2007/2/28

何も考えられない  分類なし

今年がうるう年だったら良かったのに… そしたらもう1日長くドイツにいられたのに…
なんだか頭がくらくらしてくる。

工房の仕事
・ゴメッツ先生からの課題。正直来週までに全部仕上げられるか分からない。ただでさえ今はピンセットを使う作業をしているから5時間以上経ってくるとそれはもうとてつもなく疲れる。

自分の仕事
・帰国する前に仕上げたい作りかけのものがある。けど先生の課題を優先してそれを完成させられるかも分からない。ほんとはそれを作りたい…だからストレスがたまる。 そしてお世話になったみんなにも何か作りたかったけど…それは絶対無理。時間がなさすぎる。

手続き
・ 外国人局に行き出国手続きをする。なんかいちゃもんつけられそうな気がする。その準備で銀行に行かないといけないし日本にいる親に頼まないといけないこともある。
・ 航空会社に電話してリコンファーム
・ いらない荷物を郵便局に持って行き日本に送る。
・私の後ここに住むことになるふみこさんと日時を決めてもう1度話をする
・ 借りている携帯をHsueanに返しに行く。返す前に会えない友達に電話する。

プライベート
・ 平日仕事が終わった後も休日も帰国まで予定がつまっている。みんなから色々招待を受けて嬉しい。すごく嬉しい。けど自分のお別れ会は、見送られるのは悲しい。私の番が来たのか。

今日3人とお別れだった。
クリックすると元のサイズで表示します
ツヴァイクレさんと旦那さん 
一番最初に知り合った工房仲間のツヴァイクレさん。
目の手術を受けることになって工房にも長いこと来れないって。
水曜仲間の優しくて上品なシュヴァーブさんと「日本ではどうなの?」ってよく話しかけてくれたナストロイさん。来週まだ会えると思ってたのに今日お別れなんて… 
もっとしゃべっておけばよかったよ。3人との今までのことと別れの言葉が甦ってくる。ラジオから流れるビリージョエルの曲がもっと悲しくさせる。来週はかけないでほしい。来週から毎日がお別れだから… 辛い。辛すぎる。

こんなにたくさんいい人たちに出会ったことが今は辛い。
工房に来る月曜の火曜の… 来週私は毎日各曜日のおじいちゃんおばあちゃんに別れを告げなきゃいけない。夕方6時に私は一人作業場でたぶんたまらない気持ちになってると思う。 それだけじゃない。Stammtischのみんな、語学コースの友達、Stuttgartで知り合った日本人、ゴメッツ先生や他のスタッフ、最後にはゾフコおばちゃんとも…
もう3月なのも信じられないし、再来週に自分が日本に帰ることも信じられない。
やらないといけないこととドイツを去るという現実が私を苦しめてる。
スーツケースはまだ空。 けど荷物詰めないといけないんだ。


1

2007/2/27

ドイツの巨大源氏パイ  なんてことない毎日

すごいもん発見!
昨日ブレーメンにいたとき駅のパン屋で見つけて買ったこれ!
(たぶんこっちでも売ってると思うけど)
クリックすると元のサイズで表示します
どう考えてもこれ源氏パイでしょ 
まぁチョコがかかってるけど。決定的な違いはその異様なデカさやけど。
ショルツ氏が結婚記念日のため作ってたハートモチーフと並べてみた。
(比較になってないと今気付いたあほな私) 
どきどきしながら一口。
顔が隠せるほどの大きさで厚みは1cm弱あるけどこの味・この食感…

完全に源氏パイ!!!

そのときの驚きと感動ったら形容し難い。あんなにおいしい源氏パイをスモールライトで巨大化させた夢のような一品!でもドイツ人で誰がこの気持ち分かってくれる?!
Niemand! 味は期待してなかったのにまさかドイツで源氏パイ?!ありえへん信じられへんけどそれはまさしく源氏パイ!!!

たぶん一人でにやにやして食べてたんだろう。
工房仲間のアリスとショルツ氏がやって来てこう言った。
「あー Schweinoehrchen【ブタの耳】ね」

なんて??? ブタの耳?そういえばショーケースに確かに豚のなんとかって書いてあったけど… どこが?! ハートのなんかとかそういう名前じゃなくて? そしたらアリスがこう説明してくれた。
「真ん中で半分に切ってみたらブタの耳みたいでしょ だからSchweinoehrchenて言うのよ確か」

え〜 そうか〜???完全に私には源氏パイとしてインプットされてるからそれをブタの耳なんて… ドイツ語でSchweinが豚。耳はOhrで、小さなかわいらしいものには〜chenがつく。だから正確には【ブタのちっちゃなお耳】。んー例えばベイブの?
…けどやっぱりブタ耳て!源氏パイがかわいそうだ! 
日本のお菓子と見た目も味もそっくりやねん!って興奮気味に話したけどこの気持ち絶対伝わってない。誰でもいいから日本人と分かち合いたいよー

ところで源氏パイってなんで源氏?どこかで聞いたことがある気もするけど。 あと、もしかしてこっちのブタ耳が日本に伝わって源氏パイが生まれた?ほんとに味も形も一緒やもん。名前と大きさが全然違うけど…謎。 とにかくひとつ言えるのは、ドイツのブタ耳一個食べたらたぶん源氏パイ一袋に相当しそうだということ。半分はゴメッツ先生にあげた。丸一個食べたらカロリーが恐ろしいことになる。
1

2007/2/26

ネフさん訪ねて三千里  分類なし

三千里あるかは知らないけどとにかく遠いわブレーメンは。しかもネフさんの住んでるとこは中央駅から24kmさらに北上したWorpswedeヴォルプスヴェーデ。土日は2時間に1本しか走ってないというバスに50分揺られようやく到着。

さかのぼること去年の3月14日ホワイトデー。関空を出発してタイ→シンガポールを経由しフランクフルトへ向かった鬼の24時間フライト。タイの蒸し暑さにやられてぐったりしていた私の横の席がドイツ人のおばあちゃんネフさんだった。(このときからすでにお年寄りとの交流が始まる) ニュージーランド1ヶ月の旅を終えてドイツに戻るネフさんとこれからドイツに留学しにいく私。そりゃもうひどいドイツ語だったと思うけどなんとか会話して空の旅約10時間をともに過ごした。私のこと気に入ったのかブレーメンに来ることがあったらおいでと言われ住所と電話番号を書いたメモを渡された。それが始まり。とにかく私のドイツ留学で一番最初に出会ったドイツ人が彼女。

夏旅(Worpswede編早く書きたいけど進まん)で初訪問。厚かましくも3日間滞在。そして今回は私が帰国する前にもう一度おいでってことで。 本っ当に人の出会いって不思議やと思う。ネフさんと話していると、こんなにも自分と同じものの考え方、感性と好みを持つ人がいるんや!って話していて常々驚いてしまう。彼女も全く同じことを言う。世代も育った環境も国籍も違うのに。 たまたま飛行機で隣の席になった人とこんなに繋がりがあって分かり合えるなんて…あれは偶然じゃなくて必然だった…うん、私たちはお互いそう思ってる。

見せたかった自分のステンドグラス。思っていた通り、むしろ期待以上にネフさんは言わなくても私の意図していること、どんな印象を与えるかなどを的確に表現してくれる。まるで持っているトランプの数字を当てられていくみたい。やっぱりこの人は私と同じこと感じてるんやなぁ… そして最後に「あなたは本当にガラスの道を歩むべきよ 自信を持って」 もともと自信過剰だけどそう言われたらやっぱり嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します
夏のときの写真 ネフさんとお家

かつてWorpswedeにはたくさんの芸術家が住み、今はその子孫とお金持ちが住む一帯。
ネフさんは中でもスーパー金持ちおばあちゃん。だってシャガールやピカソの原画持ってるもん。家がまさに美術館。至る所に絵画、花瓶にはクジャクの羽根、日本のお宝もざくざく出てきてほんとに最初は唖然。普通のおばあちゃんと思ってたのに。 日本ではたぶん全く知られてないと思うけどHeinlich Vogelerというこの村出身の画家、私はこの人の絵が大好き。(ネフさんに教えられて知った)2回目になるけどVogelerの作品を展示している二つの美術館を訪れる。でもですね、ネフさんは彼の原画と手がけた家具も持っているのです! えっ?!さっきガラスケースの中にあったんコピーやったん??? ほんまにどんだけ金持ちなんや(笑)

残念だったのはネフさんの体調があまり良くなかったこと。知らずに来てすごく申し訳なかった。2週間後にはアンコールワットの遺跡を巡る旅に出る彼女。早く体調がよくなりますように。 今日の別れの際、私が作ったステンドのキャンドル立てをプレゼントした。喜んでくれて私も嬉しい。また再会を約束してお別れ。

クリックすると元のサイズで表示します
ご近所の家 「地球の歩き方」にもこの家の写真が載ってる
Worpswede独特の家の造りでぽつぽつ歩いてると発見できる

クリックすると元のサイズで表示します
ネフさんのペット亀 名前はない 広ーい庭で放し飼い
これも夏のときの写真で今は物置で冬眠してるんだと
ちなみに私のプロフィールの写真のアヒルさん(ガチョウか?)
ネフさん家の近所でこれまた放し飼いにされてる子です。見に行ったら相変わらずって感じやった(笑)
1

2007/2/23

初もんじゃ  なんてことない毎日

夜、こちらでお世話になっているMさんファミリーの家で14人集まってもんじゃ焼きパーティー。生まれて初めてもんじゃ焼きを食べた(しかもドイツで) だって関西にはないもん。あったとしてもこんなん絶対食べへんて思ってたけど…おいしゅうございました☆  その後プロジェクターを使って韓国映画「JSA」を鑑賞。これがイ・ビョンホンかー。へー。 

明日は6時間かけてブレーメンの知り合いの所に行ってきます。月曜夜に帰ってくる予定。荷造りしなきゃ。でわみなさまSchoenes Wochenende!良い週末を!
1

2007/2/22

クリスタのお家  なんてことない毎日

木曜メンバーで仲良しのChristaの家に招待された。
見たことないようなお宝がいっぱいの家。お宝鑑定団に出したら1年分くらい放送できそうだ。イタリア語の先生と料理コースの講師としてかつて働いていた彼女。旅行をするのが大好きで夫とともに各地で集めたそう。 友人のギリシア人夫婦ともこの場で知り合う。

クリックすると元のサイズで表示します
まるでプライベートレストランのよう… 
左手前がクリスタの旦那さん 独特のキャラです
右端がクリスタ 明朗快活という言葉がぴったり 私クリスタ大好き
2人の間がギリシア人夫婦 ドイツで暮らして約30年 ギリシアレストランを経営

料理はもちろんだけどお酒もどれもピカイチだった。私なんかが飲んでいいの?って思う品々。日本では絶対飲めないだろうな。こんなにまろやかでおいしい赤ワインを飲んだのは初めて!しかも見たことないような大きさのワイングラスで(直径10cm以上高さ25cmくらい) これも最初でそしておそらく最後の初体験。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい食事にお酒、一流の食器&家具装飾品、最高の夜景そしてピアノの生演奏…
あぁ夢のよう…  寡黙な旦那ヴィルヘルムだけど弾き語りをしながらとても楽しそう。
徐々に打ち解けて2人で色々話ができてよかった。(彼から「シンカンセン」と「ヤクザ」知ってる?って聞かれたときはびっくりしたけど笑 新幹線はともかくやくざって世界で通じる日本語やもんね) ギリシア人夫婦、夫は渋くてかっこいい、奥さんはいつもニコニコ☆今度ぜひお店に食べに行きたい! みんなで夜遅くまで食べて飲んでしゃべって笑って… 帰り、バスを待っている間見上げた星空がとても綺麗で、さらに気分がよくなって帰ってきたところ。
1

2007/2/20

必見!ドイツの仮装パレード  イベント

何も言わずに今日はフォトギャラリー見て楽しんでください。
今日行われたStuttgartのFaschingファッシング。ちなみに本場ケルンのカーニバル、マインツのファストナッハトはこれの数十倍の規模と思われます^^;

13時、私の家の前の通りから始まり約3時間に渡りNarr道化師たちが街をねり歩く。
パレードを先導するのは馬に乗ったPolizei警察官たち 楽しそうに見えた。
クリックすると元のサイズで表示します
序盤に登場した魔女
悲劇はここから始まった。 パレードスタート地点の最前列で見ていた私たち。
日本人の若者でNarrたちの目に付くらしく、必ず絡まれ襲われる。 この魔女には友達Tが捕まり30mくらい拉致られて連れて行かれる。救出するのが大変だった。

クリックすると元のサイズで表示します
松ぼっくりの妖精?むしろ妖怪 思いっきりハグされて髪の毛ぐちゃぐちゃにされる

クリックすると元のサイズで表示します
当然恐い魔女やNarrばかりではない 
7人の小人に扮した子供たちがみんなにお菓子を配って歩く かわい〜

クリックすると元のサイズで表示します
これはまさしくドイツ版なまはげと言おうか
私はこの左に捕まって顔に落書きされた…ほんま最悪や!
左頬にされた青いペイント、なかなか落ちないんですけどっ

たくさん写真撮ったので続きはRead Moreへ! 
ドイツ人仕事せずこんなことしてます(笑)
続きを読む
1

2007/2/19

追記  分類なし

その後パソコンのバッテリーが切れてもう1度復活させたところ、画像の機能障害が直ってた。ほんと一体なんやったんや?! とにかくドイツ旅ベルリン編1日目をアップしましたのでお知らせします。
1

2007/2/19

昨日もそして今日も問題発生  困った・・・

【昨日のこと】
めっちゃ最悪や。夏旅の写真をアップロードして文章も完成させたのにいきなりAOLの接続が切れてすべて消去… なんで?ほんまなんでなん?!1度や2度じゃない。これまで何度も苦労を水の泡にしてくれた。うちは特に電話回線だからそりゃもう時間がかかってるわけですよ(怒) すべての写真をアップロードするのに1時間以上かかったあとそれがサーバーの問題とかなんとかでできれいに消滅したとき。。。 萎える。 ドイツ旅ベルリン編はまた次回。


さて、昨日は私は工房へ、ゲシェは2泊してまた大学のあるボンに帰って行きました。
近い将来またドイツか日本で会うことになるだろうから別れは寂しくない。
工房にはゲストがたくさんやってきた。みんなこちらで知り合った日本人の方たち。気にはなっていたけど今まで中に入れなかった、という人たちのために私が案内。Yさんは結婚10周年記念にうちの工房のTiffanyランプをオーダーしてプレゼントしてもらうつもりらしい。しかし決してランプは安くはない。私もびっくりしてしまうけど10万〜15万円前後のものがザラにある。手作りだからそれくらいになってしまうんだろうけど価格にはまだ私も慣れてない。 旦那さん、がんばってください(笑)

思い起こせば今週一週間、ZDFの訪問からバレンタイン、映画観てゲシェが突然やってきて飲みに行って… かなり波乱万丈な一週間だった。疲れた。 今日は家で休んでZovkoおばちゃんと煮込みハンバーグを作った。
【ほんとはここに写真が来るはずだった!】
帰国までにマスターしたいということで伝授。 南ドイツ料理ではおなじみのKnoedelじゃがいも団子とともに。これ結構合うね。単品は好きじゃないねんけど。 

【どういうことなんでしょうか。私ってやっぱり機械と相性悪いんかも… 今度は画像がアップできなくなった。どうしてもダメ。それ以外は機能するのに。なんで?意味不明。このやりきれない怒りはどこにぶつけたらいいの?!ほんまどないなってんねーん怒】
1

2007/2/16

おすすめ美術館  分類なし

朝起きてゲシェがシャワーを浴びている間に私はひいきのパン屋Treiberへ。焼きたてプレッツェルとクロワッサンとフルーツにコーヒー。我ながら素晴らしい朝食(笑)
郵便局に私の不要な荷物をまとめたダンボール箱(ジャスト10s)を2人で運び、「日本に先に輸送作戦@」完了。でもまだ輸送作戦Aが来月あるねんな… 

そんなことはさておきゲシェとKUNSTMUSEUM STUTTGARTへ。帰国前に行きたいと思っていた所のひとつ。そして灯台下暗しとはまさにこのこと。今まで数々の美術館を訪れたけど、これほどおもしろい!と思える美術館はなかった。しかもよく通るメインストリートに立地してるんだから(笑) 建物の構造自体がまずおもしろい。展示はモダンアートばかり。でもモダンアートの苦手な私でも楽しめる作品がいっぱい。

2005年の3月にオープンしたばかりの新しい美術館。『地球の○き方』に早く載せて欲しいシュトゥットガルトお薦めスポットになった。ベンツミュージアムにポルシェミュージアム…車だけじゃないんやで!ってとこをアピールしんとね!

クリックすると元のサイズで表示します
ドイツ赤十字の訓練体験ボックス?にて笑
これを芸術展示にしてるんやからすごいよね

●KUNSTMUSEUM STUTTGART
http://www.kunstmuseum-stuttgart.de/de/index.php?site=2&page=1
ドイツ語のみの表記なんですけど興味のある方へ
●住所
Kleiner Schlossplatz 1
70173 Stuttgart
メインストリートKoenigstrasseを中央駅からまっすぐ300mほどで新宮殿広場Schlossplatz、右側にキューブ型のガラス張りの建物が見えてきます。そこがKunstmuseum
●開館時間
Di, Do bis So: 10 – 18 Uhr 火・木〜日:10時−18時
Mi und Fr: 10 – 21 Uhr   水・金:10時−21時
Mo: Geschlossen      月・休館 

クリックすると元のサイズで表示します
Kunstmuseum5階から見下ろしたSchlossplatz
良い天気すぎ☆

4時間以上美術館にいたので次予定していた場所に行けなくなっちゃった…
ので買い物して散歩して家でごはん作って夕食。

その後再び街に出てDeutsch-Japanisch Stammtischへ。 ボンからのゲストということでゲシェを紹介して、ビール片手に夜は更け… 帰宅1時。明日は朝から工房です…
1

2007/2/15

突然の訪問  分類なし

なんだか体がだるくて今日は昼から工房に行こうとまだベッドで寝ていたとき、携帯にメール受信音。しばらくして寝ぼけながら見る。ドイツ語や(しかも長文)。寝起きにドイツ語読むのは嫌や… そんなことを思いながら読む。

【今アウトバーン走ってるから。たぶん2時までには着くと思う。中央駅で待ち合わせする?とにかくまた連絡するね】

???誰から? Gesche… ゲシェから…? いや、でも遊びに来るって約束したんは確か来週の木曜じゃなかったっけ????????????????
寝起き→ドイツ語のメール→来週来るはずの友達がなぜか今すでにStuttgartに向かっているらしい=理解不能

夢か。これは夢やな。 しっかり者のゲシェが決めた日時を間違えるなんてありえへんよね… とりあえず電話。
私「今どこ?」
ゲ『さっきボン出て車で走ってるよ 1時間以内にはそっち着く』
私「あの、来るのって来週ちゃうかったっけ…?」
ゲ『…そうだったっけ???』
私「??????????」

これは夢ではない。なんだかよくわからないがとにかく彼女を乗せた車は今高速飛ばしてStuttgartに接近中である! 時計はすでに1時過ぎ。今から友達が来るのに部屋は散らかりまくり。しかも冷蔵庫には確かバターとヨーグルトとキウイしか入ってないぞ…
A型の私は来客があるときはもう準備万端。でも普段はカオス的生活。不意打ちには弱いんです。やめて^^;  …絶対来週やったって来るのは!!!

プレッツェルを買い中央駅で彼女を待つ。
そしてゲシェ現る。 手に持ってるのは寝袋?!いや、ベッドソファあるって(笑) 
単に彼女は勘違いして来てしまったらしい。けどいい。なにはともあれ再会は嬉しいから。

クリックすると元のサイズで表示します
スパゲッティアイスとカプチーノを頼んだGesche
(注・スパゲッティアイス=スパゲッティ状のアイス スパゲッティではない)
昔から全然変わってないなぁ〜。

私たち、出会ったのは確か5年前? とにかく私が高校3年になる前の春休み。高校のプログラムで2週間ドイツにホームステイをする機会があった。もちろんドイツ語は話せず、たどたどしい英語でなんとか意思疎通していたあの頃。私の受け入れ先が1歳年下のゲシェの家だった。その後日本のうちの家に彼女がホームステイ。さらに翌々年も遊びに来て日本で2回、ドイツでは最初の出会いと去年夏に出身地Kielキールに訪ねに行ったとき、そして今回の訪問で3回(計5回会ったのか)。 夏に会ったとはいえ積もる話はいろいろあって…

夕方私の働いている工房に連れて行って少し案内。ゲシェも一緒に木曜メンバーでワイン居酒屋へ飲みに行く。(うち、冷蔵庫なんもないし)

私ら女性6人のテーブルに途中からばりばりシュヴェービッシュを話すおじいちゃん2人が乱入(ナンパ)。 仕方なく2時間ほど相席。はたから見たら私らどんな集いかわからないだろう(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
左からゲシェ、工房仲間のBruni、おじいちゃん1号

クリックすると元のサイズで表示します
ラコステの赤ポロシャツを着用おじいちゃん2号(年取ったマリオっぽい)、Julia、Christa(ほんとは2人の間にKarinもいる)

このおじいちゃんら何しゃべってるか分かる?って聞いたら北ドイツ出身のゲシェも分からないって(笑)

家でも色々しゃべってベッドへ。 目を閉じてGescheの突然の訪問から木曜メンバーのみんなと飲みに行った今日一日のことを振り返る。 ゲシェとの出会いがなかったら私はドイツで今こうして生活していなかったと思うし、大好きな工房のみんなとも会うことはなかった。高校のときから今までのことがたくさん甦ってくる。 大げさかもしれんけど、ゲシェは私の運命の人の一人だと思う。彼女と出会ったから、ドイツが好きになったから、大学でドイツ語を専攻し、今ドイツでステンドグラスを学びつつ暮らしている私。驚くべきことに、そして嬉しいことにゲシェは今ボン大学で日本語学を専攻している。いつか日本に留学したいと言う。彼女にとっても私は運命の人なんかな? 
色々考えて、なかなか寝れなかった。
1

2007/2/14

バレンタイン  イベント

ドイツではバレンタインは男性が女性にプレゼントをするのが普通なのです。
しかもチョコではなくお花をプレゼントするのが主流。だから花屋さんは最高に忙しく、花の値段も高くなるらしい。 日本はバレンタインはチョコレートデイやもんね。今年もすごいバレンタイン商戦が繰り広げられたんでしょう…

工房にて男性陣に奥さんに何かあげるか聞いてみた。
ショルツ氏「結婚指輪を28年前にあげたから何もあげない」
ホレンダー氏も彼と同じく。
ゴメッツ先生「毎日schoenなキスをしてあげてるから彼女は何もいらないんだ」
…ノロケかいっ!^^;

毎年何か作るし、水曜メンバーのみんなからは毎週ごちそうになってるのでお礼もかねて
トリュフを作った。 トリュフってあまりにもオーソドックスなので今まで作ったことなかったけど適当に調べたレシピのうろ覚えで挑戦。 スーパーで1番安い400gチョコ1.2€(約200円)と生クリーム200ml 0.39€(約60円)を購入。初めて作ったけど、超安いし簡単なのにおいしいやんこれ!やっぱり安くても品質がいいから?

工房のみんなにも大人気
クリックすると元のサイズで表示します
昨日夜なべして作った甲斐があった
驚いたことにみんなトリュフを知らなかった。
日本ではバレンタインレシピとしてこんなにメジャーなのに。
“super lecker!!!めっちゃおいしいっ” どうやって作るの?!って質問攻め。
レシピ書くほどでもないんやけどみんなメモっていた。 ゴメッツ先生もトリュフがとても気に入ったらしく、奥さんと娘さんらの分を取り分けて包んでいた(笑)
よかったよかった


夜は映画を観に行く。 ドイツでは先々週から公開されているビヨンセ主演の『DREAM GIRLS』 ビヨンセってスターそのもの☆って感じよねやっぱり。化粧してだんだん今のビヨンセになっていくのもおもしろかった。 もともとミュージカル的なものが好きな私は大満足。これは映画館の大画面で見るべき。 でも男友達から言わせると「中身がない!」とあまり気に入らなかったらしい。 女の子には受ける映画かなー。  
1

2007/2/13

めでたいねー  なんてことない毎日

バレンタインの前日2月13日は私の妹の誕生日なのです。
成人式迎えたときはまだ成人してなかったのについに二十歳になって…ありえへんわー
当の本人は今週から大学のサークルでスノボ合宿に行ってるらしい。 スキー用手袋がないので「どこやってん!」となかば苦情と思われるメールが来ていた。手袋なら1度も使われることなく私の部屋にある。これからも使うことはないと思ったのでもう日本に発送する用のダンボール箱に入ってる。かわいそうに。肝心なときになくて、必要されない人の手元にずっといる手袋。

妹以外にも今日誕生日の友達が2人いる。だからみずがめ座多すぎやねんて(笑)
3人まとめて誕生日おめでとう☆


ZDFの件、この仕事を紹介してくれた大学のN村先生に昨日さっそく報告したら
『宴会担当?適任やな(笑)。
宴会部長日本代表ということで、日の丸背負って頑張ってくれ!』と返事。
宴会じゃないのよ カフェなのよっ(あくまでこだわり)
はーい、日の丸背負ってがんばりますー

何も今まで言ってなかったけど親にも報告。
『エーッ!お母さんもメール読んで目を疑ったヨっ!!! (中略)ドイツに行った甲斐があったね。まぁ、その意志の強さと押しの強さはお母さんの血を引いているからね(笑)』
私もこのメール読んで目を疑ったヨっ!!! 5年ぶりくらいに褒められたわ。いつも怒られていたのでちょっと嬉しい。そして言われてみれば、そうかもしれん。遺伝かこの性格は(笑)
2

2007/2/12

ドイツのテレビ局を訪問  イベント

行ってきましたZDF(Zweites Deutsches Fernsehen)ドイツ第2テレビ放送♪
Senderbetriebsgebaeude4003の部屋を訪れついに初対面!
Woebcckeさん、ZDFスポーツ部門の雇用責任者でした…
同じ部屋の同僚Ebner氏、スポーツ部門の局長でした…
役職聞いたら(ひぃ〜〜〜)って思うけど、めちゃフレンドリーな2人で、大阪に行ったらあれが食べたいこれが食べたいと(笑) 
そういうことなら私にお任せあれ〜 食い倒れの街案内しまっせ☆
2人とも大喜び。とりあえず飲みにいく約束をする。

おっと、ここに来たのは仕事の話をするためだった。 
世界陸上in大阪。私の仕事は???
担当は…カフェ! ほんまにコーヒー係になった(笑)!!
総勢150名来るZDFチームスタッフの憩いの場となるカフェで、みんなを和ませる役をしてほしいと言われた。 んー 浴衣着て働いてみるとか? 違う?

2人が口をそろえて言うには『大事なのはお互いに楽しみながら働くこと!』
ドイツ人らしい。こういうとこ大好き。だからドイツって仕事場でストレスが少ないんだと思う。 おかしかったのは日本に持ち込む機材リストにコーヒーメーカーが入っていたこと(笑)! ホテルにも設置するみたい。おいしくて良いコーヒーなかったら生きていけないもんねドイツ人(笑)

*写真で振り返る1日*
ZDFが拠点を置くMainzマインツ。Stuttgartから約2時間半。
夏の一人旅でシャガールのステンドグラスを見るため1度来たことがある。
来週から始まるFaschingファッシング。マインツはケルンと並んで有名。
クリックすると元のサイズで表示します
さすが本場!Kaufhofが別館にカーニバルグッズの広い売り場を用意してる!
写真は宣伝ポスター。 ちなみにマインツではFassenachtと言うみたい(というか、StuttgartのFaschingが例外なんかも…) Meenzもこっちの訛りやろね。

クリックすると元のサイズで表示します
イチゴ&パイナップルコスチューム☆ お値打ち42.50€!(約7000円)
んなあほな!誰が買うねん、誰が着るねんっ!と思うでしょ?! 
こっちのカーニバルほんますごいんやから(笑)  去年11月、偶然ケルンのカーニバル(1番大きいのが今回の)を見る機会があったから知ってるけど… まさに絶句
絶対見るべきやわ。

さーバス乗ってそろそろ行こうかね。 切符1枚ください。
運転手「今料金箱壊れてるからいいよ 乗りな」
って そんなんでいいんかいっ^^; 片道2.2€得したラッキー

クリックすると元のサイズで表示します
前方に見えるこの建物がもしやZDF?! ピカソの偶像版のようなオブジェとともに
これ以外に大きな建物が3つ。 駐車場も巨大。散歩ができそうな。

収録スタジオを色々見学
クリックすると元のサイズで表示します
打ち合わせ中
クリックすると元のサイズで表示します
ZDFゴールデンで放送の報道番組『WISO』のリハーサルの様子
2人のおかげで番組制作の裏側が見れて感激!!!
テレビで見る以上に広いスタジオだけどセット等はシンプル。右のマイクを持った女性がディレクターでカメラマン、音響等に指示をテキパキ

他にも『Hallo Deutschland』のスタジオに入ってなんちゃってアナウンサーなことさせてもらったり(写真は恥ずかしいから載せない 笑)、編集室や他の部屋をWoebckeさんの解説つきで案内してもらって大満足! ほんとめちゃ感謝です!

局内見学を終え、他のスタッフさんらにも色々挨拶をしてお別れ。
「夏にまたね!」
大阪でみんなが来るの待ってます!!!
今からめっちゃ夏が楽しみや〜♪
1

2007/2/11

やばいです・・・  分類なし

なんかどえらいことになりそうです。
何から説明しよう。 
え〜今年の夏、大阪で世界陸上があるそうです。で、ドイツのテレビ局ARDが現地スタッフを探しているという情報が入ってきて、先月初めに応募をしたんですね。そしたら残念ながらARDはもう締め切ったって返事が。あかんかったわーと思っていたら、担当者曰く『ZDFはまだ募集してるからあなたのこと伝えとくわ』って続きが。
ZDFって言ったらこっちではかなり大きいテレビ局。私もよく見てるし、調べたらここって日本のTBSと提携してるんやって。 

しばらくしてZDFのWoebckeさんて人からメールが来て、
『あなたを採用します』って!!!
しかも
『帰国する前に個人的に知り合いたいので是非ZDFに来て!直接話しましょう』って!!!

えーーーーーー!!! 行っていいんですかーーーー!!!!!!!

「(ZDF本社のある)Mainzまで行きます!」
と返事をしたら今日受け取ったWoebckeさんからのメールで
『じゃあ12日の月曜14:30に局の受付まで来て下さい』って

12日って明日っ?!

そりゃ確かに月曜が都合がいいとは言いましたけど(笑)
予想外なうえになんて急な展開… ちょっと心構えってもんが必要でしょ(汗)
私のはったり応募がまさかこんなことになるとは……
最初は招待されて単純に喜んでたけど事の重大さに気付く。
たぶん向こうは相当ドイツ語できるとか思ってるんじゃなかろうか。。。
いや、無理ですよ。
私はドイツ人アスリート達にコーヒー入れる係ぐらいを想定してたんやから^^; 
やばいやばいやばいやばいーーー

たぶんWoebckeさんてそれなりに地位のある方じゃないかと思う。編集局長????
まさかね(焦) でも今回の世界陸上の担当者であることは間違いない。
明日会って(こいつ全然使えへんやん)とか思われたらどうしよ。
改めて…やーばーいー… 
私のドイツ留学ニューストップ3にこれは入りそうだ。

でも決まってしまったんやし腹をくくって行くしかないよね。
ドイツのテレビ局を訪問する機会とかそうないことやし。
行ったもん勝ちや はったりバンザーイ(やけっぱち)



 
1

2007/2/10

次は仏教  なんてことない毎日

試験は無事に遅刻することもなく終わりました。
口答試験では試験官2人が乗り気な人で、普通におしゃべりをして時間が経った感じ。
ほんとに簡単な試験なので大丈夫でしょう。 とか言って落ちてたらどうしよ 恥^^;
結果は日本に郵送してもらうよう手続きして終了。


夜は月曜に電話がかかってきた台湾人Hsueanの誘いで仏教の会へ。
キリスト教の次は仏教。 縁とは不思議なもので…
まさかドイツでこんなに仏教が普及しているなんてね。 ほんとすごいわ。
今までも2回くらい参加したことあるけど毎回いろんな意味で衝撃を受ける。
メンバーは語学クラス並みにインターナショナルで、
みんな手を合わせて「ナンミョーホーレンゲーキョー」って。
なんとも形容し難い異空間。

はっきり言っておくけど、私はクリスチャンにも仏教信者にもなる気は全くない。
信じるのは自分のみですから (えらそーに)
でも仏教と出会い念仏を唱えることで人生観が変わったなんて人の話を色々聞いてると
ほぉ〜…と客観的に見ておもしろいなと思う。
彼らには言わなかったけど、日本のと、ここヨーロッパで広まっている信仰はもう少し枝分かれして違うものになってきている(もちろん根本は同じだけど)ように感じる。
宗教ってでもこうして世界中に広がっていくんや。
本来なら私がフランシスコザビエル役やけど(笑)
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ