったときには徒弟試験目前になってるんやろな。。。(^^;


朝食とスライドショーが終わった後はいよいよドキドキの成績表☆

・・・

ってもう成績表なんかにドキドキする歳ちゃうけどね(笑)
とりあえず日本に持って帰って頑張った証を見せましょう^^


ところで 

ドイツの大学以下の学校では休暇前の合同朝ごはんに加え

終業式前にクラスで
アイスクリームを食べに行く
のはどうやら常識らしいです


終業式前って言ってもゆうに1週間前からほとんどちゃんとした授業はなく 片付けをしたりダラダラおしゃべりしているうちに

先生がアイス屋さんに私達を招待してくれます!
(もちろん 先生のおごり!)

ま、たいがいその前に生徒達のアイス食わせコールがあるんですけどっ 笑

日本の学校じゃもう絶対ありえないことだらけで
2年目ともなると何が起こってもほとんど驚かなくなりましたわ

クリックすると元のサイズで表示します
あぁ 冷たい幸せ・・・
私もアイスがないとこちらでは生きていけなさそうです(笑)
先週は4回もアイスを食べさせてもらいましたよ♪♪♪


これがもし日本の学校だったらPTAとかからめちゃくちゃ言われるんやろうなぁ (^^; 日本の学校がベルトの締まったズボンならドイツのはゴムがのびまくったパジャマズボンでしょうか(←どんな例えや)  もちろん州や学校、先生によって違うでしょうけどそれでも全般的にこちらの学校が【ゆるい】のは確かです。


【コメントお返事】
かもさん、こんにちは☆
一足お先に夏休みにこちらは突入しました^^ 
通っている職業訓練学校は日本で言う専門学校のようなものなので大学ではありません。だから17、8歳の子らがZeugnisに一喜一憂してる姿を私もかわいいなぁと思います(笑) かもさんもあとしばらくこちらの猛暑に耐えて通学してくださいね☆ 私はさらに暑くてジメジメな日本に行って来ます(^^;

さてと・・・
そろそろスーツケース詰めるとするか(明日日本へ発ちます!)
しかしそのためには部屋をまず片付けねば (−−; 

2年生を無事に終えた私にぽちっと応援クリックよろしくお願いします☆


このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
12

2010/7/13

オランダ色の思い出  友達

決勝、オランダ負けてしまいましたね〜

エルンストや私達はもちろんほとんどの人がオランダを応援していた中、スペインが決定点を入れたときにはスペイン人のホイッスルと狂喜の歓声以外何も聞こえずパブリックビューイングは静まり返ってしまいました。 ヨーロッパ杯も制したスペインが初めてとはいえW杯の王者としても君臨することがドイツ人としてはたぶん面白くなかったんでしょう。

でも、もし私がオランダ人として主観的に観ることになってもあの試合はいただけませんね。たとえ勝つことができても気持ちよく、潔くトロフィーを受け取って喜ぶことはできないと思う。うーん、それとも勝利すればやっぱりどんな内容であれ嬉しいのかな・・・  エルンストともそのことについて話したけれど、彼はスペインに勝利の資格があったと言っていました。

歓ぶスペイン人に「おめでとう!」と握手をしに行くエルンスト
ほんと なんて彼はいい奴なんだ!
選手同士では見れなかったけどラインバッハではお互いに声をかけ合うそんな姿が見れてほっとしました。



昨日のパブリックビューイングではオランダを応援する人たちが多かった中でもとくに私達は目立ってました(笑) オレンジカップル2人は試合の後新聞記者にインタビューされてたしね^^

クリックすると元のサイズで表示します
闇にもくっきり浮かび上がるオレンジ色
オレンジカラーのユニフォームだと試合も見やすいし、スタジアムのファンも一目瞭然でしたね^^


決勝戦観戦中 夕立に見舞われたラインバッハ

大勢の人が木やテントの下に避難している中・・・

クリックすると元のサイズで表示します
席で観戦し続けるオレンジモップ頭の彼目立ちすぎ〜!!! 笑


先々週の修学旅行中は
クリックすると元のサイズで表示します
レーゲンスブルクの特設砂浜で日本とオランダの試合を観戦
え〜 左に写っているのはタコではありません お間違いなくっ

オランダの試合があるとき 彼は学校にもこの格好で登校してました^^ 一緒に歩いてると事故に遭う可能性はゼロです(笑) 
とにかく、最後まで彼がオランダで仕入れたオレンジグッズが大活躍!あの勝利のブブゼラが聞けなくなるのは少し寂しいけれど、次は2年後のヨーロッパ杯でまたこの姿が見れることでしょう☆


【コメントお返事】
やっちんさん、早速コメントありがとうございます☆
まだ余韻に浸っているけど終わった後はやっぱりさびしいですね。普段はサッカーを見ない私ですがW杯はやっぱり特別! オリンピックと違って熱の入り具合が全然違います。 こちらに住んでいるから余計にそれを感じるのかなぁ  

それにしてもあのタコすごいな・・・

・・・ あー 日本でたこ焼き食べるの楽しみやわ♪(←パウルすまぬっ 笑)

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
3

2010/7/11

Waka Waka Zangalewa ♪  分類なし

まずは

おめでとう 代表チーム

最後の最後までドキドキさせられた点取り合戦

笑顔のみんなが見れて嬉しかった^^

惜しくも負けてしまったけれど素晴らしいチームだったウルグアイ

良い試合だったなぁ・・・



W杯が始まる前から毎日どこかで必ず耳にしていた
公式テーマソングのひとつ
ShakiraのWaka Waka This Time for Africa 
後で紹介するので楽曲でフィーチャリングしている黒人と白人の2人に注目!!!



これ、実は80年代にアフリカで大ヒットした
カメルーンのGolden Soundsが歌う"Zangaléwa" ("Zamina mina")が原曲だと知っていましたか?

カメルーンの方言であるファング語でこのように歌っています

Tsa mina mina eh eh
Waka waka eh eh
Tsa mina mina zangalewa
Ana wam ah ah
Zambo eh eh
Zambo eh eh
Tsa mina mina zangalewa
Wana wa ah ah


Wikipedia参照
歌詞の意味もそこに紹介されていますが訳の候補がいくつかあってそれが果たして正しいかは私には分かりません

ちなみにシャキーラのWaka Wakaで
「さー 皆 みなっ ♪」
と日本語のように聞こえていたのは私だけでないはず?!(^^;

アフリカの人々の独特のアップテンポなリズムとコーラスが不思議です。


さてさて
シャキーラとフィーチャリングしているFreshlyground

Music Videoで見たときから(誰この2人組?!)って気になってたんですよね〜  2人組の女の子バンドかと思っていたけど調べたら南アフリカ出身の7人組でした。

このFreshlygroundが久々に私の中で大当たりバンド☆
You Tubeではなぜか制限されてしまい見れるものが少なかったんですが彼らの素晴らしいライブ映像を発見しました!

もうね とにかく大好き すべてがツボです ^^
歌もパフォーマンスもこのリズムも
みんなのスタイルもカラフルで楽しくって後半の2人の踊りも最高!
Facebookではいくつかビデオが観れたし音楽も少し聴けるので
気になった人が他にもいれば是非チェックを^^
この人たちのライブ行きたいなぁ・・・
アルバムは間違いなく買いです!!!


【コメントお返事】
やっちんさん、こんにちは〜☆
ドイツ人と「わぁーーー!」と歓声をあげたり「キャーーー!」と悲鳴をあげたりして、まさに手に汗握る試合でした^^ 「手ぶらでドイツに帰るつもりはない」と宣言したいたシュバインシュタイガーが準決勝で夢絶たれたとき芝生に伏して、それを見て私は空をずっと見上げていた最後のあの中田の姿を思い出しましたよ。 中田はチームメイトに恵まれなかったけど、ドイツ代表のメンバーはパスをいくつもつなぎ、ミスもカバーしあって勝ち進んでいって・・・  後悔は確かにあっても本当に誇るべき3位の称号だと思います!   ちなみに私が好きな選手は今回大活躍したトーマス・ミュラーです^^ クローゼのようにこれからもっと活躍していってほしいな☆

Saksaさん、こんにちは〜☆
おぉ!よかった!!やはり私だけではなかったのね(笑) 
アフリカの言葉で意味も違うと分かっているけど今でもそう聞こえるしはっきり「さーみなっ みなっさん・・・♪」と私も歌ってますよ(笑) 
エジルも今回の活躍で評価しなおされましたよね☆ もうちょっと勇気を持ってプレーしていけばさらにゴールに近づける選手になれるんじゃないかと素人ながらに思います。彼は在独トルコ人にもたくさん勇気と誇りを与えたはず。 そうだ、あと忘れてはいけないのはキーパーのノイアーですねっ 彼の堅守は日本代表の川島と似たような雰囲気がするし、この功績の間違いない立役者として本当にいい仕事してくれました^^ 


明日はフィーナーレー♪ オーオオーオー♪ 
オランダ人エルンストとWaka Wakaしてきます^^
応援クリックぽちっとよろしく♪

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
5

2010/7/10

異物の正体  困った・・・

昨日書いたように、今日は歯医者さんに行ってきました。

結論から言うと奥歯の歯茎にあったものは糸ではなく
(抜歯後上の箇所は全く縫わなかったらしい)

  でした

左奥のちょうど親知らずがあった歯茎の外側に細長い桜の花びらみたいな形をした骨の破片がなんと刺さっていたんですよ!!!(^^;

口の中の異物感を説明して診てもらったところ早速先生が何か取ろうと作業し始めたので (あぁ やっぱりプラスチックの糸があったんやわ) と思い込んでいたら

「骨が刺さっている」

という予想外の答えをもらい仰天!

数秒で取り除いてもらえたけどその正体を見ても???状態(笑) 


昨日の食後からその痛みに気付いたけれど 晩御飯は
大根・パプリカ・ベーコンのサラダと桃を食べただけ

ベーコンに骨が??? 

もしそうじゃなかったら自分の歯が欠けたとか???

見た目は歯の表面に似ていたけれど
先生が診たところ歯が欠けた箇所はないそう・・・


なんだったの? あれ (^^:


謎は深まるけどとりあえず帰国前に歯医者通いが終わって良かった
ご心配おかけしました

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
4

2010/7/9

怪しい異物が・・・  困った・・・

来週の今頃私はもう日本に向かう飛行機の中!


そんな日本帰国直前に問題発生

例の親知らず治療は経過も見てもらって完了したはずなのに・・・

晩御飯を食べた後、それまでなかったチクチクした異物感が突然口の中に感じられて。。。

何なの この左上の歯茎にある針みたいなものは???


指を入れて触った感じ 何かが刺さっているのは間違いないんです!

しかし取れん!!!(−−; 



抜歯するときに左上の歯茎を縫われたのか全然覚えてないなぁ。。。



でもよく考えたら
 
そこは一番大変な箇所だったからたぶん縫われていたはず
たぶん・・・ね


そしてその後の抜糸は下しかしてません  これは確実!


いや、先生が見落としたとは思えないけど・・・



でもこれ・・・ 

絶対 糸だよね

 

糸じゃなかったらなんなのよーーーー!!!


明日もっかい歯医者さんに行ってきます(^^;
あぁ〜 もう面倒くさいなぁ

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
6

2010/7/8

地球型ボール  分類なし

叶わなかったドイツの決勝進出


恐ろしいくらいに静かな街を歩いて帰る

ブブゼラもクラクションも聞こえない


それは普段のラインバッハの夜なのに

感じる違和感はこんなに痛々しい


「3位決定戦は見ない」「4年後を待つ」 と断言する友達


あぁ ビターな敗北



サッカーってすごいスポーツだと思う

一つのボールがこんなに人を熱狂させて そして悲しませるんだから



勝利のボールはでも どこにでも転がるように

だから地球の形をしてるんでしょう?



最後はできれば笑顔のドイツ人とオランダ人を見たいけど

歓ぶ人の姿を見るのは どこの国の人でも私はいいよ


もうすぐ終わるSommermaerchen
また忘れられない思い出ができます

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
5

2010/7/6

ランバーツのガラス工場を見学  旅 ドイツ編

ランバーツと聞けばドイツに住む日本の人はたぶん有名お菓子メーカーLambertzのほうを思い浮かべるに違いない。

でもランバーツと言えば、ステンドグラスをしている人ならきっと誰もが知っている世界的に有名なドイツのガラスメーカー『Lamberts

ステンドグラス用に板ガラスを買おうとすればドイツのランバーツのガラスはトップクラスの品質と高価さ  まさに高嶺の花の存在なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ランバーツの被せガラスの一部

この学校に入学した当初でも、まさかあの憧れのランバーツガラスの生産工場に行けるなんて思いもしなかった。  うちの学校のプログラムはモチベーションのある生徒にとっては本当に素晴らしいものだと思う。



レーゲンスブルクに到着して翌日

朝6時にユースを出発!!!
2時間かけてランバーツガラスの吹きガラス工場がある目的地Waldsassenに向かいます。ドイツの朝は毎度ながら早いぞ(TT)(バスの中でもちろん爆睡 笑)

このブログを読んでくれている人の中でガラス工芸に関わっている人は私の知り合いの方くらいだと思うけれど、きっとその人もどうやってアンティークガラスが、ランバーツのガラスが作られているかは知らないと思う。一般の人ならなおさらどうやって板ガラスが人の手によって作られるのか想像もできないはず・・・


写真を載せようかと思ったけれどランバーツで私がまさに見た光景をビデオで見てもらったほうがきっと良いと思ったのでこちらを紹介します




真っ赤なあの見えない情熱色に溶けたガラスの中にこの人たちは美しい色を見てる。 1100度以上する炉の前に立ち、1日に93個のシリンダーガラスを生産していく過酷な仕事。 この大きな吹きガラスは決して一人でできるわけではなく、3、4人がチームとなり、それこそ阿吽の呼吸で作業をしてやっとこのノルマが達成できる。一人欠ければその日の生産は日給はないと言ってもいいそんな厳しい仕事。

ビデオでは少し分かりづらいけど
炉から取り出したガラスをまず基本形にふくらまし温度調節をするA
バトンタッチして
ガラスをさらに膨らませ形を整えるB
ガラスを筒状にするため熱いガラスを用意し、Bと共にガラスのカットと形成を手伝うC
ガラスが急激に冷えないよう仕上がったシリンダーガラスを受け取り冷却オーブン(名前が矛盾しているように聞こえるけど、温度を徐々に冷やしていくための特別なオーブンです)に運ぶD
この間タイミングを見てAはまた次のガラスを準備・・・
これがおおまかに役割分担した吹きガラス職人の仕事です。

(その後にガラスのカットをする人、再び温度を上げた炉の中でガラスを開き平らにする人などが続きます)


時間が経つにつれ下がっていく温度
高すぎても低すぎてもダメでまさに時間との戦い
スムーズな流れ作業に見えるそれを成功させるために一体どれだけの苦労があったのか想像もできない。

「ドイツ人はグループ作業ができない 思いやりがない」なんて、そんな私の偏見を吹き飛ばしてくれる、素晴らしいチームワーク。 そしてこんな見た目いかついおじさん達が作り出すガラスの美しさと言ったら!!!

その1枚1枚がオリジナルで吹き込まれた空気の泡も溶け合った色も空模様みたいに同じものはなくって、ただ何もせず飾って見ていたい・・・ そんな風に思わせるランバーツのガラス  

ステンドグラスなどに加工される前にすでにもう完成している芸術品

ランバーツのコンセプトは嘘じゃない



神戸でお世話になった先生や生徒のみなさんにも見せてあげたいっ

これ全部! 
クリックすると元のサイズで表示します
全部 本物のランバーツですよ〜〜〜
数千枚はあるここの在庫
日本で見たことないものばかり!!!


クリックすると元のサイズで表示します
ずらーっと観賞用のシリンダーガラス

あぁもうため息が出る美しさ

クリックすると元のサイズで表示します

そして目玉が飛び出るくらいの値段(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
丸ごと1枚を使ったこのランバーツのガラスランプ
・・・それぞれ600€前後するらしいです(^^;

コチラをクリックすると私が好きなランバーツの被せガラス(色を何層にも重ねたアンティークガラス)のページに飛びます


吹きガラスの話ついでに・・・
昔(と言っても3年ほど前かな)私に質問をしてくれたSさんへ
あの時はホットガラスの知識が全くなくてお答えできなかったんですけど今なら説明できます^^

ヨーロッパの教会でよく見られる丸型のガラス「Butzen」
直径が6cmから12cmまであるこの丸ガラスも吹きガラス職人によって生産されます。Butzen用の吹きパイプ先端に液体状に溶解したガラスを適量巻きつけ、パイプに息を吹き込みそれを軽く膨らませます。熱く小さなガラスの風船をHefteisen(鉄板のようなもの)にくっつけてパイプから切り離し再びガラスを炉で熱します。取り出した今度はそれにホットガラス作業用のはさみで切り込みを入れ(別の人が作業)、持ち手の軸を一気に高速回転させ、遠心力を利用してガラスを開きます。目的の直径に応じて職人さんは大きさを調整し、軸をさらに回転させながらコテでガラス表面をならし平らにしていきます。 あとはHefteisenからButzenを切り離し冷却オーブンにて徐々に熱を冷ましていきます(接続部分である中央部はガラスが多めにあるので完成形にあるような真ん中の盛り上がりができます)  今では需要の少なさから生産は減っているそうです。  

クリックすると元のサイズで表示します
Butzenの見本

Sさん、答えるのにだいぶ時間がかかってしまいましたが、これで謎が解けましたでしょうか???^^


ランバーツのガラス工場見学レポート
面白かった人は応援クリックをポチッとお願いします^^

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
15

2010/7/5

気持ちの良い空を  なんてことない毎日

クリックすると元のサイズで表示します
お届けします


ってこれを書いてる今はドイツ時間深夜2時で真っ暗ですが(^^;

明日から2年次最後の理論ブロック
たった8日間のそれが終わったら私日本に一時帰国します


2年ぶりにこの空を長いこと飛ぶことになるのかーーー

まだ信じられないなぁ


・・・

っていうか航空チケットどこ?! (−−;

8週間分の実習レポートを無事書き上げました ヨカッタ
航空券の行方はそのうち・・・ 出てくるよね???
では寝ます   おやすみなさい☆
ポチっと押していってね^^

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
8

2010/7/4

レーゲンスブルクへ修学旅行  旅 ドイツ編

ただいま〜〜〜
5日間の修学旅行から帰ってきた後、オランダ・ブラジル戦をマリアの家で、今日はドイツ・アルゼンチン、スペイン・パラグアイ戦の試合をパブリックビューイングで見て今やっとノートパソコンを開くことができました。  日本が南アフリカを去っても私にはまだドイツとオランダチームがいる!^^  なんだかほんとに決勝がその組み合わせになりそうやなぁ・・・


さてさてレーゲンスブルクの遠足について

今までドイツで30都市ほど訪ねたけれど、2006年の一人旅で初めて訪れた時の印象と変わらず私はレーゲンスブルクがドイツで一番綺麗な街だと今回も思いました。

シュトゥットガルトもベルリンも好きだけど
住みたい理想の街と聞かれればやっぱりここ ^^

大きな川に隣接する街はいつも時間がゆったりしてる
レーゲンスブルクはそれだけじゃなく街に人に活気があふれてる

クリックすると元のサイズで表示します
ドナウ川に停泊する船と向こうに聳え立つ大聖堂
ユーゲントヘアベルゲから街まで行くのにいつもこの橋を渡った


石畳を歩いて疲れたら川岸のベンチや堤防に座って休憩
また小さな路地を歩いていけば
思いがけず素敵なアトリエに出会えたりして宝探しをするみたい
夜には満席のビアガーデンで暗闇に浮かぶ大聖堂を見上げる
もちろん地ビールのジョッキを片手に(笑)


3日目に市内観光
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツで一番古い石橋について説明をしているガイドさん
バイエルン地方独特の方言と衣装がかわいい^^


ちなみにエングレーヴィング工房のロート先生もこの地方の出身でバイエルン弁をしゃべるんですが、街ではどこにいても子供から大人までそのしゃべり方が聞こえてくるのですごく不思議な気分に(笑)  真似したいけどあのイントネーションは独特で難しい〜 


とーーーっても暑かったこの1週間
そんなときにはもちろん・・・

クリックすると元のサイズで表示します
川遊び
この後私も水をかけられてビショビショに(^^;

ほんとにいいお天気に恵まれて

クリックすると元のサイズで表示します
旧市街内の教会と大聖堂

日焼けしまくりました(涙)


レーゲンスブルクだけでなく南ドイツの重要なガラス・工芸産地も色々と訪れました。このことはまた今度^^


【コメントお返事】
やっちんさん こんにちは☆
「地球の歩き方」にも紹介されているあのお店のことですよね?!何度も通りかかったけど先生たちとビアーガーデンにいつも行っていたので残念ながら食べたことないんです(^^; ユースのバーベキューでこの地方のソーセージを食べました。ダンプフヌーデルもまた食べに行きたかったけど時間がなくて残念。。。 今度行ったときにリベンジしたいです^^

あやへ☆ 内容に関係ないコメントでも大歓迎よ(笑)
風鈴のデザインね〜 うんうんいいかも^^ 売れるかな?!(笑)
っていうか風鈴でやたら騒がしい家ってどんなんや〜(^^;  
私も話変わるけどもうすぐ、来週末には日本やでっ!信じられへんわ〜 日本に馴染めるか、あとちゃんと日本語しゃべれるかめっちゃ不安です(笑) 
 
前回のグレーヴィングの記事に過去最高の拍手をもらっていてすごく驚きました!嬉しいです^^ 
いつも応援してくれてありがとう!!!

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ