2006/10/30

東京の友人が遊びに来てくれた。  なごみ・雑談系

東京よりマイミクのみっつさんえみゅさんがバイクで遊びに来てくれた♪ (ずっと下道は大変だったろうなぁ)
遠い所どーもお疲れっす!!

おみやげにと、ふにゃふにゃなロディの置物(金・銀)と お菓子の“ひよこ”を頂いてしまった
有難うねー!!  みんなでいただきました〜


まずは雨が降って来そうなので宿泊先へバイクを置きに行くと同時にチェックインを済まして頂く事に。
(フーッ 間一髪でが降って来たね。)

その後はみんなでに乗り換えて移動

(数日前にBOSSさんと話してたら、二人が名古屋に来たのなら是非とも“銀映”に連れて行ってあげて欲しいとの事もあり今回の名古屋観光の一つに加える )

GINEIとは友人さんのお店である “ライブシアター銀映” の事だ。
詳細は↓を見てやってください。
http://www.nagoya-ginei.co.jp/home/next.html  

熱いステージを見せて頂いた後、皆で食事

どーせなら名古屋らしい食事をして頂きたい。
美味しいものからイロモノまで色々あるが何にしよう・・・

それならと、直ぐに脳裏にひらめいたのは“”だ!
しかし時すでに遅く閉店時間になってしまっている・・・ 
残念・・・
(彼らは助かったと言うべきなのか?)

ならば味噌カツを食べに行こうとイオンに行ってみたら、ぬぁんとカツ屋が無い

京都料理やイタリア料理、すしにうどん、デザートやラーメン店等などが並んでいる。
どの店も美味そうだが残念ながら名古屋を象徴する食べ物が見つからない・・・

まあ、この際イロモノは諦めて美味しい食事をいただく事にした。

その後は きっとお二人はお疲れだろうし、翌日 長野経由で下道を走って帰らなくてはならないので早めに解散。

日曜は見事にとなり無事帰られた。
また来てよねー! 次回こそは是非とも“”に行きましょーう(^^)v

0

2006/10/23

不思議なモンだ。  ☆ バイク系 パーツ編

以前書いたオーリンズ正立フォーク装着コメントの前後の話。

装着前
自分のフロントフォークのダンピング特性がとても気に入らなかった。
フォークオイルのヘタりを感じていたのは確かだが、オイルの硬さ調整だけでは特性が偏りがちになる事が気になっていた・・・

そんな時にタイミング良くオーリンズ社の正立フロントフォークkitのお試しが舞い込んだ♪
そしてオーリンズのフォークは理想的だった。 これは前にも書いた。


装着後
オーリンズのkitは帰っていった・・・
そして恐怖の時、自分のフォークに戻す時が来た。
純粋に違いを感じたかったので、ヘタったフォークをあえてそのまま組む!!

しかも交換後 いきなり 東京へツーリングなのだ。。。
いいのか、俺・・・

当然、泣くぅ  と思っていたら、
嬉しい誤算♪  意外といーじゃん!! 
どうやら良いフォークを乗っていた間に何かを学んだ様だ。

確かに互いの性能は比にならない程の違いであるが、以前より自分が弱い点をカバーする様になった。

いいフォークは人を育てるんだねぇー

0

2006/10/22

東京ツー、その後・・・  ☆ ツーリング編

土日の旅をした後の2日間はとても元気だった

しかし、水曜日あたりから浮かれ気分もそろそろ現実の物と戻って行く。。
疲れが出たのか足が痛む・・・
その後、日を追う毎に全身の古傷が痛む〜
まともに立ってられない事も・・・   う〜、反省。。

バイクの老朽化の心配より先に自分を労わらなきゃな
(今回の様にそれなりの距離を走り続けたのは20年ぶりだったので以前の体力とは全く違う事を痛感したよ。)

今になって気付いた事は最低でも給油の度に休憩をしなきゃと言う事。
それで思ったのは
・体をほぐして疲れを癒す事。
・その土地の空気を感じる事。
・ちょっとした美味しいものを食べる事。
・デジカメで1シーンを一枚は残す。
この程度の余裕と贅沢はして行きたいと思う。

周りばかりじゃなく自分自信も見て無いとなぁ。

いつしかまた良い旅をしたいものだ
0

2006/10/18

ソロツーリング  ☆ ツーリング編

先週の土日は仕事をサボって東京の友人であるBOSSさんの所へ遊びに行った。
開業以来はじめての長距離一人旅だ

東京までの長い道のりを 友人の事を思いながら ・ そして時に無心に ・ 時に風や場の雰囲気を感じながら楽くノンビリと走る。

富士川辺りまで車が多かったがのんびり走るには丁度いい感じだったよ。
でも、富士山が見れなかったのが残念・・・ (> <)

後の人を気遣いながら走るいつもと異なり、全く気兼ね無いソロの情況はとても新鮮な感覚だ
(こんなお気楽を知ってしまっていいのだろうか!?・・・)

給油以外の時間は休まず走ったので写真が全く撮れて無いのが失敗だったなぁ。

そんなこんなで走り続けBOSSさんが待ってくれている 用賀料金所パーキングエリアに到着〜♪

給油のタイミングと燃費
@浜名湖(19.8km/L)
A富士川(18.7km/L)
B海老名(18.0km/L)
@とBが随分違うなぁ。。。


景観の良い埠頭で昼食をとり、都内観光をした後にサウナで一休みさせて頂いた。

さぁ、これからはBOSSさんの聖地巡り!
一軒目はスペイン料理店だったか、そんな感じの所で まめっちさんと合流して食事〜
まめっちさんは冗舌で話が楽しかったぁー。

二軒目はBOSSさんの友人のBAR “DINING BAR 星の都”へ行き、裏メニュー!?のミルクセーキを頂いた(^^;
その後次々とBOSSワールドを回って紹介してくれた。
どの店も自分が来る事を知っていて、快くお相手して頂け感謝の気持ちでイッパイでした♪  全ていい店ばかりです(^^) サスガBOSSさん!


 
翌日はBOSSさんに奥多摩へ連れて行ってもらった。

関東で超有名Vmax乗りの 雅さん(黄MAX)と現地で合流、その後マイミクのみっつさん、えみゅさんとも合流♪

何度か雅さんに先導してもらい初の奥多摩を楽しんだ。
(道が分からなくったって先導が自分に合わせて手本を見せてくれるので安心していられるし楽しぃー♪)

その後駐車場でもゆっくり話す時間があり楽しめたなぁ。
皆さん初めて会った感じのしない方々でした。 どーもありがとーう♪ 

自分は帰路につく為にここで BOSSさん、えみゅさん、みっつさんとお別れして、雅さんに中央道の乗り口まで案内して頂く事に♪

まだまだ山道が続く・・・ リズムが掴めて来たからか一緒に走ってて更に楽しくなってきた♪♪
(何かとポイントと感性が似ている気がする(俺はネ・・・)。 こんなに似ている人と会った事が無い)

給油後、チョイと何か食おうとコンビニへ立ち寄って貰った。
(ダラ〜っと出来るコンビニが好きなんです。 雅さんお付き合い有難う。)
またまたVmaxバカの話が始まる・・・   やっぱ楽しい♪
雅さんはかなりのMAXフェチだ!!  なんて楽しいんだろう♪
探して見つかるタイプの人じゃないよな。
走りや言葉で色々と語った気がする。

奥多摩での燃費
(東村山〜奥多摩〜あきるの市のGSまでの距離134.9km)
13.2km/L


この後は単調な道だったがリズミカルに楽しく走らせて頂いたおかげでアッと言う間に高速の乗り口に到着して別れた。
(そうそう、途中、SUPER Vmaxの川田さんの馴染みのショップ・清水を(閉まっていたのが残念)教えていただいた。)

今回は色々な方々に歓迎していただきとても楽しい旅となりました。
名残り惜しいと言うより爽やかな別れで、また来るよ! と言った感じっす。
自分の中にあったストレスや悩みが全てブッ飛んだとても有意義な旅でした。

後は中央道の夜道をひた走る
東名より少し暗い夜道がこの時は集中出来てとても心地良かった。

給油のタイミングと燃費
@双葉(16.2km/L)
A駒ケ岳(------/L)
B内津峠(19.2km/L)
またまた@とBが随分違うなぁ。。。



この2日間で峠遊びを含む約1,000km程走ったが、普段 山へツーリングに行くよりも全く疲れてなかったのが不思議だ♪


0

2006/10/11

オーリンズフォーク  ☆ バイク系 パーツ編

とうとうオーリンズのフォークが帰って行く時が来た。
既に1セットは輸入販売元であるラボ・カロッツェリアに帰っているが、今回のは当店のデモ車に装着していた方だ。
情が湧いてちょっと辛い・・・

しつこい様だが、本当に良いフォークだ。

とにかくシッカリしている。
シッカリ=硬いと言う表現にはならない。
ムダな動きが無くなり、路面の継ぎ目やコーナーの安定感が格段に向上する。
そしてハンドリングがシャープでむちゃくちゃ軽い!!
フットワークや接地感が激変して違うバイクの様だよ。

特筆すべきは安心してブレーキが握って行ける事だ。
ウチのVmaxは制動力の高い6POTキャリパー装着車輌だが、STDのフォークではいささか役不足となり思い切って握りきれないが、OHLINSフォークならソレをシッカリと受け止めてくれる。
タイヤのグリップ力まで高まった感じだった。
オマケにブレーキその物もシステムアップした様な感じとなったのはとても嬉しい。


基本的にノーマル車(18in)用に作られているが、17inホイール換装車でもバッチリ安心して走れる様にと15mm長く作られている。
(人によってはダンパーを一つ緩めても良い位かも)

お預かりしている間、皆さんには、 オーリンズフォークノーマルフォークにオーリンズスプリングが入った物他社のフォークスプリングが入った物完全にノーマルのフォーク とを触れて比べて頂き、それぞれの違いを感じてもらったり出来ました。

個人的にはこのフォークの良さを知ると同時にノーマルフォークの可能性をも気付かせてもらえて本当に良い経験が出来た。
この機会を与えて頂きラボ・カロッツェリア社の担当の方には本当に感謝している。


当店のHPや当ブログ、mixi等をご覧頂いている方も多く、既にこのフォークのオーダーを考えている方も見えると思いますので一つ注意点を・・・

フロントディスクのボルトやブレーキディスク本体と、フォークボトム部との間のクリアランスが狭いので社外品を組み合わせる場合はクリアランスに対して注意が必要です。

カスタム車輌に装着する際はノウハウのあるショップに依頼する事をお奨め致します。
(先にも書きましたが、このフォークは完全ノーマル車を基準に設計されているのを忘れてはなりません。)

当店にて取扱いがございます。
御用命のほど承りますm(_ _)m




ps.自分はノーマルの調整幅を広げる仕事が出来てしまったので直ぐには装着する事が出来ないが、いつか装着するぞー!!


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ