ママが裁判に挑んだ理由

千葉県八千代市の保育園民営化の提訴に関するブログです。ご一緒に、この民営化を考えていけたらと思います。高裁への控訴はしていません。

 
これから、何が自分の身におきるのか、こどもに影響があるのか、そして、よくわからないうちに、粛々と事が進むということが平気になるという、その感覚に、NO!を言うこと!それが私の場合の、「ママが裁判に挑んだ理由」です。  おかしなことを、普通におかしいと言える感覚を取り戻していきたいと思います。

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

19年度高津西保育園、20年大和田西保育園、21年度、村上南保育園が民営化されました。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
ごめんなさい、下から2行目は、「県下」→「却下」です。
何しろまずい酒を飲んでいるんで〜〜〜〜〜〜
こんばんは。
久しぶりに寄りました。

施設認可は、余程のポカをしない限りは、ぎりぎりだけれども下りたりするそうです。

明日降りるのかな?

ここ2、3日保育園民営化問題が気になり、まずい酒を飲んでいます。
市議会も、結局私たちのことを置き去りにして、採決することでドンドン進んでいます。

社会の教科書の3権分立、ということを教えていますが。その通りならば、行政 がダメ、市議会も自分と党を守ることに専念して、これまたダメ!!
残るは司法!!というように思えますね。

裁判所長の経歴が、HP上に公開されています。それを見てくれれば分かるのですが、2〜3年ごとに配転がなされています。
これもひとえに、裁判が公平であるように、なるべく各地に癒着が生じないように、なんです。

今日は残念な県下になりましたが、地元とも癒着が制度上ないように、という保障がなされている裁判所が、私たちにもきっと公正で迅速な裁判をしてくれると信じていますよ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ