2009/4/28

工房入れ替え期間  学校

昨日からModulzeitが始まった。ガラス科の生徒たちは昨年の11月からそれぞれ専攻とする工房(ガラス絵付け・ガラスパネル工・研磨工・彫刻)に分かれて実践をこれまでしてきたんだけど、1年生が終わる前に専攻工房以外の3工房をそれぞれ3週間かけて新たな再実習を行う。Gravurガラス彫刻チームの私たちは昨日から絵付け工房に入っている。学校入学当初に約3ヶ月かけて同じように全工房を回って実践学習をするProbezeitがあったけど、あの時は各工房の基礎実習をこなし、専攻を決める段階だった。 今回のはガラス加工に関わるさらなる応用知識を得るためにまた時間をかけて他工房で作業するのだ。(だからGravurはしばらくお休み)

さて、以前はグラスに筆で模様を描くまさに絵付け工房らしいことをしたけど、今回のここでの課題はガラスフュージング。ドラゴンボールZで確か悟空とべジータが『フュージョン』してたと思うけどあんな感じ(←どんなんや 笑) 要は違うガラス同士を特別な電気炉に入れて超高温で解かし、ゆっくりと冷却してひとつのガラスに加工する技法。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラス同士のフュージングが可能か、色の変化の具合などを見るサンプル
ガラスデザインの授業で一月ほど前から課題となるフュージングのお皿のデザイン案に取り組んでいて、まず水彩絵の具でデザインと色合いを決め、それをもとにこの実践に臨む。デザイン案の提出とプレゼンは来週。。。

ヨンチェク先生からフュージングに使用するアティスタとブルズアイガラスの特徴やフュージングのやり方を1時間目は教えてもらう。神戸のスタジオ・デコに通っていたとき余りガラスで実験的フュージングをやったことがあるけど今回のような大きなものは初めて。そうそう、私がこちらの工房でお世話になった北条日出子先生の特集がテレビ放送されるんです。私はドイツにいるのでリアルタイムで見れないけど両親に頼んで録画して送ってもうつもり☆
5月1日(金)『よ〜いドン!』という情報番組で30分枠あるらしいです(時間は不明・・・テレビ欄見てください。でも名前からしてこれ関西ローカルかな)。私が渡独直前まで作業していた懐かしい元町の教室ギャラリーも映るんだとか・・・興味のある関西圏の方ご覧ください^^

クリックすると元のサイズで表示します
普段ガラスをカットする機会がほとんどない私たちGravurメンバー
始めはまず透明フロートガラスで肩慣らし。そして各自のデザイン皿をする前にレリーフフュージング(完全にガラスを溶かしきらず起伏を残すやり方)に取り組む。昨秋ゴメッツ先生からプレゼントされたガラスカッターとても使いやすい。
土台となる白と青系統の2色をアティスタの中から選ぶ

炉に入れる前の準備
クリックすると元のサイズで表示します
平らに仕上がるようこの課題の場合Trennmehlでコーティングした薄板の上にガラスを置く。水に溶いたTrennmehlを満遍なく塗ります
クリックすると元のサイズで表示します
ドライヤーで乾かすと氷が張っていくように白く乾いたTrennmehlの表面が現れます。 まだらや縞模様にならなかったら成功☆

クリックすると元のサイズで表示します
大きな炉の中に準備した薄板を敷き、注意して正方形にカットしたガラスを並べます
左手前のがエレン、右奥が私の。 私たちは作業が早く終わっていたので余りガラスでできそうなオブジェも一緒に焼くことに。どんなふうに仕上がるか楽しみ♪

ここまでが昨日の作業で、今日は個人の課題のフュージング準備としてひたすらガラスカット。私のは結構派手、というかキッチュ。13色ものガラスを使ってる生徒他にいないんちゃうかな?来週の月曜には炉に入れて一段階目のフュージングができるでしょう。
1

2009/4/24

中世の夜  イベント

きっと私の人生最初で最後となる貴重な体験をしてしまいました(苦笑)
エレンはMittelalter中世の衣装や音楽が大好きで、週末は必ずコブレンツのドイチェス・エック近くにあるDruckkammerという中世好きな仲間が集まるバーに出向くのです。 『マサミも来たら絶対気に入るから!』と言われて気乗りしないまま強制連行・・・ Andernachの家から目的地までエレンはいわゆるコスプレで移動。マクドで食事する中世の衣装をまとった少女と普通の格好をしたアジア人の二人。。。そらどこ行っても目立つわーい!

夜10時開店 次々と仲間が集まる
クリックすると元のサイズで表示します
今日初めて本格的な衣装を着たエレン(左)と友達ユリア

クリックすると元のサイズで表示します
アニメの世界だけでなくこういう嗜好もあるんやな〜
全員こういう格好してるわけではなくて、全く普通の若者たちもいて、店内はとにかくすごい活気

クリックすると元のサイズで表示します
持参の角型のコップにはちみつ酒を入れて(これも中世でよく飲まれていたものらしい・・・死ぬほど甘い)踊る彼。着ているアイテムがスコティッシュ風だけどいいんちゃう?!(^^; ちなみに彼は兵士です。

クリックすると元のサイズで表示します
トランスではなく中世風ロック(?)の音楽ががんがん流れる中みんなとても踊りとは言い難い動きとステップでとにかく踊る踊る☆ 私も踊りました。いや、踊らされた・・・しかも気づいたらホールの真ん中?!(^^; お酒の力を借りなかったら無理やねあれは。。。 真っ暗だから気づかなかったけどあそこすごい埃舞ってたんやなぁ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
アンドレアス(日本茶、特に玉露好きという男の子)と談笑しているお姫様たち
もちろんこの格好で家から来たんよね?!これカーニバルの日じゃないんやからすごい(笑)

11時半には帰ろうねって言ってたのに結局深夜2時半までこの地下室にいるはめに・・・私ももう昔みたいに体力なくなってるから非常にキツい。 出会ったことのないタイプの人たちとたくさん知り合ったけど最後はしゃべる(音楽がうるさいので正確には叫ぶ)気力もなくなってダウン。 とにかくかーなりディープな夜でした(笑)
1

2009/4/24

Andernach  旅 ドイツ編

エレンの18歳誕生日パーティーに招待され、学校が終わった後エレンのお母さんの車で実家のあるAndernachに向かう。Andernachはコブレンツに程近いライン川沿いにあるとっても美しい街。
クリックすると元のサイズで表示します
Stuttgartに向かうとき、いつも車窓からライン川沿いの素晴らしい景色を見て楽しんでいるんだけど、エレンの故郷はまさにその素晴らしい景観と歴史ある建造物を間近に見ることができる
クリックすると元のサイズで表示します
ライン川を見下ろす位置に第一次・第二次世界大戦で没した人々のための追悼碑がある
そこから見下ろす景色
クリックすると元のサイズで表示します
次々に大型貨物船がゆったりと通過していく

クリックすると元のサイズで表示します
ここの人たちの憩いの場
私もこんなとこに住めたら毎日川沿いを散歩したいなぁ

クリックすると元のサイズで表示します
エレンに連れられて自然保護区域の林道を抜けると
彼女の秘密の場所に到着する
クリックすると元のサイズで表示します
静かに考え事をしたいときここに来るのだそう
対岸にはブドウ畑が広がる



続きを読む
3

2009/4/23

引っ越します  Rheinbachにて

ブログじゃなくてお家のほう。
7月からはエレンも住んでいるフランツさんのお家の一間に引越しすることに正式に決まりました☆

同じ家賃220€で今より広くてキッチンのある家に住めるなんて・・・しかも学校まで徒歩3分!

今住んでいるクリンツさんの家の3階には私とジェシカとカーメンの各部屋と共同トイレ&シャワーがあるのみ。 つまり私たちのとこにはキッチンがない!!!

じゃあどうやって料理してるのかって?
部屋の片隅に置いている電磁調理器ひとつと鍋でこれまでなんとかやってきました。
今日ももちろん部屋に匂いを充満させて晩御飯作りました。
他の二人はオーブントースターでピザ焼いたりインスタントのスープ作ったり、デリバリーご飯だったり・・・ドイツ人の若い子ってあまり料理しないからキッチンがなくても苦じゃないらしい(^^;
またこのことはいつか写真つきで書きましょう。

とにかく、7月からはより快適な環境にお引越し♪
そこの部屋ならガラスを扱う作業スペースもできそう^^

同居人たちなんて言うかな、と思ったけど話し合って私の引越しを理解してくれたし良かった。 あとは学校で張り紙してNachmieterが現れるのを待つのみ。


そしてそしてもうひとつ良い知らせが☆
昨日ベルリンにあるGravur工房から返事が来て、正式に夏休みに3週間そこでPraktikumをさせてもらえることになりました♪3年間のAusbildungのうち生徒は休暇期間中を利用して全部で8週間のPraktikum(実地の職業訓練)をしなければなりません。 そこは冬休みに直接訪れ、代表の人と話をした工房でした。そのときも『いいよ』という返事をもらっていたんだけど、口頭でのことだったしなんせドイツでは何がなんでも書類がもの言うので、本当に受け入れてもらえるのか、具体的な期間の取り決めなどを文書で欲しかったのです。 他の生徒たちもPraktikumができる会社や工房を探すのに今必死。 とりあえず3週間の実習が決まりほっとしました。


シュバルツバルト様、おかげさまで引越しできることになりました。
同居人の二人も良かったね、と言ってくれるし引越しの手伝いも自ら申し出てくれたので本当に嬉しいです^^  Praktikumの3週間分の消化もちゃんと決まったので、今は学年末の試験とプレゼン準備(再来週・・・)に集中できそうです。

どいつりす様、その気になれば引越しできるのは独り身の特権ですね。ひとつ屋根の下に大家さんと他のドイツ人と暮らす私ですが、自分の部屋にこもれば自分の好きなようにできるしいちゃもんつけられる訳じゃないですからね。どいつりすさんのような同居スタイルだと色々制約があって・・・私きっと耐えられない(^^;
3

2009/4/21

チューリップのお皿  サンドブラスト

以前製作過程を紹介したサンドブラスト
クリックすると元のサイズで表示します
直径30cmほどのお皿にチューリップのサンドブラスト
イースター休暇前に無事買い取り、これを気に入ってくれたクリスタにプレゼントした。写真を撮ったときの条件がよくなかったけど、すぐに梱包しないといけなかったので仕方ない。

クリックすると元のサイズで表示します
4層にわかれているのがわかるかな?!
チューリップが隠れないようにプラリネを置こうかな、と言って喜んでくれたクリスタ。今頃あのお家のテーブルに置かれてるのかなぁ・・・と想像しています♪
1

2009/4/20

写真で振り返るStuttgart  分類なし

2週間のイースター休暇中の私の足跡 
シュトゥットガルト編

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタは素晴らしいホスト
シュトゥットガルトのVHS市民大学でイタリア料理の講師をしていたくらい料理上手な彼女。そしててきぱきしていて歳を感じさせないくらい活発でお洒落。 気づいたらいつも深夜1時前、とお喋りがつきない。 私もこんな風に素敵に歳とっていきたいなぁ・・・Stuttgartにいたときも今も同じ気持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタの創作フレッシュチーズ その名も『バジリコ爆弾』
名前は強烈だけど絶品! 私もぜひマスターしたい一品

このグラスを見るとシュトゥットガルトに帰って来たなぁ〜って^^
クリックすると元のサイズで表示します
この時期はちょうどワイン開きで街中ではシュトゥットガルト恒例のワイン村が開催されていた。夜は雰囲気が良いWeinstubeワイン酒場に連れて行ってもらい、家でもご主人含めて毎晩ワインで晩酌・・・夢のようなワイン三昧の日々(笑) それにしても二人は本当によく飲む。。。 病院の錠剤を白ワインで飲むご主人・・・いつもそうらしい(^^;)

マルクトハレで買い物
クリックすると元のサイズで表示します
青果店にて
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは日本とはだいぶ違うドイツのお肉屋さん

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタのご主人が所属している男性コーラス隊のコンサート
聴衆は美味しい料理を楽しみながらのコンサートということでコーラス隊は揃いのエプロン♪

クリックすると元のサイズで表示します
今回シュトゥットガルトに行った目的はクリスタを中心とした工房仲間の作品展を見るため。私とクリスタはガラスモザイク仲間でもある。小さな画廊の一部を借りた展示。場所にもう少しゆとりがあったらとも思ったけど、クリスタの新しい作品を見てまた良い刺激を受けた。

3日半という短い滞在。けれども工房をサプライズで訪れ、ユリアやマーラーさん、ゴメッツ先生と私の通っている学校のことを話したり、みんなの製作中のステンドグラスを見たり・・・先生はでも私にあまり驚かず、また来たんか、という感じでした(笑)
こちらで知り合った日本人の皆との再会、そこで新しい出会いもありました☆
かつて毎日のように乗っていたS-Bahnと地下鉄を乗り継いで、ほんの3時間だけだったけど当時の大家のゾフコさんと、ちょうど故郷のクロアチアからこちらに来ていた息子のズラトコさんとも再会できました。ゾフコおばちゃん、ひざが少し悪くなったみたいだけど、それでもZovko節は相変わらず健在で元気元気☆ 私が遊びに来たことを本当に喜んでくれて嬉しかった。そして、ラインバッハから持ってきた作品やグラスそれぞれを気に入ってくれた人にプレゼントして、これもとても喜ばれました^^ こうして目の前で喜んでくれると頑張ってもっといいもの作ろう!という気になるもの。

短かったけどたくさんの人と再会できて、やっぱり行ってよかった。
でも今回会えなかった人たちもまだまだいるのです。。。
次はいつ会えるんかな〜 
1

2009/4/19

ただいま  分類なし

ベルリンからラインバッハまでICとバスを乗り継いで7時間
クリックすると元のサイズで表示します
『小腹が空いたときに』ともらった袋の中にはりんごとOsterhaseのチョコレート
これでイースターの休暇も終わり

明日からまた学校です☆

1

2009/4/14

アニー・リーボヴィッツ  Berlin

Annie Leibovitzアニー・リーボヴィッツを知っている人はどのくらいいるんだろう。
確か2年前女流写真家アニー・リーボヴィッツのドキュメンタリー映画をやっていて、梅田のスカイビルに見に行ったっけ。いつか彼女の撮った写真を生で見たいと思っていた私。

その夢が叶った。ラッキーなことに今ちょうど彼女の写真作品展がS-BahnのOranienburgerstrasseの改札口を出てすぐのところにあるC/O Berlinで開催されている。(5月24日まで)


写真なのにドラマみたいだと私は思った。
考えてみると人の顔をこんなにまじまじと見つめることなんて普段の生活ではなかなかないよなぁ。

普通、タイトルに作者の意図は凝縮されてそれが観ている人にとっては解釈の手助けになるけど、アニー・リーボヴィッツの写真作品にはモデルの名前、日付と場所が記入されているだけ。 そうか、モデル本人とこのシチュエーション自体が彼女の作品タイトルなのだとしばらくして気付いた。見ているとこの人はこういう人だ、とかその人にまつわる話が自然と湧いてくる。もちろん私の勝手なイメージ。けど、あながち外れでないような気もする。 外見で人を判断するなと言うけれど、アニー・リーボヴィッツのレンズを通して見るそれはその人の内面を見ているような気分にさせる。


最初作品を見始めたとき、世界的に有名な写真家アニー・リーボヴィッツが撮ったからこの写真は凄い!という思い込みで自分は見ていないだろうかと思った。 

『北海道産の○○』など聞かされるとなんとなく普通のより美味しく感じてしまったり、ピカソが描いたからこれは価値がある絵画なんだ、と自分を納得させているあの感じ。とにかく、意識してないつもりでも人は事前情報に結構コントロールされやすい。私もよくそうなってしまうから。。。 本当にいいものか自分で判断するためには何も知らされてないほうがいい。

人を撮るってとてつもなく難しい仕事のはず。
これは想像だけど、『こうやって私はあなたを撮りたい』という姿勢を彼女はとらないんじゃないかと思う。 いずれにせよ、私は彼女の写真が好きだ。


展示物としての写真数はそれほど多くなかったけど、それでも大きなパネルと本物の現像写真を見ることができて大満足。分厚い85ユーロもする彼女の写真作品集は売り切れで、私も他のお客さんも交代で見本のページをめくっていきました。手に入るならやっぱり欲しいなぁ・・・お金ないけど(泣)

クリックすると元のサイズで表示します
オラニエンブルガ−通りからハッケシャーホーフへ向かう
左にシナゴーグ、右にテレビ塔、そしてよくよく見ると信号が緑のアンペルマン

1

2009/4/12

いろいろなタマゴ  イベント

キリスト復活を祝うこの日曜日。
キリスト教を信仰する家庭の多くでは食卓にラムが並んでいるでしょう。

イースターの象徴として庭の木や家の中の至るところに飾られるタマゴ
クリックすると元のサイズで表示します
シュトゥットガルトで3日間お世話になったクリスタの家にあったコレクション

クリックすると元のサイズで表示します
青いタマゴシリーズ 

クリックすると元のサイズで表示します
同じくクリスタのもの
多くのタマゴはクリスマスツリーのように木に吊り下げられる

クリックすると元のサイズで表示します
これは今日もらったイースターのお菓子セット
大量のタマゴ型のチョコレート♪
でもゼリーとマジパンのウサギやひよこたちは食べられない。。。
かわいいからではなく味がドイツ味で・・・(−−;

1

2009/4/11

ホーム  分類なし

久々の更新です。
前回書いたように今、ベルリンに来ています。

あまりこういうプライベートなことについては普段書かないけど
私には付き合ってもうすぐ2年になる彼氏がいます。

ドイツ人です。

・・・が、日本語をしゃべります。 しかも関西弁。。。

シュトゥットガルトから帰国したあと不思議な縁で日本で知り合った私達。
学校の友達や初めて会った人などにベルリンに住んでいる彼のことを話すと
『だからドイツの学校に来てるんだ』
と言われるけど、そうではないのです。

今の彼がいなくたってラインバッハの学校に行くことはもうずっと前からの私の中の決心であって、たまたま、偶然、そういうことになったのです・・・


とは言いつつ、3年間のAusbildung中いつ一時帰国できるかわからない状況で、『おかえり』と言って家のように迎えてくれる彼や彼の両親、そして同じように私をいつでも温かく迎えてくれるシュトゥットガルトのみんなの存在がなかったらきっとこちらでの生活は辛いだろうなぁ・・・うん、絶対そう。
ホームシックというものにそれまでなったことがなかった私。でも、ラインバッハでの生活を始めてから今はそれがどういうものか少しわかるようになった気がする。


精神的ダメージの大きかった先月の中頃。その後気持ちは楽になったけど無理をしていた体にガタが来てまた胸の痛みが。 でも、シュトゥットガルトの懐かしい友人と再会して色々話し、ベルリンでもゆったりとした時間を過ごしているうちにその痛みも呼吸も楽になりました。 時間とお金がかかっても、実家以外に帰る場所がドイツにあって本当に良かった・・・としみじみ今回の休暇中感じています。


1

2009/4/3

おみやげに  グラビール

今日の授業が終わるとともにイースター休暇が始まりました。
けど今日も工房でギリギリまで作業。

・・・というのもこれらを仕上げたかったから
クリックすると元のサイズで表示します
花瓶などの【本番】に入る前に、だいたいいつも二つ練習用グラスでガラス彫刻をする
左二つは記憶に新しい『Rapport』の練習用グラス
訳あって直線とカーブ、2パターンのダイヤグラムを施しました。本番の花瓶のカーブの具合とこれとではかなり印象が違います。本当はこっちの練習用カーブの方が気に入っている(^^;
右端のはこちらの練習用グラス。
間にある花の彫刻は今取り組んでいる課題の練習。今日磨きをかけてなんとか仕上げることができました。(本番の作品は出来しだいまたアップします)

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと上から撮ったほうが見やすい?!


他にも今までの作品を持っていって、私のドイツでの第一の故郷と言っても過言ではないシュトゥットガルトでお世話になった方々にプレゼントしようと思っています☆ 今回泊めてもらうティファニーのステンド工房で知り合ったクリスタや、クロアチア人大家さんゾフコおばちゃん、現地で知り合った日本人のみんなとの再会が今からすごく楽しみ〜♪

では今から荷造りします(まだしてへんのかいっ!)
次回のブログは8日以降ベルリンから更新お届けします☆


どいつりす様、コメントありがとうございます☆
今日ラインバッハに一晩だけ戻ってきて、明日ベルリンに向かいます。
暖かくなってくると道中の移動も心地よく(冬は立ち止まれば凍死しそうでした)、荷物も軽くなるので嬉しいかぎりです^^
安いチケットでも交通費はなかなかのもので、私の生活直撃ではあるのですが、ラインバッハでの生活を切り詰めてでも出て行きたくなるのです・・・じゃないとやってけない(^^;   休みのときだけの贅沢楽しみます
2

2009/4/2

青空教室  学校

「こんないい天気なんだから外に出ようよ!」
クリックすると元のサイズで表示します
生徒たちの懇願で今日の残りの数学の授業は気持ちいい青空の下で^^
日本ではありえないだろうけどね〜こんなん(笑)
右端の2年生はスケッチをしています

クリックすると元のサイズで表示します
太陽が大好きなドイツ人たち
少しでも暖かくなるとすぐに半そでになり、寝そべって日光浴

先週から街ではアイスを片手に持った人をたくさん見かける
(これも春先から夏の典型的なドイツでの光景)

長くて暗いドイツの冬の後は太陽の暖かさがとても待ち遠しく心地よく感じる。
私も寝そべって日光浴すると、植物みたいに太陽のパワーを吸収できるような気がする。日本だったら日焼けなんてご法度で常に日傘をさしていたけど、なんかそれってちょっとばからしく今は感じてしまう。もちろんシミができるのは嫌だけど、太陽のありがたさを肌で感じるって大事なことじゃないかなぁ?


ゆむるた様、コメントありがとうございます☆
今週は本当に暖かい(というかすでに暑い?!)日が続いていて、やっと春が本当に来た・・・信じていいのかな?と(笑) 友達には5月まで待たないとダメよーと言われていますが(^^; 私も日中はすでに半そでです。でも私、日焼け止めクリーム系が嫌いなんですよ。。。だから日焼け対策には黒日傘だったんですけど、こっちでお天気のいい日に傘さしてたら変人と思われますからねぇ・・・ う〜ん、やっぱりクリーム塗らないとダメですね。
1

2009/4/1

REWEに買出し  なんてことない毎日

今日が期日だったフュージングガラスのデザイン案(パターンのみで色合わせは次回)とガラスオブジェクトの三投影図をそれぞれ無事に仕上げて提出しました。
これでやっとしばらく課題やテストなどから解放される!最近夜更かししてこの課題のためにパソコンと机の前に座りっぱなしだったので疲れが抜けない日々が続いていました。 でも、明日と明後日を乗り切ったら待ちわびていた2週間のイースター休み!!! 休暇中はシュトゥットガルトとベルリンに行きます♪


ところで今日はいつも行くスーパーREWEのタイムセールス(?)時間が夜の8時から10時までありました。本やタバコ等を除く全ての商品が15%OFF!シュトゥットガルトに住んでいたときもよくREWEで買い物していたけどこういうのは初めて。 

実は昨日、わざわざ待って8時過ぎにREWEに意気込んで買い物に行った私。。。 でもガラリとした店内に入ってからやっとセールは明日だった(ガーン!!!)と気づいたのでした。宣伝広告見てたのに勘違い。。。500mlのヴォルヴィックだけ買って昨日は虚しく退散。


そして今日、気を取り直しても一度REWEへ。
でもその前に
クリックすると元のサイズで表示します
8時になるまでラインバッハの市民公園でマリア、カーメンと春の暖かい日差しを堪能。サマータイムだから8時でも明るい。

店内はさすがに昨日とは違ってたくさんお客さんがいる。
土曜からラインバッハを離れるので生鮮食品は買えない(冷蔵庫空にして電源抜かなあかんし・・・) なのでお菓子コーナーを物色していると・・・Bクラスのビルテに発見されてしまう(笑)続いてシュテファンとピットにも遭遇。 自分では気づかなくても相手に発見されやすい私。声をかけられたり、『こないだ見たで〜』とかよく言われる。。。『あーあの日本人のあの子』とダイレクトに私のイメージが湧くのは良いことだけど、時と場合によっては不便だ。学校の子だけでなく、顔見知りになっているお店や郵便局の人、文房具屋のおじさんなどに、いつどこで何を見られているかわからない。 マイノリティ日本人、悪いことはできない (^^;

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ